2009年5月24日日曜日

釣りバカ野郎 in 多摩川☆喜久松

釣果・・・ヤマメ25cm・28cm ニジマス


またまた行ってきました、釣りバカ野郎!
連続釣行、多摩川喜久松園。
来週末は会社の行事で行けそうにないんで、釣り溜めって感じです。
しかし、自分で言うのもなんだけど、ホントにバカです、懲りません。

朝は、いきなり寝坊!4時過ぎになってしまった、目覚まし効かなかった!!
( ゚Д゚)ネムヒー やっぱり昨日の疲れが残ってたのね。
慌しく家を出て(こんな時は忘れ物が何かしらある?)5時過ぎに現場着。
小雨は降ってるが、良さげなコンディションです。


ご存知、大場所『喜久松園』既に二人の釣り人。
うち一人はベストに『銀渓』の刺繍、『山女魚道』や『渓志会』と並ぶ多摩川のエキスパート軍団の一人のようです。これは既に数匹は抜かれたか?とは思ったが、ゼロロッドで緩い淵を攻めている。俺とは釣り方が違うようです。

取り敢えずは、前回9寸を掛けたmy pointが空いているので前日捕ったピンチョロでスタート。


俺が狙うのは、上の写真のようなガンガンの瀬が淵尻にさしかかる、水深がある流心の底。
水中糸03にハリスが02、オモリはBを4つ数珠打ち。
本流仕掛けとしてはゼロよりは、かなり太目です。
有名チームの最先端ゼロを尻目に、はたして釣れるのか・・・・?

流心の底にオモリがぶつかるように流すと・・・
ビビっと手感と同時に目印が引き込んだ!!



まずは1匹め!25cmな幅広ヒレピンです(*^ー゚)b
銀毛かかってます、押しの強い流心に引き込まれて抜けないんで取り込みに時間がかかった!
しかしラッキーだった、まだ魚は残ってたるみたい。
取り合えずBOZE覚悟だったんでホッと一息。
数人いた釣り人の誰もがビクや引船を流していない・・・
ちょっと鼻高々です。
まぁね、腕もさるところながら、やはり餌なんだと思う。
ピンチョロ捕って来た甲斐があったってもんだ。


さて気を取り直して、流します。
「一匹捕れたら、もう一匹、捕れる時には貪欲に」とは、某有名チームの人の弁。
先ほどと同じように流すと、数回目に今度はさっきより、かなり小さいアタリがきた!
ほんの僅かにコツって感じの弱いアタリ?反射的に合わせる。
本当にアタリなのか分からない・・・けど半信半疑で合わせると・・・


乗った! キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!


でかいよ!
昨日の泣き尺より引きが強いのは、押しが強い流れを下ろうとしているからなのか!?
広い川幅の向こうに走る!流心を下る!!翡翠が弓なり!!!
気分は細山長司だぁ~
みんな見てる・・・絶対バラせない、慎重に時間を掛けて空気を吸わせてばてさせる・・・

捕れました!またまた尺には届かずの尾びれが切れてるけど、幅広なヤマメ、オスかな?鼻が曲がりかかってる。早速メジャーで計測、28cm也。

これだけこの竿を曲げたのは、去年の川井堰で切られた正体不明なヤツ以来であります。

いやぁ~バレ無くて良かった、赤っ恥だもんね。


『銀渓』の人は、そそくさとどこかに行ってしまった。
少し話しをしたかったなぁ・・・
話を聞きたかったんだけど、しっかり無視されて行ってしまわれた。
代わりにではないが、今度はもう一名の釣り人が向こうから話しかけてきた。
「この竿はどこの?」なんて聞いてきてくる。
さっきの28cmとのやり取りを見ていて、竿の調子が気に入ったとか。

俺「ダイワの翡翠、売値で3万位の安物ですよ」

オジサン「いやぁ~胴に入る軟らかい良い竿だね」

って、この竿、翡翠本流LPは同じ翡翠本流LSに対し大物試用、硬調硬なんだけど・・・
このオジサン、やはりダイワフリークで10m、10万以上するダイワの名竿を持っていらっしゃる。
なんでも、カリスマ大物本流師「細山長司」率いる山女魚道にも所属していたらしい。
ただ一人が好きで、いろいろと制約がチームに疲れて脱退されたとのこと。
チームも色々と大変なんだネェ・・・
昨日とは逆に今日は俺のほうが色々とこのオジサンに教えていただきました。
感謝!
見ず知らずではあるが、同じ志を持つ者同士。
情報交換など非常に有意義な時間でありますね。

さて小雨が大降りに変わって、また小雨、気づけば廻りはルアーマンしかいない・・・
アタリも遠のいてきた矢先、目印がフッっと止まった!
合わせると、また乗ったぁ!!
しかしこの魚・・・なんていうか・・・ヤマメと違う?
ジャンプするし・・・


先ほどのヤマメと同じくらいの大きさなニジマスでありました。
まぁ良いよ、ニジマスでもさ。
ちょうどピンチョロも使いきり、10時に納竿。

今日も楽しめました、ありがとう多摩川です。
今週は宿直が2回もある、来週日曜は会社行事で更に月末、代休も取れそうにありません。
と言う訳で、2日間連続釣行、大満喫、堪能いたしました。



2009年5月23日土曜日

もう少し!(・∀・)泣き尺29cm★多摩川 川井

釣果・・・ヤマメ29cm・26cm 他チビメ数匹

今週は連休だったんだけど、上野村へは行く気がしなかったんだよね。
例の稚鮎でさ。
そんで多摩川。
前回のブログにも書いたけど、最近多摩川が気に入ってます、もぉハマッてますね。
本当にこの川、渋いんだよね。
それでも、たまに逢える魚は大きかったり、ヒレピンだったりと楽しませてくれます。
そして今日も・・・

4時に川井着、釣り人が来るわ来るわ。
多摩川は日曜しか行ってなかったんだけど、日曜の方が人が少ないよ!
みんな堰堤に一直線、俺は堰堤には目もくれず水香園まで一気に上がる、誰も来ない!
ここから万世橋まで大場所は独り占めだぁ!前日に捕ったピンチョロで行きます。
アタリはある!けどスレてるね、さすがにさ。
針に乗らないんで粘りながら上ってると、下流に釣り人が居る・・・凄い勢いで上ってくる?
テンガロンハットなルアーマンだ。
このルアーマン、俺の後ろを挨拶も無く、無言でさっさと上っていきやがった!
ったく・・・いくら本流で釣り上りや下りが無いからって、一言あっても良いんでネェの?
まぁいいけどさ、ルアーならまだね、ゆっくり上ってやるよ。


さて、この場所は前回9寸を出したmy point
非常に気に入ってます、が、ルアーでガリガリやられた後なんだろうなぁ・・・
まぁいいわ、ここは相性が良いから何かかかるでしょう・・・
瀬から流心に落とし込むように・・・

キタ━━(゚∀゚)━━ヨ
あれ?ちょっとデカイ?いや本当にでかいよ!!
一気に流心から淵へ下ったと思ったら、今度は向かいの抉れに走る!ローリングしてる!!
何度も寄せては走りを繰り返す!すげぇ!!

遂に多摩尺か!?
遂に俺にも憧れの多摩尺なのか・・・!??




残念!29cm!!もぉ少しだったのに!!!!!
嬉しさと悔しさが混じる複雑な心境であります。
まぁ、本日の初物が泣き尺だなんて凄いことなんだけど・・・
これでBOZEは無くなったし、正直ホッとしてます。
しかし、テンガロハット君は、ここやらなかったのかなぁ・・・
この場所では、この後15cmくらいのヒレピンを一匹だして無反応になってしまった。




結局このまま、万世橋まで来てしまった。
しっかし当たらない、ピンチョロ使ってるのに・・・と、ボヤいていたら
さっきのテンガロ君が戻ってきた、なんか釣堀の魚篭みたいの持って歩いている。
『フィ~~~~~シュッ!!!』なんて言ちゃったのかな?誰も居ないからって(笑
↑一匹大きいのが捕れてるんで、少し余裕してますね。

さて、アタリがまったく無くなったんで、オモリやら深さやら手を変え品を変え、やってみると・・・
根掛りで、ハリスが切れて結び代え、しょうもないやと針を結んでいると、何やら後ろに気配が・・・
振り向いてビックリ
Σ(゚Д゚;エーッ!

犬ですよ▼・ェ・▼それも2匹!
首輪はしているけど飼い主は居ないし。
何やらその辺にマーキングしまくってるし。
特に黒いほうはヨダレ垂れてて不気味だったぁ!
鳥肌立ちまくりのビビリまくりだけど、何とか追い払った。しかしこれがサルやイノシシだったら・・・
前日の川虫採りは清翁とやったんだけど、イノシシとバッティングの話を清翁がするもんだから・・・
つい、ビビリまくりました。
ノ(´д`*)



さて、結局29cmを捕ったmy pointへ戻ってきました。
懲りずに、またまた流すと、来ましたぜ!
さっきのよりは小さいけど26cmある幅広ヒレピン!
こいつも幅広だけあって良い引きしてました。何とか2匹目ゲットです。

結局この後は大丹波川出会いから堰堤下までピンチョロが切れるまでやって、アブラハヤ・ハヤ・チビメを多数、ちょうど13時で納竿としました。

いやぁ~多摩川、(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ



堰堤下でルアーマンと話したんだよね。
なんでもこのお兄さん、九州から転勤で河辺に一人住まいしてるんだとか・・・
足が無いんで電車で来ているんだって。
相手がこの川に疎いのを良い事に、常連のふりして能書き垂れてしまいました。
ごめんなさい、あれは全部受け売りです( ゚Д゚)

まぁそんな俺でもこれだけは言える!
多摩川は朝一、長靴履いて攻めましょうネ

2009年5月18日月曜日

17日 増水 神流川 ☆ 18日 五月晴れ 多摩川

17日釣果・・・ヤマメ5匹、他稚鮎多数 (´・ω・`)

18日釣果・・・チビメ多数、でかいハヤ (´・ェ・`)


17日は神流川
この前の爆釣に味を占めて、今度は清翁と更にスペシャルゲストで佐々木爺の3人でGO!
この爺は、やはり同じ会社の同僚で、東北仕込な釣りをするらしい、お手並み拝見です

4時現地着、天気予報どおりの小雨、まだ暗くて辺りは見渡せないが何かいつもと違う
薄明るくなってきてビックリ!かなり増水してました
水の音だったんだねΣ(・ェ・;)
ライブカメラで水量が多いとは思ったけど、まさかここまでとは!まぁやってみますか


堰堤の下は爆轟で風が吹きまくってます
メガネはすぐ前が見えなくなるし・・・










当たるけど、稚鮎ばかり
本命のアタリはさっぱりこない
こんなはずでは・・・
ポイント・オモリ・餌と色々変えてもさっぱり
清翁はともかく佐々木爺には釣ってもらいたいんだけど・・・
ちょっと糸が太いだろう!08かよ
針も大きすぎ!川虫用02針をつかいなさいな
って、余計に稚鮎ばかり入れ食いに・・・
それでも熱心竿を振るっておりました


この爺、たしかに素人ではない
けど、東北のイワナやヤマメに慣れ親しんだ釣り方だ
ここ神流スレヤマメや奥多摩スレスレヤマメには、ちと厳しかった、懲りずにまた行きましょう


小雨がぱらつく中、ようやく暖かくなって釣れました
瀬で4匹、しかし渋いなぁ・・・
清翁で2匹だから、やっぱり渋い
いったいヤマメはどこに行ってしまったのか?








このあとは少し下流でやってみたけど結局チビメ1匹のみ、清翁・佐々木爺ともに稚鮎のみ
本日はこれまで、みなさんまた行きましょう


しかし、ちょっと物足りない!ってわけで18日(月)は代休とってあったんだよん
ってなわけで、奥多摩は奥多摩橋へ!朝起きられず(かなり眠かった)現地着は10時
途中で寄った例の川で採った川虫を使う、結構な大場所でアタリはあるが・・・

結果はハヤにチビメ多数、写真撮る様な被写体無し!
平日なのにカヌーが来て THE END

今週は連休だ・・・虫とって川井にでも行こう

神流川・・・行けば何とかなる、けど大物とか心に残る魚に、なかなか逢えません
多摩川・・・釣れない!渋い!!けど、たまに良いのが答えてくれる

一長一短であります

2009年5月9日土曜日

恐るべし川虫(゚Д゚;∬アワワ・・・ 多摩川編

釣果・・・ヤマメ27cm・28cm イワナ21cm (*^ー゚)b

ワタクシ、今このブログを綴りながらビールを飲んでおります
いやぁ~今日は良かった(・∀・)
多摩尺とは行かないまでも、この釣果(・∀・)チゴイネ!
(*´∀`)アハハン♪ 正直酔っ払っております。

4日間降り続いた雨が土曜日には晴れるという予報
時間が取れれば、ひたすら川に行きたいオイラは
また川虫を使って、今度は川井に行ってリベンジだぁ~
って・・・会社帰りに虫取りに行って仰天!!!! 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
大増水!見るも無残(´・ェ・`) 川虫流れちゃったよ・・・全然居ないし
清翁ウソ付きやがったな、まぁ雨上がりなんで、ミミズでも勝負になるかなと安易な発想でありました。

現場着4時半、川井の堰堤には右岸に二人?じゃぁ左岸に入ってみよう!
ってな感じで、仕掛けをセットしていたら、カップル登場!?
Σ(゚д゚)オイオイ彼女と釣りは良いけど朝早すぎるぜアニキ
って、ネェチャン、俺のすぐ横に立つなよ!(-∀ー#)
君らも釣り人なんだろうから、もう少しマナーってもんを・・・痛てっ!何かぶつかったぞ
ネェチャンが根掛りを引っこ抜いた拍子にガン玉がぶつかって来た
んだよっ!

#-=・=-   -=・=-

彼氏よぉ・・・もぉええわ・・・上流に行ったるわぁ
思えばこの判断が良かったわけで、ガン玉ぶつけたネェチャンには
今更ながらアリガト!(´▽`)でした
(現金なやつだ)

さて水香園まで一気に上って、実釣開始、万世橋下まで釣り上る
幾つかある大場所というかポイントをミミズとブドウ虫で丹念に当たると、そのうちミミズで当たった!
って、底バレかぁ・・・悔しい( >Д<;)
結局アタリは、この一回のみで万世橋下まで来てしまった
時間にして9時前?白丸放水までまだ時間はある
が、この先の渓相は自称本流師な俺向きではない
もどるか・・・…(*´д`)アハァ…最近、川井は冷たいよなぁ・・・
なんて思いながらオシッコしていたら、水溜りがある

そぉ~と、覗いて見てごらん ♪ ・・・・・・・ オォ!!
ピ ン チ ョ ロ 発見 (*゚Д゚)
よっしゃ!捕ったる!でかいよ、オイラが捕る川のサイズの2倍はある
掬えば取れるというわけではないけど、どうにか20匹ほど確保できた
ヨッシャ、この蟲さえあればボウズは無いぜ!無いはず・・・多分無い・ェ・`)ノ
何しろ虎の子のピンチョロ奥多摩バージョン、川井に引き返しつつ大場所しか使わない
と、早速来ました!ってハリス切れてるじゃん( ´゚д゚`)えーーー
でも確かに当たる!でもスレてる、針にのらない
ミミズで当たったポイントでは反応無し・・・そのうち上がりでは竿を入れなかった場所に来た
流心の底を丹念に流す・・・ゴンッ!というアタリにドンピシャで合わせ!
クゥ~また底バレだよ・・・何なんだよ?俺が下手なのか??
場所を休ませる意味合いも兼ねて、針を付け直す。糸切れだけは避けたいし
アンパンをカジッてウーロン茶を飲む、タバコも(=´ω`=)y─┛~~
さぁ気を取り直して虎の子ピンチョロのビックサイズを着けて流してみる
流れ込みが緩やかになる流心の底を流すように・・・



さぁ皆さん長々とお待たせしました、本日の初物です!27センチ!9寸ジャストな体高あるヒレピン!
原点流が胴からしなりました。
ヤマメ特有のローリングに流心下り
喜久松のギン化とは違う、居付きらしい綺麗なパーマークです。
一匹捕って大満足、またまた( ´ー`)y―┛~~
しばらくしてまた流すと・・・





アタリ!でも変だぞこの魚・・・下に突っ込むだけ
あれれ?と思いながら慎重にあげると、なんと・・・

7寸ジャスト、21cmな岩魚君でした。
いやぁ~多摩川でイワナは初めてだ
昔、小川谷なら釣ったことがあるんだけど・・・
とにかく( ;∀;) カンドーシタ






そうこうしてるうちに遂に白丸ダム放水の影響が出始めてきた。
どんどん増水してきて、アタリもぴたっと止んでしまった。
ここで色々と考えてみた・・・毎日この川は決まった時間に増水する
増水前の朝方に当たった魚たちはどこに行ってしまうのか・・・
その場所がわかれば、放水増水関係無し!無敵ではないか?



そんな事を考えて、狙って、流して、掛けた痛快な一匹!なんと28cm!!!
やはり居付きタイプなパーマークも鮮やかな更には今度は砲弾型です。(*^ー゚)b
こいつも上がってこなかった!上へ下への大移動、今更ながら『原点流』買ってヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
この竿、軽いわりに抜けるし胴に入る
この魚は幾度と無く空気を吸わせてやっと捕りました
(・∀・)チゴイネ!



増水と同時に変なアタリ続出?虎の子のピンチョロが全部取られてしまったヽ(;´Д`)ノ
正体はチビメでありました、こいつらブドウでもミミズでも食いついてくる、食いつくだけ、小さすぎて架かりません。
ピンチョロが無くなった時点で納竿
堰堤では・・・
朝方のカップルは既に居なかった・・・

オネェチャン・・・ありがとう!(゚∀゚)!
あなたのおかげで脳内麻薬出まくりの一日でした。



長っげぇ~釣行記だぜまったく・・・風呂入って寝よぉ
明日は休日出勤だった( TДT)

2009年5月6日水曜日

多摩川は今日も雨だった

釣果・・・9寸ヒレピン1匹 満足です\(゚∀゚)/

先日の神流川に気を良くして、連休最後の日は多摩川で締めくくろうと考えていた。
雨が降ってるから流石の多摩川も、釣り人以外は居ないだろうと家を出たのは遅めの6時半
例の川でのピンチョロを捕る、こいつを使って遣ってやるぜ!
居る居る!獲れ杉!!川虫ゲットして、いざ軍畑大橋へ
本日のポイントである喜久松苑には7時半に到着、釣り人らしき車は1台のみ
勿論川遊びの面々は居りません、良い感じです。
川の様子といえば・・・
濁りは少々・・・水量・・・放水前としては幾分の増水で、良い雰囲気であります。
しかしこの川、この雰囲気に騙される事多数(´д`)信じてはいけません。
だが、しか~し!今日の俺にはピンチョロが付いている
大爆釣とは行かないまでも、何とか釣り上げたい!!
そんなわけで02なハリスでスタートしてみた
(これが仇になろうとは・・・)

当たる?当たるぞ!これは!でも針に乗らない・・・
思い切ってピンチョロ4本差し!

キタ━━(゚∀゚)━━ヨ

ヘッ?なんだぁ・・・合わせ切れ?針が付いてない

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

02が切られちゃったよ。゜(゚´Д`゚)゜。細かったんだよ、でかかったんだよ(´;ω;`)ウッ…

こうなっちまったら、しょうがない
ハリスを03に上げて再度トライ・・・
しかしこの場所はもう当たりは出なかった(´・ω・`)
それから上へ下へと移動しつつ、結局はアタリ無しで、さっきの場所にまた戻ってきた。
さっきから1時間は過ぎてる、ピンチョロ使って当たりがあったのはこの場所だけ
何としても捕りたい!捕れる!!と信念をもって流す・・・

ヽ(`Д´)/それだ!

キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

ゴツンとした当たりを、今度はしっかり合わせてフッキング、針はしっかりかかってる
が、抜けない?デカイじゃんか!!
翡翠が弓なりになっている、圧しの強い流心を一気に下るのを、なんとかイナす
いったい何なんだ?ヤマメなのか!


ジャジャ~ン

捕れました!
9寸なヒレピン君・・・(TдT)
いやぁ~嬉しい
ドーパミン出まくってます。
尺は無かったけど幅広で綺麗なヤマメであります。






流石 喜久松!
確かにデカイのが居る、噂通りのポイントだ
一応、念のため魚の口を開けてみたけど、針は無かった・・・
さっきハリスを切って行ったヤツは、どの位の大きさだったのだろうか・・・








と、雨の中撮影大会を実施していたわけでありますが、何やら不穏な気配が・・・

今日は雨なんだが、釣り人以外にも雨が関係ない連中が居たのだ!

ラフティングボート?
なんだあらぁ?
何人乗ってんだよ!




今度はカヌーだ!
そこでワザと、ひっくり返るんじゃねぇ!









そんなわけで、本日はこれまで
良い魚に出会えて良い連休でありました。
今度は尺取りたいなぁ・・・

2009年5月4日月曜日

恐るべし川虫!大爆釣神流川!!

釣果・・・ヤマメつ抜け その他稚鮎入れ食い

実は、前回にブログアップした後に多摩川軍畑大橋に2回出撃したんだけど、ニジマスばかりだった訳で・・・実はこの場所、通称”喜久松苑”って大場所で過去に大物が多数上がっているらしかった。
しかし、腕が悪いのか、餌?仕掛け??流し???釣れないほど焦って、少々壁にぶち当たっておりました。
そんな訳で、初心に帰るべくゴールデンウィーク初日(うちの会社は初日なんです)に神流川に出撃したわけであります。スッゲェ込むんだろうなぁ・・・

前日に仕事帰りの途中にある川でピンチョロを沢山採って、いざ出撃!いつもの堰堤に4時半着、すっかり夜明けが早くなったね
って、誰も居ない、誰も来ない!!この川でこの時期にこんな事があるんだなぁ・・・他の釣り人が来たのはなんと昼過ぎくらい、堰堤下から下のプールまで全てのを独占してしまった、これで出なきゃねぇ(;´Д`)







最初の1匹こそブドウで採ったものの、後は全て前日採ってきたピンチョロで当たりがスゲェ!
思い悩んでいたニューロッド原点流での当たりの取り方も何てことない!目印はしっかり動くし手感も有る。ヒレ丸君からピンシャンヤマメ、そして何と!稚鮎が入れ食いなんだよね。
堰堤下やプールなどの淀みは稚鮎が群れていました。こいつらこの頃は川虫を貪欲に食うんだよね
川虫が勿体無いわ、針から外してリリースしなきゃ逝けないわで、終いには億劫になるよ




本日一は八寸強なヒレピン幅広君でした(*^ー゚)b
見よ!この綺麗な魚体を!!
このヒレピン君、原点流でも抜けない位の良いファイトでありました。
綺麗なヤマメは去年以来久しぶりで感無量、何たって解禁日に取れたネイティブは真っ黒だったしね(挙句に射精されるしヽ(;´Д`)ノ )







(ΦДΦ)祝!今期初の「つ抜け」達成!!
ありがとう自分(*´∀`)つ・
おめでとう自分(;´Д⊂)
そこそこの物が13匹、稚鮎チビメも多数でピンチョロは全て使い切ってしまった。
たまにはこんな時もあるさ(゚∀゚)
食べごろな2匹だけキープで残りはリリース
ヒレピン8寸は更にデカクなってまた逢いに来てくれよbaby!







今回は、下の娘と「釣ったヤマメを塩焼きにして食おう!」ツアーも兼ねていて、昼飯の後は川原にかまどを組んで 早々に塩焼きに・・・(*´Д`)y-~~~ウマー!
しかし毎回思うんだけど、魚を串に刺すのが下手なのか、魚体がクルクル廻ってしまうんだよね(;´Д`)
誰か串指しのやりかた教えてくらはいノ(´д`*)