2010年3月27日土曜日

まだまだイケるぜ!多摩川

釣果・・・29cmヒレピンヤマメ、ニジマス35cm  (*^ー゚)b


( ゚∀゚)ノィョ―ゥ Tetsuですけど、みなさん釣れてますか??
春かと思うと冬に逆戻りな今日この頃ですが。
こんなんじゃあ、釣果思わしくないし最悪はボーズ何てことも・・・
しかし、行かないと釣れるものも釣れませんぜ
頑張って行きましょう!大物取りましょうよ!!
 (,,゚Д゚) ガンガレ!

まぁ、そんなオイラですが、未だに満足に携帯の使い方が分かりません。
SH-03Bなるこの機種、まだまだ使いこなすのに時間がかかりそうですねぇ。
PC自作して設定してるほうが楽なんですが・・・
携帯厨は、ある意味尊敬してしまいますね。

さて、今週は今日の土曜が休みで、明日は出勤当直なんですな。
よって釣りも半日で攻められる場所、多摩川でも下流部に行ってみようかと。
わが師清翁が前回単独でアタックした、釜の淵に2年ぶりに出撃してみました。

5時半前に川原に立ちます、流石にまだ釣り人は誰も居ません。
手前の大石の淀みやら淵やら、魚のいそうな場所は攻め放題なんですが・・・
やはり、公園から降りて直ぐに有るこの大場所、誰もが一回は竿を出すんだろうなぁ・・・
魚もスレスレなんでしょうか?生体反応有無しであります。

ってか、やっぱり餌が悪いんだろう、それは重々承知してますが。
既に成魚上がりもブドウ虫では騙せなくなってきたのかも。
ヒラタとか黒川をちゃんと取らなきゃ駄目なんだろう、本当は。
分かっちゃいるけど・・・
この辺がナンチャって釣り師たる所以ではありますが。  ノ(´д`*)
せめて魚卵だけは、使わないようにしてるんですがね。

明日はまた放流日、簡単に騙せる魚が沢山放たれます。
しかし、その80%は当日時に釣り切られてしまうのでしょう。
多摩川の放流日は解禁日宜しく、お祭り騒ぎなのです。

しかし我が師匠、こんな状況でもブドウ虫で2つ上げたそうですよ。
いったい何処で採ったのさ?
何処に溜まってるのか良く分からんとか言ってたくせに。

今度は俺が・・・          何処に溜まってるのか(  ′∇ソ ヨーワカラン

さて、鮎美橋まで下りながら竿を出すも、全然駄目。
今度は上るかと、竿を畳んでいると後ろから声を掛けられた。
漁協オジサン登場♪
多摩川で鑑札の提示を求められたのは、ここ数年無かったからなぁ・・・
ってか、背中に下がってるんですがね。
オジサン曰く『明日は一杯放すからねぇ~明日も来なよ~』との事ですが

明日は仕事なんで今日来てるんですよ(#゚Д゚) プンスコ!

柳淵橋を渡り、左岸に出る。
こっちには先行者がいて、竿を出してるだけど、やっぱりアタリはないみたいです。
ちなみに、餌はヒラタを使ってるようでしたが・・・
ってヒラタ使っても駄目なのかよ!
んじゃ俺なんか出る幕無いじゃんか!!

ところがどっこい、このあと奇跡が起こるのでありますよ  エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
このポイント、申し訳無いけど詳細は伏せますです。
仮にマル秘ポイントとでも、しましょうか。

何やら人もめったに来そうにない大場所に出くわした。
オイラの主観ではありますが、凄く雰囲気があるんですよ。
と言うか何と言うか、とにかく第六感みたいな感じがして竿を出した。

早く深い流れが、壁にぶつかり沿いながら、穏やかな流れになっていく。
03の通し仕掛けに3B3つを数珠打ち、針はカツイチの「ヤマメ半スレひねり」8号
ちょっとやそっとじゃ切れないこの仕掛け、まさか使い切るとは思わなかった!

底波にしっかり入り、表層の流れよりゆっくり流れる目印が一気に消しこんだ!!


キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

一気に下るこの魚、太い流れも手伝ってスーパーゲームLSMH95が曲がる曲がる!
前回、前々回の魚より段違いな力のこの魚、盛期のそれと変わらないじゃないか?
下竿にしながら一緒に下る、これはそう・・・神様『細山長司さん』ではないか?
これって、今年のシマノの渓流DVDに出ていた細山さんに似てない??
まぁ、魚の質は全然違いますがね
そう思えるくらい竿が曲がりましたよ、イナシましたよ、走りましたよ。
ズームアップして取り込むも、重いこの魚、シャガミこんでやっとタモに収まった!

幅広で体高が既に盛期それと変わりませんが (・∀・)チゴイネ!
自分にビックリしてますけど・・・

ってかこれ尺ある?もしかして・・・久しぶりにメジャーを当てて更にΣ(゚Д゚;エーッ! 
29cm!!あと1cmヽ(`Д´)ノクレヨ
まぁ良いっすよ、この魚、間違いなくメモリアルフィッシュでありますのでね。
まさに多摩川本流ヤマメ、多摩尺でないのが少しだけ残念でした。
贅沢言っちゃーいけませんね。

さて、ここで休憩、っていうか、かなりドキドキしてるんで間を空けます。
やっと覚えた携帯からtwitterで呟いてみたり、オシッコしたり?

それも一段落し、また同じ流れを流すと直ぐに( ゚д゚)ビンゴー!!

が、しかし!糸が切れちゃった  ヽ(・ェ・`)ノ
ガン玉で傷ついたのか(一応ゴム張りなんだけど)ファッと糸が風に舞ってるし。
今のは一体なんなのか・・・
さっきの泣き尺がかかった場所と同じ所で来た?
溜まってる場所、魚が着き易い場所なのであろうか・・・
とにかく針を結びなおして、再度同じ流れを流してみる。

しばらくの沈黙の後、またまた目印が一気に消しこんだ!!

( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━

さっきよりでかい?・・・気のせいでない??
何しろ重い、最初はじっとして動かない、そのうち走り出した!
これはそう桂川のアレに似てる???
底から上がってこないのよ、なんか川茂チックというか・・・
そのうち魚体の見えない目印が上流に向かって走り出した!
これはもしかして・・・



ご想像の通りなニジマスですが・・・ (-Д-) ヤマメじゃないですけどね。
ただし、この魚、35cmを楽に超えてますけど・・・
成魚上がりなんだろうけど、ルアーやらに掛かった後も無い結構綺麗な魚体。
そういえば去年の夏の話、軍畑大橋の下で50cmは有ろうかというニジマスの死体を見つけた事があった。
こんなのが、まだこの川には居るんだなぁ・・・と感動したのを思い出した。
この魚も、あんな風になれるのか?

ここで風も強くなり、当たりもぱったり無くなった。
それより何より11時、白丸ダム放水時間が迫ってきた。
このマル秘ポイント、脱出ルート不明なんであります。
最悪「取り残され」なんて事態になったら、洒落にならないし。
そそくさと竿を畳んで、来たルートを引き返しましたとさ。



大満足な釣果に、思わずニンマリ。
下手なカメラマンの撮影大会も無事終了、2匹ともリリースしました。

もっとデカクなって、また遊んでくれよな
それまでは釣られないで( ゚д゚)ホスィ…
無理かな  |ι´Д`|っ

しかしこの多摩川、まだまだイケてますね~
そりゃ昔に比べれば魚の数も減ったんでしょうが・・・
こんな固体も、しっかり残ってました。
この川、大事に大切にしなきゃですね。

多摩川LOVEですよ。

おしまい

2 件のコメント:

  1. 『興味ある方』なんで こっそり教えて下されw

    返信削除
  2. 鯉ではなくて鱒類ですがよろしいですか?
    って、四の五の言ってないで今度行くぞ!

    返信削除