2009年9月7日月曜日

9/6 大物は何処?多摩川寸庭橋

釣果・・・ヤマメ8寸1匹のみ

ども、Tetsuですよ、皆さん大物釣れてますか?
もぉ、9月ですよ Σ(゚Д゚;エーッ!
あと一ヶ月で今シーズンもおしまいですよ !!
大物・・・なかなかお目にかかれませんねぇ。
今月の月刊釣り人、見ました?
『機は熟せり。大ものの予』ときたもんだ。
しかし、多摩川では厳しっすねぇ・・・
大物、居るのだろうけど、めったにお目にかかれません。
いったい何処に居るのやら・・・

色々と調べれば、この時期のヤマメは、支流の流れ込み周辺に潜んでいる?
そして、産卵に向けての荒食いが始まるという。
日差しが川に照りこむ前の、ほんの1~2時間が勝負だという。
以上の条件で無い頭をフル回転して解析の結果、行って見ました寸庭橋です。



日の出に川に立てるように到着。
鮎師が一人、早いねぇ・・・













水が少ない!













白丸ダム観光放水は、9月より11時から。
8月より3時間も遅くなった。
以前ここ寸庭橋で話した釣り人言った言葉を思い出した。
放水前のほんの数時間しか上って帰れない場所があるらしい。
下流の入川流れ込みの淵まで一気に下るも、アタリは橋直下で1回きり。
しかもヤマメのそれではない。
寸庭橋合流でヤマメっぽいアタり?も不発で沈黙。
水が少ないので、釣り人に聞いた大場所目がけて更に上る。
駄目だ・・・アタリが無い、雑魚のアタリすら無い。
確かに大場所の連続、大ものの予感なんだけど・・・
腕が悪いのか、餌が悪いのか、何しろ生体反応がないんだ、これが。

今日はBOZEだな・・・

諦めムード満載な重い足取り。
唯一ヤマメのようなアタリがあった寸庭川出会いまで戻ってきた。


ここで出なかったら駄目だよ・・・












絶対居そうなんだよね、雰囲気ありすぎ。
この場所、白丸放水中は手前の砂利まで水没し、更なる一大大場所になる。
しかし今は水が少ない流れの本筋のみ。

唯一のヤマメのアタリがあったこの場所、ここで出なけりゃ素直に帰りますよ。
重めの錘で餌先行、大ぶりのブドウに付け替えて流してみた。
奥の緩やかな淵で仕掛けをなじませて・・・
白波の下に上手く流れるように・・・


どうよ??




キ・キ・キ




キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!




結構デカイかも!












竿を弓なりにしたこの魚、8寸強!25cmありましたよ!!
幅広、ヒレピン(この時期は皆ヒレピンかぁ)ピッカピカ。
婚姻色も鮮やかな奥多摩夏ヤマメでありました。

今日はこれで満足、ってかこれ以外一切魚との接点無し。
8時、朝一からの3時間釣行でした。

友バックからタモに入れて、またまた写真を撮る。
もっとデカくなって楽しませてくださいよ・・・
そんな思いを込めてリリースしましたとさ。

おしまい

1 件のコメント:

  1. おぉ~ そんな状態でもちゃんと結果を出してるなんて
    常日頃の前向きな態度のおかげだねぇ~
    そう言う所は見習わなくっちゃって思いマシタm(_ _)m

    返信削除