2009年8月31日月曜日

8/29 桂川大月ドーピング釣行

釣果・・・ヤマメ7寸1匹、他チビ&雑魚

(=゚ω゚)ノぃょぅ、Tetsuですが、皆さん釣りしてますか?
いよいよ残り1ヶ月、群馬に至っては残り20日間ですよ!
大物出てますか??
俺の方は、さっぱりヽ(τωヽ)ノ 駄目ですが・・・

先週末はPCをイジッてまして、今日がブログの更新です。
メインマシンのメモリーをDDR3に換えたりVGAを換えたりと・・・
Windows7に向けて拡張中であります。
所有するPCはノート以外全て自作なもんで(現在4台稼働中)
禁漁になったらコンテンツは自作ジャンク関連に変更ですな。

さて29日土曜日は夏最後の連休(うちの会社は未だに隔週二日)
桂川へ行ってまいりました、鮎師の入る前をサクッと釣ろうという計画。
今回は、久しぶりに大物鯉釣師の登場。
この男、誘わなきゃ全然行かないし、本当は渓魚が嫌いなのかも・・・

3時半発、休憩しても4時半到着、圏央道恐るべし(゚Д゚;∬
大月橋下に入ります、俺らより先に一台、後からも渓流師が来る。
実はこの川、余り分からないのが実情。
どこに大物が刺すのかと散々思案の末の場所確定。
大体こんなもんだろ?
と、無い頭をかなり適当に働かせたわけだが・・・
他に釣り人が来るなら満更外れではないんだろう。

笹子川合流点下のプールへの流れ込みの筋を流す・・・
アタリがありますよ!結構頻繁にアタルる!!
チビばかりですが・・・しかし雑魚はかからないぞ。

ブドウがどんどん無くなるも、同じ筋を何度も流す・・・



キタ━━(゚∀゚)━━ヨ


7寸と小ぶりながらヒレピン!
桂ではチビだろうが
嬉しい1匹だったよん。









しかし、まともなサイズはこの一匹だけ。
その内日が差してくると、チビのアタリもピタッと止んだ。
打って変わってアブラ君の猛攻、こりゃたまらん。
少し上流の日が差し込まない場所に移動です。

電車が(♯()ω()♯) ウッサイ!!
ただし涼しいので許す












大物鯉釣師も上がってきます、そういやさっき1匹釣ってたよな?
あれ・・・ビクが畳んであるし・・・?
この男、BOZEを極端に嫌がる、そりゃ誰だって嫌ですがね。
ただ、この男は普通じゃない!「もぉ釣り止めた!」とか平気で言っちゃう
上野村からの帰り、何度言ったかわからないのよ。
そのくせ、直ぐ行くんだけどね。
そんで、この男、BOZEは渓魚じゃ無くてもOK!
ハヤだろうがアブラだろうが釣れれば何でもOKなとこが・・・
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
そんで見せに来る、わざわざ。
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.

そんな鯉釣師、釣れたのはソコソコ型だったはずだが・・・
20cmなハヤだったそうです
(´・ω・`)ガッカリ・・・
そんなもん見せに来るな!と言われそうだから逃がしたそうで・・・
って当たり前だ!渓魚を見せないさい、渓魚を!!


さて、日もすっかり昇ってしまって、もぉ渓魚タイムは(・ー・)オワッタナ・・・
同時間帯に入った皆さんは既に居ませんよ・・・
しかし、わざわざ埼玉からやって来たナンチャッテ本流大物師と大物鯉釣師は
まだ釣りがしたい!てんで都留漁協と桂川漁協の境目の橋下流に移動。
この場所、リサーチはしていたが入渓は初めてです。
たしかに良い淵やら雰囲気抜群でありますが・・・
何かおかしい?これは・・・水が(・ё・)クサー
そういや上にあったのは汚水処理場かぁ?
って事は、あのジャンジャン放水している水は、もしかして・・・
何故か気分が悪いなぁ・・・

そんな中、大物鯉釣師が第一投目で掛けました!!

見よ!この御満悦な顔を!
8寸弱なヤマメです。
ヨカッタネ!











結局この場所では、この魚のみ。
後には続きませんでした(´・ω・`)ショボーン

さて20号をダラダラと上り、途中途中のポイントを大物鯉釣師と探索します。
昼食は15時過ぎ、島田湖近くの洋食屋さんですね。
ここのパスタ、結構いけました(・∀・)少々お高いですが・・・

さて、ここで眠気防止にドーピングをてみました。
最近の芸能人が捕まった系ではなくて眠気防止系。
俺が選んだのは・・・目がシャキ!
何とも言えない味ですが・・・効き目は凄かった!
お腹一杯で、鶴川合流地点でボ~っと川を見ていても眠くならない?
いや、眠い?けど目だけ腫れぼったく開いている。
これから檜原、五日市、青梅と野を超え山越えて帰るにはちょうど良いかも。
途中、五日市で大渋滞!祭りにバッティングしてしまった。

祭だワショーイ

こんなオネェさんが歩いていたり













こんな和牛が鳴いてみたり














不思議な、お面があったり












車を止めてビール一直線!ともいかず、ひたすら家路を急ぎましたとさ。


さて、ここでこのブログを見ているかもしれない桂川フリークな皆様に質問です。
今回、この大月周辺をリサーチしてみると、気になるキーワードが幾つかでてきました。
しかし、いくらググッても、このアホな頭脳をいくら屈指しても場所の特定に至りませんでしたよ。

・ナイアガラ
・モーニング
・ヒロ

まぁポイントは教えるものではないのは重々承知しておりますが・・・
決して場は荒らしませんので、どなたか教えていただけませんか??

9/14 スパムメールが多いのでメアド削除
ったく・・・くだらないメール送るな!(#゚Д゚) プンスコ!

2009年8月25日火曜日

8/24~25 上野村マホーバの森一泊釣行

釣果・・・8/24 ヤマメ25cm1匹 他チビメ・雑魚多数
8/25 ヤマメ28cm1匹他チビメ多数

今年最後の夏休みは、日曜の奥多摩に引き続いて上野村に行ってきました。
しかも一泊、『マホーバの森』というコテージに泊まってきました。
釣りは、24日夕マズメ、25日は朝マズメの二日併せて2時間。
自分は釣りができて、ついでに家族サービスも兼ねちゃう。
家族にも自分にも いい(≧∇≦)b
(´-`).。oO(主に自分に良い?)

夏休み最後のベストなチョイスであります。

さて『マホーバの森』ですが・・・


こんな感じです。
コテージには風呂も付いてます。











URLはこちら↓
http://www.uenomura.ne.jp/ueno2584/mahoba/index.html


こんなヤツが出迎えてくれたり・・・













直ぐ隣にはこんな吊り橋があったり

その名も『天空回廊』
高いところが苦手な人には無理ですね。
(´・ω・`)











さて、神流川ですが・・・
ライブカメラでは相変わらずの水の少なさを伝えています。
この間の雨で増水したのは、ほんの数日間だったなぁ・・・
入ったのは、またまた毎度のあの場所です。
相変わらずの弱々しい水の音・・・
前回の苦い記憶が甦る・・・

24日16時、まだ鮎師が頑張ってます。












今年はこれで最後かもしれない神流川。
なんとか良い魚が取れればと願いを込めます。

しかし現実はそう甘くない!トロ場は雑魚ばかり
瀬ではアタリすら無しヽ(;´Д`)ノ

・・・(;´Д`)ウウッ…
いくらシブいとは言え、ちょっと酷過ぎじゃぁないの??

っていうか、何かが根本的に違う?ここで発想の転換を試みてみた。
本流ナチュラルドリフトはヤメ!、山岳渓流のような流し方でやってみようかと。
淵ではないけど、深めの流れの有る大石の周りをデカオモリで探る。
反ナチュラルドリフトだ!( Θ_Θ)何でも挑戦だ!!

すると・・・アタリがある!かけると全てヤマメ、でもチビ?
流れがあるのでアブラ君やら雑魚は居着けないのか??
しかし、もぉ6時過ぎ、目印も見えにくくなってきた。
アタルのはチビメばかり、やっぱりダメなのか・・・



キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!

遂に出た!
ヒレピン25cm!!
なかなか体高もある良い
) ´ー`)良い魚だぁ!!!










優しい顔をしたメス、お腹には卵があるのだろう。
神流川にネイティブが少しでも増えるように・・・
手を離すと、流れの中に戻っていったヤマメだった。


夏、水の少ない時期の魚の付く場所、流し方。
目から鱗が取れましたよ。
流し方さえしっかりしていれば、底波にしっかり入れば良いのだ!


翌朝、今朝4時半起床(バカ)皆寝てます。
5時現場着!
朝一番、鮎師も居ない貸切状態だ。
昨日の釣り方でやってみる。


どうよ・・・



曲・げ・て・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

第一投で来た!
昨日のよりデカいぞ!!













この魚、全長28cm!尺まであと少し!ほしかった!!
しかし・・・ヒレピンながら腹に傷がある。
思うに、これは鮎師たちの友釣りの針で裂かれたのでは・・・
それでも良い引きをした。
しっかり餌を食って産卵に備えているのだろう。
写真を撮って水に入れると数分の後、しっかり流れに頭を向けた。
もぉ大丈夫、この秋しっかり産卵しなさい。
それまでは死ぬなよ。

自分の流し方が悪かった。
名人達には、余りにも簡単な事、でも自分は今回始めて気がついた。
自分で気が付けたのが何より。
神流川、勉強させてもらいました。
残り後1ヶ月、みなさん頑張りましょう!

ところで・・・

今朝も見ましたぜ・・・

鹿

しかも入渓地点では鹿の発する警告音の洗礼・・・
熊鈴買うようだ、マジ。

2009年8月23日日曜日

夏山女 一里一匹 奥多摩川

釣果・・・ヤマメ7寸1匹、他チビメと雑魚

ドウモ( ・∀・)っTetsuですよ、みなさん元気に釣ってますか??

先週の日曜日が当直だったので、今週は長かった(;´ρ`)
少々疲れ気味ですが、行って来ました奥多摩川です。

シブかった先週に予告した通り海沢へ。
日の出に合わせポイントへ到着です。
俺一人だと思っていたら、駐車場に車が一台滑り込んできた。
ルアーマンでした。
やっぱり好きなんですねぇ・・・(´Д`;)オマエモナー

さて、例のポイントまで駐車場からトコトコ歩きます。
トンネルの脇はこんな感じの隧道です。












ご存知、海沢と言ったら此処です。

誰も居ない!
ワッショイするなら今のうち!?
じゃなくって、ポイント独り占めですな!










って、多摩川シブぃ~~~~~~~
大場所で悉くアタリ無し!どうなってるんだ??
俺の何が悪いのさ??教えてよ~
前回は大場所で悉くアタッたし、その内何回は採れたのに・・・
これは上るしかないな。


海沢橋からかなり上ったところで、漸く雑魚のアタリが出だしてきた

この写真の左石で前回、上げてます。
今回はどうなんだい??
前回釣れた時と同じように流してみた。











どうよ・・・





キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

やっと・・・やっと来ましたぁ!
あぁ・・・何日ぶりだよ・・・ヤマメ見たのは

ヒレピン7寸、綺麗な魚でしょ??














婚姻色が薄っすらと出た、雄ヤマメ。
体高もあって、鼻が曲がりかけてます。
リリースするから来年まで釣られるなよ!


奥多摩キャンプ場に近づくに釣れ雑魚のアタリが出始めてきた。
何回かの良いアタリも、ハリス切れやら底バレでアウト。
スレテるとは良く言ったもので、一度外したら、もぉ二度と出てこない。
途中で黒川が結構採れたので、これは良いかも?なんて全然駄目。
最初に釣れた一匹は、得意のブドウさんだった。

(´-`).。oO(黒川採った意味ないじゃん)

例によってキャンプ場まで往復しましたとさ。



入渓点まで帰ってくると、何やら赤い車が3台?消防署か??

なんと『東京消防庁 山岳救助隊』だ!












水難救助の訓練をしているらしい。
ご苦労様です、あんたらの御蔭で安心して釣りとかできるんだよな。
多謝!

ラフティングではありません!
水難( -∀- )救助の訓練です!
ガン( ゚д゚)ガレ












入渓展から奥多摩キャンプ場まで、往復4キロ弱、連れたヤマメは一匹のみ。


夏山女 一里一匹 奥多摩川

Tetsu 心の俳句




24日(月)~25日(火)は最後の夏休み!
マホーバの森に泊まって、神流川攻めてみます。
乞うご期待!

2009年8月15日土曜日

多摩川 ☆ 残暑お見舞い申し上げます

釣果・・・渓魚は一匹も ( ´ゝ`) 無

暑さ厳しき折、皆様如何お過ごしでしょうか?
残暑お見舞いもうしあげます。
元気に釣りしてますか?
釣りだけは元気なTetsuです。



今日は久しぶりの多摩川。













多摩川フリークなサイトでは大物が出てるらしい?
多摩尺?(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
大物、多摩尺といえばここしかない!喜久松、5時前に到着。

誰も居ない・・・

ライズもない・・・

アタリも無い・・・


BOZEキタ━━━━ヽ(・ェ・`)ノ━━━━!!!!


雑魚のアタリも一切無し!?
そんな予感があったんだよね・・・

そんで『プランB』に変更。
今回の筋書きは、喜久松が駄目なら早めに見切りをつけて、川井へGO!
川井は下、流に数人の釣り人が居るものの、上流には誰もいなそう
まだ7時前、先行者が居なければ何とか成るか??


甘かった Σ(´д`ノ)ノ

マイポイント、多摩尺ポイント、ほか一切アタリ無し。
これは餌かと、途中で苦労して見つけた黒川を使うも、まったく同じ。
渓魚どころか雑魚のアタリすらない。
この間の増水で流されてしまったのか?
と思いつつも何だかの稚魚が泳いでいる。
今度は堰堤下流へ、やっとのアタリもアブラハヤΣ(゚Д゚)
この際今日は可能な限り下って、できれば奥多摩FC際まで行ってやる!
しかし、ガンガン瀬の下が大淵になっていて、それ以上下るには苦労しそうで止め。
しかし、途中途中に良いポイントは点在してます、雑魚ながらアタリも有る!
やっぱり堰堤下流の方が魚は濃いようだ。

やっと良いアタリ!銀色に輝く魚体!!7寸くらいか??





ハヤでしたが何か??

今日はもうおしまい、(;´ρ`)チカレタヨ・・・
そりゃ・・・釣りに行かなきゃ釣れるものも釣れないけどね。
行ったけど釣れないなら行かない方が良い?

いえいえ、そんな事は無いはず!

今、多摩川は釣り人より、川遊びな人たちの相手で忙しいようでした。
そうだ!そう言えば世間一般は盆休みだった。
俺の場合、今日は普通の土休で、明日は休日出勤当直。
年中無休な公益事業なんでね・・・
世間の一般的な行事には、すっかり疎くなってるなぁ・・・

まぁ良いさ
こんぐらいではヘコタレませんぜ、多摩川よ
また来ますから
リベンジにさ


(´-`).。oO( 今度は海沢だな

2009年8月10日月曜日

8/9 釜無川 アマゴに逢えた日

釣果・・・アマゴ 7寸2匹 チビ その他アブラ多数

アマゴに逢いたい!その思いだけで行ってみました、釜無川です。
多摩川の釣り人にこの川の噂を聞いたのは6月。
ちょっとシーズン外した感もありますが・・・
まぁ良いでしょう、行かないでグズグズ言うより行ってみるべし。
さて、どうなることやら・・・

この日は師匠清翁と二人。
師匠は須玉川は行った事はあるが釜無は始めてだそうでして
2時発、3時半過ぎには八ヶ岳SAで作戦会議
色々とリサーチした情報(実は大した事無い)を元に何処に入るか

解析中・・・

解析中・・・

完了しました!って、アホか?
単純に魚が濃いらしいのと、上に行けば少しは水温が下がるのでは?
と言う判断で上流に決定!
4時に国界橋のセブンイレブンで日売り券ゲット!
ここは釜無川漁協と峡北漁協の界目、両方の券が売っています。
店員にどちらが良いか聞いたところ、上流が良い!
つまりは釜無川漁協サイドが良いとの事。
こちらの予測と同じ答えに満足し、もう一つ質問

俺 「ここはアマゴですよね?ヤマメじゃなくて」
店員 「ここはヤマメですよ」
俺 「へっ?アマゴじゃないんですか??」
店員 「イワナとヤマメの混成です」

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン

リサーチではアマゴのはずなのに・・・
ヤマメなら、わざわざこんなに遠くまで来なくても釣れるんだよぉ・・・
(´・ω・`)ガッカリ・・・でも良いか・・・イワナが出るならさ。
すっかり釣れる気でいるアホです。

さて、取り合えず川に向けて出発!
ナビを最大の分解能にして、川にアクセスします。
川に向かうダートを入っていくと車が止めてある・・・釣り人か??
あれれ?結構な数だ、なんだぁ?テントだ!
キャンプしてる!!キャンプ場かぁ??
なんと、それは道の駅の裏だった。
川原に車で入れて、道の駅では水は補給できるしトイレもある。
なるほどねぇ・・・
まぁ俺も神流川はヴィラせせらぎ裏の川原でキャンプしたしなぁ・・・
ここは諦めましょう。
リサーチでは最も魚が濃いらしい立場川合流点まで一気に移動となりました。

国道20号、左折で「たけち温泉」
この「たけち温泉」は、もぉ20年も前になるか・・・
単車でツーリングの宿として使った事があったっけ。
あのころは「武智鉱泉」だった、俺も年取ったんだなぁ・・・
みんな元気にしてるのかな
なんて感傷に浸りながら、処理センターの脇から薄暗い川を覗いて見た・・・

へっ?なんか尻に白い毛を逆立てた動物が川に??
あっ!逃げた・・・走って・・・ ・・・ ・・・あの走りかた・・・

鹿ですか!野生の??

初めて見た・・・ちょっとドキドキしたぁ
この辺がニワカ釣り師なんだな。
猿なら何度か遭遇したことはある、しかし山の中での話し。
ここは里川だよね?ん~恐るべし釜無川・・・

さて、ここに来てだいぶ明るくなって来た。
やっと川の様相がわかって来ました、が

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

川に・・・コーヒー牛乳が流れてる・・・
大増水じゃぁないんですか??これは!
これでは釣りにならない。
本流は上っても下ってもダメだと用意に想像できる。
支流は・・・
武智川、濁り無!立場川も大丈夫だ!!
立場川を川沿いに上ってみる。
しかしこの川、ボサが多くて釣りにならない。
ってか本流竿しか持って来てないんだよぉ
ここで師匠が考察した。
釜無川は南アルプス方面から流れてくる、立場川は八ヶ岳だ。
南アルプス方面に大雨が降ったか?
八ヶ岳方面は余り降らなかったのでは・・・

日売り券コレクションが、また増えちゃうけどしょうがない。
ってか、もぉ良いよ、釣りができれば!
峡北漁協の日売り券を買っても、釜無川漁協と合わせて1800円だ。
上野村より安いし!!
そんな訳で急遽八ヶ岳方面から流れる須玉川、若しくは塩川上流に向けて出発となりました。
はぁ・・・
今日は釣りできるのかな・・・

20号を須玉IC方面に向けて走っていて、支流を幾つかまたいだ。
にごりが無い?
ナビが、この先を左折支持した先には釜無川橋!
リサーチでは初夏に良いのが出る??
今日、下流域でやるなら釜無川橋と決めていた。
合流するのは大武川だ、にごりは・・・無い!
それほど増水も無く、既に鮎師が数人やってる!
急遽ここに決定。
コンビニで本日2枚目の券をゲット、やっと釣りができるのか?


本流は相変わらずのコーヒー牛乳だ














大武川は・・・凄く綺麗な水です!
ただし、残念なのは川虫が付きそうな石が皆無。
すべて砂で埋まっています。









堰堤が凡そ200メートル毎にある。
魚道は整備されているが、いわゆる『堰堤直下の淵』ってのはありません。
はたして釣りになるのか・・・

師匠は一直線に出会いへ、俺は上流へ行きます。
アタリは・・・ある?




アブラハヤでしたが、何か?







そんな中、浅い堰堤下で水が脇に落ち込んでいる筋で、いいアタリ!


キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !



おぉ神よ・・・
これがアマゴなのですね?
朱点が眩しく散りばめられた眩しい魚体。
サイズは7寸と小ぶりだが、それはどうでも いい(≧∇≦)b
鰭の張った綺麗な魚、これが釜無アマゴなのかぁ






修理したウェイダーは水漏れがすっかり直っている。
㈱双進さん、ありがとう、感謝してます。

師匠はどうなんだろ?最近渓魚と縁が無いし。
ヘラばっかりやってるからじゃないの?
なんて思いながら釣れた魚を見せに行くと、ちゃっかり釣ってるし!
今日の師匠は本領発揮!俺が一匹かけてる間に3匹は捕ってる。
流石ですね、この後もかけて結局今日の師匠は7匹捕りましたとさ。
(・∀・)チゴイネ!

「合流点落ち込み上の方が、大きな沈み石が多くて良いよ」
師匠のアドバイスを念頭にやってみる。
確かにアタリはある

ほとんどアブラですが・・・

そんなアブラの猛攻の中、少ないけど渓魚のアタリもある!

( ゚д゚)ビンゴー!!



チビアマゴをはさんで本日3匹目!
サイズは、さっきとほぼ同じか?
しかし綺麗だ・・・

( ;∀;) カンドーシタ








Oncorhynchus masou masou ヤマメ

Oncorhynchus masou ishikawae アマゴ


アマゴ、ヤマメの亜種であり日本固有の種。
ただでさえ綺麗なヤマメに、朱点を散りばめた魚。

原点流がしなる程の魚ではなかった。
でも、今日は十分です。

14時、今日は渋滞が恐ろしいので帰ります。
また来るよ、また遊んでください。

リリースして帰途につきました。




高速動かね~~~~~~~
笹子トンネルから渋滞(;´ρ`) グッタリ
何とか我慢で上野原にたどり着く、ここからは下道で行こう。
桂川・鶴川合流地点を師匠に見せて、檜原→五日市経由で帰りましたとさ。

おしまい






2009年8月7日金曜日

直った!

明後日、9日(日曜日)は清翁と釜無川まで行って見るつもりです。
ここに来て、修理に出していた品々が全部戻ってきたんですよ。

まず翡翠、折れた#3は出してから1週間で部品が届きました。
保証書使用で2100円で済みました、保証が無かったら4000円以上だったし。

次に原点流、これは今日届いて、なんと3週間かかりました。
保証書使用で4200円!保証が無かったら5000円以上?

まぁ竿の単価が違うからね、同じ#3でも値段が違う。
少々高かったけど、自分でやってしまった事だし。
明後日に間に合うって事で、良しとしましょうか。

そんでウェイダー、これは修理に出したのが2日だった。
ワイルド・ワンの人も「お盆休みがあるんで3週間は・・・」なんて言うし、確かにそうだよね。
明後日には間に合わないと思ってたところに、格安、でしかも会員割引なウェイダー発見!
思わず飛びついてしまいましたが・・・













今日、届きましたよ



早すぎ!じゃんか!!
まぁ、安物だったけど、せっかく買ったんで、チョッとは使ってみたかったなぁ・・・
きっとサウナスーツなんだろうけどさ。
まぁ、予備にでもしておきますか。
解禁当初から5月くらいまでは使えるだろうしね。
コレも良しとしましょうか。

そんで、直ってきたウェイダーですが・・・
何でも、保証書があるから通常は無償修理となる・・・が!
損傷著しく、どうしても1000円は負担してほしいとの事。
まぁね、針も沢山刺さっちゃったしね。
1000円でどの程度直るか、楽しみにしましょうって事で了承しました。

そんで報告書に書いてある内容・・・
左右膝、穴多数!特に右膝に重大な損傷あり!!

そうだよね・・・右膝、確かに滲みて凄かったし。
左も心なしか浸みる・・・穴、やっぱり開いてたんだ。

裏面から補修ってことなんで、見てみてビックリ!
右膝はゴアテックス3レイヤーが更にもう1層増えちゃった、一枚はっ付けてある
これって5レイヤー?左膝も多数の補修パッチが。

まだ実際に水には入れてないんで何とも言えないけどさ。
㈱双進さん、早い対応 アリガト!(´▽`)
これで修理の具合が良ければリバレイのリピータになりますよ。

さて、明後日が楽しみです。

2009年8月2日日曜日

7/30 どうした?神流川 8/1 桂川 リベンジ達成?

釣果
神流川・・・題目の通り
桂川・・・・・ニジマス7匹


7/30 神流川


私が勤務している会社は、1年365日24時間フル営業でして
当然盆暮れ正月も当直が廻って来るんです
夏休みは7月下旬から8月一杯までに順番で取る
んで今週が第一回目の(何回あんだよ?)夏休みとしたわけです
しっかし、この天気・・・梅雨明けて無いじゃん
海にでもと考えてたんだけどねぇ・・・計画が半分オジャンですね
今年始めに気象庁の出した予報、エルニーニョが確かに影響してる
冷夏ですね、今年は・・・

さて、人より早めの夏休みを取って、行って来ましたよ
奥多摩ヤマメの感動が無くならない内に、数釣りでもしようかと
そんな時には神流川しかないでしょう、4時半到着、いつもの場所です
あれ?ちょっと水の音が弱々しい・・・明るくなってビックリ!
堰堤を落ちる水がカーテンのようだ
水が少ねぇ・・・

堰堤下流はさらに細くて解禁当初を思わせるほど
淵で当たるのはハヤかなんかか?
明らかに渓魚じゃないよ
下のプールでの落ち込みで、やっと掛けた!
良い引きだ!と思ったのも束の間、底バレ
渓魚と思われるアタリは、コレっきり



上野村~どうしちゃったのよ
平日なのに釣行しているオジサン(自分はどうなんだよ!)と立ち話した
なんでも上のダムが水を絞りすぎている?確かに少なすぎるよ
数年前、まだダムが無かった頃は、もっと深くて大石も沈んでいた
堰堤の底やら下の淵も、みんな砂や砂利に埋められてしまった
黒川だの川虫が育つための石が無い
魚が育たなくなった

ちょっと寂しくなった


結局釣れたのはチビメ数匹
白銀に輝く7寸超えの大物!ハヤ(TдT)
極めつけは左の写真、15cmを超える超大物!
追星に婚姻色まで出てますよ


アブラですが何か?



あれだけ居たはずの稚鮎、でも今年の神流川の鮎は不調だそうです
このまま終わってくれるなよ、神流川
昔のこの川を知っているから、切に願わずには居られなかった




8/1

神流川でかなり寂しい思いをしたので、一日間を置いて出撃
この日はアドレナリン一杯出して戦闘モードです
3度目の正直とばかり、またまた懲りずに行って来ました桂川です
馬鹿の一つ覚えのように毎度の場所(ここしか知らないし)


4過ぎ着、一番乗りでしたが、すぐ一台車が入ってきます
ブヨ対策を怠らず準備して川へ
水量は・・・ん・・・変わってないか?気持ち多いのか?
餌はブドウとミミズは熊太郎太虫、黒川はシブかったら取るつもり
木曜日に治って来た翡翠は前夜念入りにロッドコーティング剤で磨いてある
川を降りて直ぐ向かいの瀬上の抉れた流れ、この平たい川で唯一の深い流れ


さぁどうなのよ~~~~~?





キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!





前回竿が折られた時と同じ仕掛け、そうそう切れないはず
しかし強引には抜かない、とかなんとやってるたら竿が伸されてきた
すんげぇ~引き


あっ!ジャンプだ!!
ジャンプするヤマメなのか??










ニジマスですが、何か?

しっかし凄いジャンプだね、1mは跳ねるんじゃないの?
一発目に来たのは40cmを少し超えたデブなニジマスでありました
なんか黄色がかってる?ニジマスはでかくなると、こんな感じになるんだね



この日の釣果
結局はこのほかに、尺をふくめ7匹
全て大高あるヒレピンなニジマスでした








一応リベンジ達成?いやいやマダマダでしょう
なんせ此の川、一回目は水没デジカメびしょ濡れ、二回目で竿折れですよ
また来まっせ!しかしマジ今からでも年券買った方が良いか・・・
迷う自分であった(年券4k、日売り1.2k)まじ迷ってますが


フライのオニイサンと少々お話して先に上がる
帰りは大月から下流を探索して帰ります
色々なブログやらの情報を分析して、ここと思う場所に下りていく



分かる人が見れば分かる場所ですね
このポイントは鮎師の中に一人だけいた渓流師が、けっこう掛けたました
試しにとブドウとゼロでやったら来ちゃったよ
7寸ヒレピンヤマメ
ここは期待大ですね








だらだらと20号を下っていきます
上野原から高速に乗るまでの間で川を見ながら走っていきますよ

ここも有名ポイント?
写真真ん中より少し左上の橋がこの場所を物語ってますね
鮎竿の林ができてました
鮎シーズン前は期待できそうだなぁ












上野原では桂川と鶴川の合流地点、ここは湖?
なんでも『島田湖』と呼ばれる事もあるらしい
数人の釣師発見
何やらでかいオモリでドッボンゴリゴリやっている
15時過ぎた頃から、さらにゾロゾロと集まってきたよ
鮎の転がし?ギャング??
釣れる魚はヤマベのようなヒレと婚姻色?
ググッて見たらハスだそうです
見ているとハスをビクに入れる人と入れない人が居る、やはり本命は鮎なのだろうか?
処変われば品変わりますな


今シーズンに合わせて買ったリバレイのウェーダーに、どうやら穴が開いたらしい
前々回くらいから右足膝外側から水が染みる?と思っていたんだけどね
今回の釣行、桂川の圧しの強い流れに腰まで浸かって、はっきり分かった
っていうか、右足が水浸しになってるし・・・心なしか左足も湿ってるよ
しょうがないので今日ワイルドワンに修理に出しました
保証書があるからね、しかし1シーズン持たなかったよ
なんでも3週間以上かかるとか?来週は清翁と釜無遠征だよ!
んな事考えてたら、同じリバレイの安物ウェーダーが売っているよ
ナニナニ定価11.5kが6.5kで更に4.98k??
そこから会員限定価格!!
20%オフ!!!!
展示品はLLLの他に箱入りが最後の一つで、これはMだった!

よしゃ~!これは俺の為にある品だぁ~買った!!

まぁ、きっとサウナスーツの如くでしょうが、4kで買えたんだから良しとしますよ
足のサイズがピッタリだし、長靴の部分も上州屋安物バージョンよりしっかりしてる!
リバレイのHPからはカタログ落ちしたこの商品
RED LAVEL ウエストハイウェーダーNo.6187(タン)M
修理が終わるまでサウナスーツ履いてるつもりでやりますよ
きっとゴアテックスの有り難味が嫌というほど分かるんだろうな・・・

しかし・・・今シーズン間に合うのかね??