2009年9月26日土曜日

今期最終釣行 多摩川海沢

釣果・・・ヤマメ20cm前後3匹・鮎24cm・他カジカなど

どうも、Tetsuですよ (・∀・)ノィョ-ゥ
朝晩は、すっかり涼しくなりましたが皆様いかがお過ごしでしょか?

今シーズンも遂に終わりですねぇ~早いですね~~
皆さん大物捕れましたかね?
オイラは尺物は今期2匹のみでしたが・・・(・ェ・lll)

特に多摩川フリークな皆さんにお伺いしたい!?

餌・ルアー・フライ関係無く大物捕れましたかね?この多摩川で??
まったく・・・ドM根性養成訓練河川ですね。

さて、前回の釣行から「後2回チャンスがある!」と申しましたが・・・
実は22日にも出撃したんですよ、多摩川は奥多摩橋に。
朝一で入って結果は・・・

生体反応無し(・∀・)

雑魚のアタリすらありませんでしたよ。
これは流石に、挫けそうになりましたが、そこは多摩川ドM根性!
ラスト2回うち下流(奥多摩橋)と上流へと考えてましたので、今日は上流へ。
ラストチャンス?ラストトライ!で行ってきました。
多摩川今期最終釣行、海沢であります。
今回は4時半に駐車場に到着、まだ真っ暗なうちに準備して入渓します。
流石に誰も居ない!何とか目印が見えるくらいになって第一投はこの場所。



ご存知、発電所吐き出し口









この大場所、今期1匹だけ上げてますが後はパッタリ駄目。
どうよ・・・?


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

いきなりかい??

21cmなヤマメ!
多少小さくてもヽ(゚д゚)ノ ええじゃないか!!








これは幸先が良いぞ、しかしヤマメ釣ったの何日ぶりだ??
まだまだアタルかと、しつこく流すも後はパッタリ・・・
それではと上流に向かってビックリΣ(゚Д゚;エーッ!
釣り人が3人も居る?!って入渓点は一つしかないはず??
なんだよ・・・いつのまに入ったのさ
しかし今更場所も代えられないので、しょうがなく下に付く。
と、3人中二人は同じ場所でしつこく流していて上がる気配が無い。
それではと先に行かせてもらう、これで3人中一人だけ先行される形になった。
が!!この人ももう一つの吐き出し口まえの淵で止まってしまった。
どうやら、この海沢をあまり知らないらしい。
チラチラとこちらを見ていて、遂にはそこからまた下ってきた。
前に良い型が出た大石の落ち込みもスルーしてるし・・・
ここから氷川キャンプ場までが勝負なのに良いんですか??
それならと先に行かせていただいた。

ラッキー!!



先行者が居なくなった!
じっくり釣り上ろう。








さて、過去数回釣れている大石ポイント、何となく釣れる気がしちゃいますが・・・


これですよ(;´Д`)
やっぱり出ちゃいましたよ
小ぶりですが2匹目!
ってヤマメ2匹目?
って今日はどうしちゃったのさ??





氷川キャンプ場下の流れ込みで、さらにもう1匹!!




なんだよ?
すげぇ~じゃん俺







ついに日原川出合まで来てしまった。

水が・・・
雨降らないんだからねぇ








今期最後の真剣勝負でした、これから釣り下って戻ります。
まぁ釣れないでしょうが・・・

ところがどっこい、例の大石ポイントでまたアタリ!
しっかり掛かった魚は、さっきの小ぶりなヤマメより大型だ!!

やっと良型なのかぁ??




またまた、このお方のご登場

(・∀・)ノィョ-ゥ







24cmありますが・・・しっかり餌食ってます、ブドウ虫。
しっかし、君ねぇ・・・鮎は鮎師に釣られなさいよ。
さて、本日はヤマメの他にも、またまた鮎様まで御登場いただきました。
入渓場所まで戻って写真を取り直します。

いやぁ~サイズはともかく満足ですよ
(・∀・)
もっとでかくなって来年また遊んでくださいよ
全て元気に流れの中に戻っていった。








明日は行けないので、遂に自分の今シーズンは
糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
本当に楽しかった!
多摩川
Thanks ☆☆** v( ̄ー ̄)v**☆☆ Thanks

2009年9月20日日曜日

最終遠征 三国川 十字峡

釣果・・・聞かないでくれ(TдT)



どうも、Testuですよ、みなさん釣りしてますか??
あと10日で今シーズンも終了ですねぇ・・・
群馬に至っては今日が最終日ですが・・・
上野村は前回で最後、結局は行きませんでした。
解禁当初より水が少ないかったんでさ。


さてさて!シルバーウィークを最終遠征で飾ろう!!
なんて誰が言い出したか知らないが、行って来ました新潟魚野川水系。
その名も『三国川』 十字峡であります!心に残る魚が取れるのか?!

今回の面子は清師匠と6月に上野村に一緒に行った佐々木爺の3人。
ここ、十字峡は10年ほど前まで師匠が毎年この時期に通ったとのこと。
この時期、雨で水位が上がれば下の三国ダムから大岩魚が刺して来る!
ちょうど台風が!ってすっかり日本列島をスライスして行きましたが・・・


関越鶴ヶ島インターを2時半発、4時半には六日町セブンイレブンで魚券購入。
ここから三国ダム、十字峡までは20分、5時前に駐車場に到着した。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
車が沢山?さっきまで車一台擦違わなかったのに!
ここから歩いて上の沢に入る連中だそうだ。
釣り人は正直なもので、釣れない川に釣り人は居ない。
この川は釣れるのか!?

十字峡より上は先ほどの連中が入るだろうとのことで
十字峡下からダムまで釣り下る事にした。





師匠に言わせると水が平時の半分以下!





師匠、佐々木爺が準備している間に一番手で釣り下る。
瀬、淵、大場所の連続だ!ここぞと思う場所でまず1匹!!
すかさず掛ける!乗った(≧∇≦)b

Σ(゚Д゚)ガーン

ハヤ・・・7寸ありますけど
この一匹からハヤ地獄が始まるのであった。
ここぞと思う場所でアタリはある!しかし渓魚ではないだな、これが
ことごとくハヤ、なんなんだ!いったい??

ところでこの川、というかこの山々は広葉樹に囲まれ水が豊富なんだね。



小さな沢が至るところか本流に落ちてきている。







しかし師匠に言わせれば、やはり水量は少ないとの事。
上の写真は爆濠だったらしい。
そもそも釣り下ってダムに行けない?
今日は余裕で行けるみたいだし。

師匠が追いついてきた。
釣果を聞く「どぉよ?」

ヤマメ、岩魚で3匹・・・すげぇ!( ゚∀℃( `Д´)マヂデスカ!?
なんでも俺が先行したので竿抜けやら手前やらばかり流しての釣果だそうで





ヤマメ25cm、岩魚23cm!
小さいよなんて、小さく無いじゃん!!
やっぱり師匠ですね。
御見それいたしました。
m( __ __ )m



佐々木爺はどうなのよ・・・?
シーズン大詰めでニューロッド天平硬調6mを購入!張り切ってますが・・・



やっぱりハヤばかり・・・
この人には釣らせて上げたかったなぁ・・・






さて・・・ここから今日の本筋の話です。
師匠の釣果を目の当たりにし、是が非でも採らねばと焦りながら釣り下ります。
結局バックウォーターに流れ込む瀬まで来てしまった。
少し上流で師匠も流しているが、ハヤのアタリのみだったらしく
早々に佐々木爺のいる上へ行ってしまった。

ここで最後かぁ・・・



この瀬の先には湖が広がっている。







とにかく流す、何度目がにアタリがあった。
しかし小さい当たりで、てっきりハヤだろ?と適当にあわせると糸切れ!
が!あわせた辺りででかい魚の腹がギラリと光った!
なんだ今のは・・・40?いや50??気のせい?いや確かに光った!?!
今の魚が切ったのか・・・
こんなところに居たとは!水が少なくて上るに上れず
バックウォーターから遡上の機会を伺っているのだろうか・・・
とにかく、針を付け替えた。
いつもより丁寧にむすんだですよ。

焦るなと言い聞かせ・・・集中して流す
数回めにまたハヤのような小さなアタリ・・・
数回してからあわせてみた

ヽ(`Д´)/それだ!


ついに掛かった!竿が満月のようにしなっている!
さっきの魚か?竿が伸されそうになる!!

これは魚と一緒に走らなければ!

そう思った自分より、一瞬の差で魚に先手を取られてしまった。

バシャッ

水面を割った魚は、遠巻きに見ても50cm以上。
その魚が跳ねた瞬間・・・
05号の道糸がフワッと空に舞った。
ハリスではなくて、オモリより上の道糸で切れてしまったのだった。

ヘナヘナとその場に座り込んでしまう・・・
くやしい~~~
それならと、桂仕掛けで挑戦だ!
天井糸1号、水中糸及びハリスは08!これでどうよ??



しかし・・・もぉ来ませんでした。
そこから必死に一時間は竿を振ったのだけど駄目だった。
あれだけ派手なバラし方したら・・・もぉ出てこないよな・・・

結局、渓魚はこれだけ





手のひらサイズの岩魚さんでした。






車に戻ったのは13時半、駐車場は車で一杯です。
釣り人は俺たちだけ、何やら集団で絵を描いてる人たちもいます。




特にこの女性の絵は上手だと思う・・・
(素人目ですが)









大物は狙っていかなきゃ駄目!掛けるだけならだれでもできる!!
実感しました。
悔しい!けど嬉しい?
けど悔しい!!けど嬉しい??
跳ねた!ニジマス?いや岩魚か?まさかヤマメ??
まぁいいや、ドキドキしたからさ。
来年リベンジに来ますよ、それまで貸しとくよ!(←バカ)

またまた、ドーピングして目がシャキッ!となって帰りましたとさ。

後2回は行けます!多摩川!!最後の悪あがきです!!

2009年9月13日日曜日

多摩川2日間、俺は大ヤマメが釣りたいんだ!!

釣果・・・9/12 ヤマメ5寸他チビ 8寸大物1匹
9/13 ヤマメ5寸2匹 更なる大物9寸1匹

( ノ゚Д゚)ヨッ! Tetsuですが、皆さん釣りしてますか??
いよいよシーズンも最終盤ですよ、群馬に至っては残り1週間ですよ。
今期、尺物は2つのみ!かなり寂しいですね。
残り少ないシーズン、ホームリバーで結果を出すべく多摩川に出動です。


9/12
大物鯉釣師と喜久松へ。
数回流すとアタリ!ドンピシャと思ったら天井糸から先が切れてる・・・
糸切れキタ━━━━ヽ(・ェ・`)ノ━━━━!!!!
古い仕掛けは使っちゃ駄目な見本ですな。

フッと大物鯉釣師を見ると、タモに魚を入れて立ちすくんでいる・・・
大物が釣れちゃった?例によって見せに来る。
なんだよ!ちっちゃいのが1匹?
何でも俺に見せようか悩んだとのこと。


そんなんで悩むな!


さて、いつもの大場所はアタリ1回きりで沈黙、上に行ってみる。

橋より更に上ってみる。
白丸放水は11時から。
楽に上がれます。











ここで、やっと15cmなヤマメを1匹かけました。



一応ヤマメ・・・
釣れないよりは良いか・・・











さて、大石が沈んだ、いかにもという場所に来た。
6月頃なら間違いなく大物が着きそうな場所なんだけど・・・


深くて流れもあります。
大物のヨカーン・・・














キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!



やっと掛かった!結構な引きです。
でもおかしい・・・ひたすら底に潜ろうとする?

これはニジマスか?いや元気が無い。
まさか岩魚?何なんだ??

鮎だよΣ(´д`ノ)ノ


なんと8寸弱な鮎?
ブドウ食ってるし!










俺はヤマメを釣りたいんだが・・・


上からカヌーが流れてきたので御終い。
下に戻ると大物鯉釣師も納竿していた、ポイントにはカヌーが一艘。
仕掛けを直している間にポイントを乗っ取られたらしい。
なにやらパドルで水面を叩いてグルッと回転する練習をしている・・・
その姿が何かに似ている・・・なんだっけ・・・

思い出した!


これだ!














9/13
夜に大雨が降った!これはチャンスか??
迷わず川井に出撃、5時着、支度して川へ。
堰堤は誰も居ないジャン!
これは昨日の雨で堰下は魚がウジャウジャ居るのかぁ??
ってのは皮算用・・・全然アタラないので上へ移動。
多摩尺ポイントまで行くも、一切アタリ無し。
どうなってんの??

しょうがないので、今度は堰堤下のニジマスの淵へ。
誰も居ない?いやルアーマンが一人、やっぱり誰か居るよね。
しかしこのルアーマン、かなりロングキャストしていて隣に入るわけにはいかない。
そのままスルーして前回釣り下った更に下まで行く。
白丸放水が無いので、前回は無理かと思われた淵は上手くアクセスできた。
結構な大場所にたどり着く、ここで出なきゃ駄目でしょ?
仕掛けを流れになじませた瞬間、下流でライズ!でかい??

鯉ではない渓魚のそれだ、竿を休めてみてるとライズが凄い!
小さいのから水面を叩き割る大物までバシャバシャ跳ねてる!
餌は見向きもしない?ひたすら跳ねてる。
目印の脇でも跳ね!でかい!!そんで茶色い??ニジマスじゃないの??
底の餌に食い気がないのは承知でしつこく流す・・・
はぁ・・・根掛かり・・・大オモリで沈ませてたからなぁ・・・

竿が折れない程度に軽く引っ張る(前科1犯ですが・・・)

え!生体反応??根掛かりじゃない??


なにやらかなりの大物、原点流が胴から曲がる!
上がってきませんよ・・・やっと、やっと掛けたよ!!

しかし・・・何かおかしい・・・昨日の、それに似ている
気のせいとは思いたいけど思えない・・・
似ている・・・しかし、こんなに竿を曲げるか?違うだろ??


やっと空気を吸わせる・・・
茶色い幅広な魚体!ブラウントラウトかぁ??



鮎ですが何か?



でかい!
思わずメジャーをあてた。










って、27センチ越してるじゃん!!
9寸超えの鮎?こりゃメスか?明らかに妊婦だし。



手のひらの二倍ありますが・・・


ヤマメじゃないけど

(TдT)








今日は良い天気だな・・・
トンボも降りてきたし。





諦めませんぜ、多摩川よ!

2009年9月7日月曜日

9/6 大物は何処?多摩川寸庭橋

釣果・・・ヤマメ8寸1匹のみ

ども、Tetsuですよ、皆さん大物釣れてますか?
もぉ、9月ですよ Σ(゚Д゚;エーッ!
あと一ヶ月で今シーズンもおしまいですよ !!
大物・・・なかなかお目にかかれませんねぇ。
今月の月刊釣り人、見ました?
『機は熟せり。大ものの予』ときたもんだ。
しかし、多摩川では厳しっすねぇ・・・
大物、居るのだろうけど、めったにお目にかかれません。
いったい何処に居るのやら・・・

色々と調べれば、この時期のヤマメは、支流の流れ込み周辺に潜んでいる?
そして、産卵に向けての荒食いが始まるという。
日差しが川に照りこむ前の、ほんの1~2時間が勝負だという。
以上の条件で無い頭をフル回転して解析の結果、行って見ました寸庭橋です。



日の出に川に立てるように到着。
鮎師が一人、早いねぇ・・・













水が少ない!













白丸ダム観光放水は、9月より11時から。
8月より3時間も遅くなった。
以前ここ寸庭橋で話した釣り人言った言葉を思い出した。
放水前のほんの数時間しか上って帰れない場所があるらしい。
下流の入川流れ込みの淵まで一気に下るも、アタリは橋直下で1回きり。
しかもヤマメのそれではない。
寸庭橋合流でヤマメっぽいアタり?も不発で沈黙。
水が少ないので、釣り人に聞いた大場所目がけて更に上る。
駄目だ・・・アタリが無い、雑魚のアタリすら無い。
確かに大場所の連続、大ものの予感なんだけど・・・
腕が悪いのか、餌が悪いのか、何しろ生体反応がないんだ、これが。

今日はBOZEだな・・・

諦めムード満載な重い足取り。
唯一ヤマメのようなアタリがあった寸庭川出会いまで戻ってきた。


ここで出なかったら駄目だよ・・・












絶対居そうなんだよね、雰囲気ありすぎ。
この場所、白丸放水中は手前の砂利まで水没し、更なる一大大場所になる。
しかし今は水が少ない流れの本筋のみ。

唯一のヤマメのアタリがあったこの場所、ここで出なけりゃ素直に帰りますよ。
重めの錘で餌先行、大ぶりのブドウに付け替えて流してみた。
奥の緩やかな淵で仕掛けをなじませて・・・
白波の下に上手く流れるように・・・


どうよ??




キ・キ・キ




キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!




結構デカイかも!












竿を弓なりにしたこの魚、8寸強!25cmありましたよ!!
幅広、ヒレピン(この時期は皆ヒレピンかぁ)ピッカピカ。
婚姻色も鮮やかな奥多摩夏ヤマメでありました。

今日はこれで満足、ってかこれ以外一切魚との接点無し。
8時、朝一からの3時間釣行でした。

友バックからタモに入れて、またまた写真を撮る。
もっとデカくなって楽しませてくださいよ・・・
そんな思いを込めてリリースしましたとさ。

おしまい