2010年12月31日金曜日

2010年総括

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ Tetsuですよ!
すっかり放置してましたが、みなさん御機嫌如何でしょうか?

2010年も今日で終了?早いですねぇ・・・
しかし!2011年解禁も既にあと2ヶ月?やっぱり早いなぁ
もぉ何日も渓魚を見ておりませんが
実は上野村釣り大会の後も何度か多摩川に足を運んでみましたが・・・
馬太目 〆(゚▽゚*)
まったくのダメダメでありました
来年に期待ですな

さて今日は12月31日、師も走る大晦日
大掃除というか、部屋中に産卵散乱しているジャンクなノートPCなんかも整理したい
が、その前にヤッツケで本年の総括だけしておきましょうか
ネタ無し釣りブログ、年末の定番ですがご勘弁を(゚∀゚)

3/13  初物  喜久松 
真っ黒に錆びた年越ヤマメ?

3/27  いきなり来た!
 丸秘ポイント
鰭の張った泣き尺ヤマメ!
いきなり釣れた!!
虹鱒もでかかった
(成魚ですが)

3/31  9寸
これも丸秘ポイント
鰭張ってます

5/4  川井  9寸越え
4月はニジマス&成魚山女のオンパレード
5月連休、まさかのガラ空きな川井でゲット!

5/4  丸秘ポイント 泣き尺
 この日は大爆釣?
午前の川井から場所移動
口からはカジカの尻尾が出てた!

6/3  丹波川 
 初めての丹波川
9寸な岩魚が釣れました
細さにビックリ!

番外編1
親川橋下でハヤの産卵にバッティング
正に入れ食い 











 番外編2
奥多摩湖育ちです キリッ


6/3  丹波川
ランドロック系、泣き尺ながら幅広な体高は今年1番の大物でした

7/4  後山川  本年初尺
今年の初尺はなんと!岩魚さんでした
尾鰭のでかさにタマゲタ


7/11  後山川  初尺ヤマメ
ナイフを失くした代わりに尺ヤマメが釣れた!?
既に鼻が曲がりかけている痩せたオス
山岳渓流に呆然・・・


8/27  白丸BW
本年の大物賞!ニジマスながらワイルドな容姿にビックリ
鰭の張った38cm
白丸ダムバックウォーターは夏季限定、渇水時期の最高なポイントです。


9/29  小川谷
今年最後の大物も小川谷で出ました  
ナイフを失くしたり、靭帯損傷したりと色々ありましたが・・・
総じて良い魚達に巡り合えました、奥多摩川水系に感謝多謝!

さぁ、後2ヶ月で解禁です
来期はどんな魚達に出逢えるのでしょうか?
今年のようには行かないでしょうが・・・

『行かなきゃ釣れない』

行かなきゃ駄目ですね、諦めずに行きましょうや

渓魚を愛する全ての釣り人の来年が良い年でありますように
奥多摩川水系を、こよなく愛する釣り人の来年が素晴らしい年になりますように

それでは皆様、また来年
 
合掌


2010年11月21日日曜日

上野村漁協第13回ニジマス釣り大会に参加してみた

釣果・・・ニジマス12匹 カジカ1匹


どうも、Tetsuですよ、すっかり寒くなってしまいましたねぇ(-Д-)
今日は気まぐれで上野村漁協主催のニジマス釣り大会に参加してみましたよ。
魚の写真は、お見せできないほどの鰭丸なんで撮ってませんので御了承を。














師匠と奥多摩にでもと、7時半に約束したのは良いが、今日は上野村でニジマスつり大会?
冬季ニジマス釣り場の日売りが3000円なのに今日は年券が無くても2000円!?
受付が9時なら関越で行けばギリギリ間に合っちゃう??
朝、家まで迎えに来てくれた師匠に相談すると、なんと師匠の方が乗り気じゃぁないですかw
んじゃ行ってしまえ!
ってわけで、9時には餌釣り専用会場の乙父に到着、受け付けちゃいました。
結構な人、人だかりの淵を脇から覗けば居る居るw
虹鱒が群れてますよ。
何でも前日からテント泊して場所取りするっていうから、凄いねw
この大会は、そんなに凄いのかい?

気の良さそうな隣に陣取ってる釣り人に聞けば、餌はイクラが良いとか。
そうだよねぇ・・・でもオイラと師匠は奥多摩仕様、ブドウとミミズしか持ってません。
まぁ、どこまで通用するか?10時スタートです。

いきなり釣れた!バレタ!!
掛が浅いのか直ぐバレる、まわりも同じようです。
溜まっている場所に釣り人が何人も仕掛けを流す、これはもう釣堀状態ですな。
イクラで良い場所とったオジサン、もぉ入れ食い状態。
オジサンが取り込んでる隙に流して釣る、これは多摩川の解禁と同じではないですかww

まぁ趣はありませんが、釣れた方が楽しいので、せっせと流します。
尺位は余裕で抜けます、釣れてビックリ、鰭が丸い?どころか無いのまで居るしw
それでも、40オーバーを掛けて切られた人も見かけました。
12時前には朝のラッシュも終わってパッタリ当たらなくなりましたが・・・
しかしここからが勝負、イクラに見向きもしなくなったマス達はブドウ目掛けて一直線!!
イクラ組みが釣れなくなったころから釣れ出して、なんとか格好が付きました。

2時までやって12匹、カジカまで釣れちゃいましたけど。
師匠もほぼ同じくらい、まぁ良かったではないでしょうかね。
常連組は魚篭から溢れるくらい釣ってましたが、あれどうするんでしょうかねぇ?

15時までの大会ですが、14時過ぎには、ほぼ誰も居なくなっちゃいましたねぇ・・・
大会と言いつつ、表彰とかは一切無しの流れ解散、特別放流日とでも言った方がシックリ来る感じですね。

今日は流石に持ち帰り、オイラは食べないので会社の人にfor youしちゃいました。
帰り際に淀川堰堤見てみました、良い雰囲気でしたなぁ。













餌釣りの管理釣り場は滅多に行きませんが、今日は楽しかったっす。
日ごろ見慣れた奥多摩ヒレピンレインボーとは違いますが、こんなのもたまには有かなと。
機会があればまた行って見たいですね。


2010年11月7日日曜日

シーズンオフはレインボー!in 多摩川 2

釣果・・・外道2匹  (´・ω・`)


ドウモ( ・∀・)っ
買いだめしたタバコが残り1カートンを切ったTetsuですよ。
みなさん御元気してますか?
すっかり涼しくなってまいりました (-Д-) 朝方なんぞは真冬ですな。
既に学級閉鎖も出たとか?風邪なぞ引かぬ様、気を付けつけましょうですよ。

さて、前回レインボーを狙って外道しか釣れませんでしたがね。
あれから3週経ちましたが取り合えず行って見ました、多摩川ニジマス狙いであります。

昨日、師匠が山に写真を撮りに行たんですよ、オイラは仕事だったのにさ。
泉水谷の紅葉は、それはもう見事だったとか?
そんで帰りに白丸BWを覗いてもらったら、水が引いて島が出ているって?
マジですか?前回はBWが、かなり上がっていて釣りにはならなかったんですが・・・
それなら、あのワイルドなレインボーに逢えるかも?
朝6時過ぎ現着、橋の上からみると確かに島が見えてる!
しかし川の中心が深いんじゃね?
まぁ行ってみようか・・・














降りてみた。
水量は夏に比べれば確かに多いんだけど・・・

しかし、それ以上に圧しが強い!
そんで、この間の台風で、流れも変わってる・・・
流心が掘れて深くなってるし・・・
腰まで浸かって、この圧しの強さでは流されるのは必定、水没君確定ですな。
いくらか水が減れば行けそうですが・・・
観光放水が始まるころにはカヌーも出てくるだろう。
ワイルドが掛かった淵を下流に見据えて、未練タラタラ諦めました (´・ω・`)

橋の上から改めて流れを見てみる、上流側。
左下の島に渡りたかった (´・ω・`)














下流側、こちら側はカヌーが出ます。
真ん中の浅瀬は観光放水で島になっちゃうですね。















白丸ダムも紅葉が始まっていました。

さて、まだ7時前なので場所移動、例によって丸秘ポイントであります。













ゲッ・・・水が多い( `Д´)マヂデスカ!?

何時もは流心手前まで行けるのに、今日は川幅1/3までしか行けないみたい。
そんで多摩川特有の濁り、日原濁りってやつでしょうか?
まるでクリームソーダですけど・・・

まぁせっかく来たんだし、取り合えずやってみましょうか。
ここにはデカい虹鱒が居るはずなんだけど・・・
前回は1時間やって最後に一回のアタリだった。
今回は30分で切り上げますか?

さて第一投・・・












キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

って、いきなり来た!下流に走る?レインボーではないのか!?














チッ、外道かw

8寸な銀色のにくいヤツ、嬉しいんだか悲しいんだか。
写真を撮って直ぐリリース、しかし幸先が( ・∀・)イイ!
こんなに圧しが強い流れなのに、しっかり魚は居るんだね。


続いて第二投・・・












って、またキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

いきなりゴツンと来た!さっきのより大きい?
また下流目掛けて走ってる!













なにぃ~~~~~!
また外道じゃんかww
25cmな薄っすら赤みの挿したヒレピンさんでした。
写真を撮って直ぐリリース。
ここから30分、何やらモゾモゾと気配はあるものの乗らずで終了。

この丸秘ポイント、来春が楽しみですな。

しかし本命なワイルドは何処に居るんですかねぇ・・・
もう少し水が引いたら本命白丸BWに出撃してみよう。
あそこなら居るはず、逢いに行くから待ってろよ~

しかしまぁ、ヤマメが釣りたい時にはニジマス、ニジマスがつりたい時にはry


なかなか難しいもんですな。

(´・ω・`)


2010年10月16日土曜日

シーズンオフはレインボー!in 多摩川

釣果・・・本命 ハゲ       外道のみ(゚∀゚)

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ   今シーズンの総括もやってないTetsuですが。
みなさんお元気してますか??

ついに2010渓流釣りもシーズン終了となりましたねぇ(´・ω・`)
みなさん今年は如何でしたでしょうか?心に残る良い魚は採れましたか?
出た人も、出なかった人も来年が待ちどうしいですね。
既に禁断症状が出ているアングラーも多いのでは?
餌師もルアーマンもフライマンも今は耐え時って感じでしょうか。

さてオイラのHRな多摩川は、少しだけこの禁断症状を和らげてくれるんですよ。
そう、多摩川はヤマメ・イワナの禁漁後も虹鱒に限っては年内OK!
結構釣り人も出ているんです。
まぁ、ヤマメが釣れちゃったら外道って事で、即リリース。
年内は、あくまでもワイルドなレインボー狙いで出撃ですぜ!















夕べは出張で懇親会という名目の飲み会、結構飲んでしまった(゚∀゚)
案の定、朝はしっかり寝てしまって、ワイルドなレインボーが狙える白丸はパス。
あそこは日中、カヌーが出てくるからね。
よってニジマス狙いの定番、奥多摩漁協最下流域な羽村運動公園前に9時着。
水が少ないなぁ・・・でも澄んでいて綺麗な流れだ。

最近下流域で大型のニジマスが掛かってるという噂がチラホラ入ってきますが・・・
ここも過去に50cm級のヒレピンワイルドが出た場所、期待を込めての第一投!









やっぱりおまえかよ!

















いやに良いアタリだと思ったら、やっぱりこいつ、カワムツ君。
これがもぉ、ほぼ入れ食い     ( ;´Д`)  ブ ドウ虫がどんどん無くなっていく。
今日は30匹入りブドウ虫1パックしか持ってきてませんぜ。
レインボーどころか虹鱒の気配すら無し。
10尾釣ったところで、もぉ止めた!場所移動しますかね。














良い天気だぁ・・・(・∀・)


さて、次は喜久松を目指そうかと思いましたが、チョッと遠いので萎えた。
そんで久しぶりのマル秘ポイントへ。













もぉ11時になるかな時間なのに水が増える気配無し?
白丸放水はどうなっているのやら・・・
まぁ、ここは水が少ない位の方が攻めやすいんだけどね。

今シーズン初期、ここでは本当に良い思をさせて頂きました。
ヤマメやニジマスの良型は勿論、正体不明な大物に一瞬で竿を伸されて針が伸びた事もありましたが。
いかにも大物の潜んでいる雰囲気、たまりませんなぁ( ・∀・)

水が少なくても相変わらず圧しの強い流れ、股まで立ち込んで流してみる。
本日のタックル、復活したSGLSMH95に06の通し、5Bな錘、ヤマメ半スレひねり7.5号であります。

どうよ・・・


・・・



・・・・・・



・・・・・・・・・



コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!

ヽ(`Д´)ノ      コネエヨ!!

結構粘ってはみましたが・・・
さっきの雑魚アタリが恋しくなるほどの生態反応の無さ。
う~ん・・・ここはデカイのが居ると思ったのになぁ・・・
すっかり当てが外れて、すっかりヤル気も無くなってきちゃったなぁ・・・











その時!
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

これは・・・結構、竿が曲がる!

何?下流に向かって走ってる??

ジャンプしないの???















なぁ~んだ、外道かぁ( ・∀・)アヒャ

ワイルドなレインボーを狙っていたら、ヤマメが釣れてしまった、どうしよう・・・
(by銭形警部)

8寸程の幅広なヒレピンさんでした。
しかし外道とは言え、心の奥底ではあなたにお逢いしたかったんですよ(TдT)

青緑な魚体、少し銀毛がかっているのかな?
写真だけ撮らせて頂きました。
来年春にはまた遊んでくださいよ (ノ・∀・)ツ
元気に流れに帰ったのを見届けて本日は納竿、満喫しました。














時間にして12時、良い天気、すっかり秋ですね。
今度は白丸に出撃します。

2010年9月29日水曜日

2010LAST!日原小川谷

釣果・・・ キタ━━(゚∀゚)━━ヨ

ドウモ( ・∀・) Tetsuですよ、2010年の渓魚シーズンもいよいよ最終となりました。
皆さん、今年はどうだったでしょうかね?メモリアルな魚は取れたでしょうか??
良かった人も悪かった人も、しばらく休憩ですな。
少し休んで来年また頑張りましょう!

さて、みんな今日は仕事ですよねぇ? …普通はねぇ…( ´∀`) ( ゚Д ゚ ) … 
で、オイラは代休!行っちゃいました最後の悪あがき?
遡上魚狙いも考えましたが、ギャンブルみたいなもんでね。
外れたらヤバイので、リスクの少ない支流へGO!
日原は小川谷、犬麦谷~三又までであります。
相棒は、オイラ以上に釣りバカな師匠。
アホコンビは仕事そっちのけで今シーズ最後の釣行に出動です。

3時発、4時半着、月明かりが綺麗ですよ。
昨日までの雨、そして今日は晴れ?水もいくらか引いたはず。

車が何処にも停まってない!もしかして一番乗り??
林道基点から4kmポスト、犬麦谷下から入ります。

またしても吊橋、最近こんな所ばかり行ってる気がする。
自称本流師なんですが、一応…

小川谷は遥か20年ほど前に、カロー谷出会いから入ったっきり。
こんな上流までは来た事も無く勝手が解りませんが、水量は2倍との事でした。
これは期待が持てるのか( ´∀`) ( ゚Д ゚ ) … 

師匠は犬麦谷の堰堤に向かったので、直ぐ手前の淵に落としてみた。

いきなりキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

なんと8寸なイワナさん!ヒレピンな白ですな。(ワインでは有りません)

これは幸先が良いどころか、こんなにアッサリ釣れて良いんかい??
こんな日もある、三国川と逆なパターンとでも言おうか。
この後、大爆釣劇が始まるのであったが、今は知る由も無かったのだ。

さて、本日のタックルは…
天平に天井糸08、水中糸から通しの05で4B×2、ミミズとブドウを用意してます。
チビはブドウ、良型はすべてミミズでありました。

どんどん釣り上ります、三又まで約4kmな釣り遡り。
途中にエスケイプできる場所はないんです。
完全に夜が明けて谷が明るくなってきました。

木漏れ日が眩しい。
師匠が1匹釣るまでに既に5匹ほど掛けていました(チョッと自慢)
チビはその場で逃がし良いのだけ、しかも写真が撮れる時だけ撮りました。
御了承を (^∧^) ゴメン

今度は、さっきより一回り大きな26cm、金ですよ(メダルではありません)

このほか、赤、黒とイワナの色の豊富さにビックリ!(クレヨンではありません)
アタリがあって、なかなか先に進めない!もぉ11時かよ。

すっかり明るくなった谷です。

さて、イワナばかりでなくヤマメもしっかり釣れました。
7寸ながら婚姻色が出てます、秋ヤマメであります。

段々と上りがきつくなって来ました、三又に辿り着く前の上りのピークが続きます。
良い淵の連続であります。
師匠が流して出なかった淵をやてみた。
師匠の錘はB?俺に言わせりゃ軽すぎだろう!?

主が出るかもなしれないからやってみて!
なんて言って師匠は先に上がってしまいましたが・・・
ほんとに出ましたけど、8寸金赤!
魚が底に差してるようです、大錘で沈めるオイラの釣り方が本日は( ゚д゚)ビンゴー

そして遂にドラマが始まる・・・

上りのピークが過ぎて三又まで後500m位だったか。
淵からの深い流れに流すとイワナとは違うアタリ?また7寸なヤマメが出た。
ミミズを付け替えて流してみる・・・










キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!

何やら重い!イワナと違う!?一気に下りだした!!
これは・・・












いきなり白いの出されてタモが妊娠するかと慌てましたが・・・

尺には届かずの29cm!またやっちまった泣き尺( TДT)
しかし!この顔、この色、この魚体!
今シーズンのフィナーレに相応しいスペシャルフィッシュでありましたぜ。
(≧∇≦)b

さて遂に三又に到着、出会いは明るい広場です。
が、既に3時半、何時の間にか雲が出てたのね?知らなかったわ♪
ここで釣った魚をすべてリリースしました、三又、魚残ってますぜ。
めぼしいのだけタモに入れてみました(ちょっと得意げ)
イワナ7~8寸8匹、ヤマメ7寸~29cm3匹、ほかチビイワナ多数の大爆釣!
良型の『つ抜け』に自分でビックリ!
師匠も何だかんだとヤマメ・イワナで9匹な良型を採っておりました。
いったい二人で何匹採ったんだ??

さて、ここから30分かけて林道に出て、更に林道を30分かけて車に戻ります。

オイラには、とてもカロー谷からここまでなんて来れないな、無理。

途中にあった水場は清冽で冷たくメチャ美味かった。
やっと、林道に到着、ここから車まで更に30分。
鹿の警告音がピーピーと、お出迎えです。

こんな所に居るんだ、オイラ達は・・・
少々呆れ気味ですが。

釣れ過ぎ、アタリが有り過ぎで、随分時間がかかってしまいました。
が、久しぶりに良い釣りができたので疲れは一切無し!気の持ち方ですなw

やってれば、たまにはこんな日もあります。
最後の最後で、奥多摩・日原の川達が微笑んでくれました。
今シーズン、ヤマメ・イワナ達との出逢いも、これで最後ですね。
また来年、遊んでやってください。

多摩川水系、楽しかったです。

Thanks ☆☆** v( ̄ー ̄)v**☆☆ Thanks

FOR 2010 TAMA and TABA RIVER by Tetsu

2010年9月26日日曜日

Last2 9/25 三国川十字峡

釣果・・・光輝くボウズ(ハヤのみ)  (;つД`)

|´д`)ノィョゥ Tetsuですよ、本日はとある国家試験で都内へ出動、疲れました。
その後髪を切に行って、ついでに上州屋へ野暮用で・・・
釣りより(;´ρ`)チカレタヨ・・・

そんで昨日、行ってきました新潟は三国川!去年に引き続いての最終遠征です。
試験の前日に、よく行くよ(゚∀゚)
で、最悪でしたが・・・(;゚д゚)ァ....

相棒は師匠、午前2時発、4時半着。
寒い!台風の影響か風が若干ありますよ。














春先と同じ格好、それでも寒かった (((( ;゚Д゚)))
オイラたちは本流をバックウォーターまで下る予定。
支流組の車は既に一杯でした。
去年、土手でコケて竿を折った師匠に、気をつけてwなんて軽口言ったりして。
それが不幸の始まりだったのだが、今は知る由もなかったのだ。

さて、明るくなってきて川に下りると、水量は去年より大目。












水量が多い分、期待が持てますが・・・














寸庭川での釣行が染み付いていて、ガンガン瀬を大錘で流す。
流れきって竿を上げると、何やら掛かってる!デカイ?

って、合わせてないし、アタリが解らなかったから合わせて無いんです。
よって・・・しっかりフックせず、当然の結果・・・

バレ(-∀ー#)

結局、渓魚らしき魚との遭遇はこの一回のみでしたチャンチャン♪
ヽ(;´Д`)ノ

この川は多摩川と違って、大石がかなり沈んでいる。
落差が有り流れが速く、大錘でしか底波を捕らえられないんですよ。
まぁ、自分が未熟なだけなんですがね。
そんで事件発生。
案の定、根掛りで軽く煽ってみた。












ボキッ
┐(´∀`)┌ハイハイ、みなさん御想像の通りですよ。
朝から数投目のできごと( TДT)
師匠に軽口叩いて、自分で折ってりゃ世話無いってね。
スーパーゲームライトスペックHM9.5・・・
シーズン最後にして#2が逝ってしまわれました。

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

予備竿の翡翠本流LPを駆り出して再び川に立つ。
これが全くのアタリ無し、去年は少しはアタッたんだけどなぁ・・・
どんどん釣り下ります。














途中、川通しがヤバそうな場所が数箇所、それでもBWを目指す。
そう、去年の大物がまた居るのではと淡い期待をこめて・・・
去年の三国川遠征でバラした大物へのリベンジのみで、この川にやって来たのだ!

途中で師匠も追いついてきた。

釣果はヤマメとイワナの7寸を1匹ずつで流石ですな。
いったい何が違うのか・・・よく観察してみなければ。
そもそもオイラが大錘で沈める釣り、師匠は軽めな錘でフワフワと浮かせる釣り。
どっちが良いかは、そのときの川の状態で違うようで。
事実オイラの釣り方が当たって、師匠がサッパリ?なんて時もあるわけで・・・

そんな師匠でも、やはり去年より渋いとの事。
水が多いのにどうしちゃったんだろ?

さて、危うい川通しを数回繰り返し何とかBWまでやって来た。














去年の大物へ期待を込めて・・・確かこの辺りだったはず。













どうよ・・・













コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!


ウンともスンとも言いまへんがな  (ノд‐。)
何度やっても駄目、せっかくここまで来たのに・・・














またこれを上るのかよ・・・
途中でやっとアタルも、釣れて来たのは8寸もあるハヤ ヽ(`Д´)ノ
なんともまぁ情け無い結果となりました。

駐車場にあがって着替えようとすると、師匠が面白い釣りをしようと言う。
なんの事かと思いきや、こういう事。














遡上魚は、この滝で必ず停まるそうで、大水が出るまで溜まるらしい。
遡上の始まりの目安になるそうです。
9mの竿に10mの仕掛け、鮎玉のデカイので落とします。
なんでも、師匠はこの方法で40cmのイワナを3匹引っこ抜いたとか?!
4匹目で竿が折れたそうですよ。














確かに上から見えるんですよ、50cmはあろうかという大イワナ!が2匹??
岩のエゴに隠れて出たり入ったり・・・ポイントに上手く流れないんだ、これが。
大岩の影で水流が遅くなってようで、表層の速い流れで餌は魚の上を素通りですな。
これでは駄目ですね。

師匠がやってる間に車で着替えて戻ると事件が!
なんと師匠、白泡の中に落とすと、ゴンゴンと凄いアタリが来た?!
掛かった!目測でも40cm?見物人ともども大騒ぎだったとか?
空気を吸わせて、抜くか迷って躊躇した僅かな瞬間に糸切れ!
06がぶち切られた?いやぁ・・・残念でした。

十字峡の常連さんに聞けば、今年は猛暑のせいで水温が高いとの事。
渓魚は三国湖の深場に潜って今だ遡上は始まって居ないとの事でした。
水温が高いと上ではなくて下の湖の深場に潜る。
この前聞いた話と同じ事を、この釣り人も言っておりました。

新潟くんだりまで来て、ハヤしか釣れず竿まで折りました。
笑っていただければ幸いです(-∀ー#)

まぁ、来年も行こうと思いますが。
遡上のタイミングが合えば最高なはずですのでね。
竿は保障期間なので4k程で済むのが救いでした。

さて、今期の釣りも、後一回!29日出撃の予定です。
今度こそ?乞うご期待!

(期待はしなくて良いですが)