2010年6月13日日曜日

6/12 二匹目のドジョウもといヤマメを狙いに 丹波川

釣果・・・ヤマメ7寸1匹 他チビ入れ食い

|;;・∀・)ノィョゥ  Tetsuですよ、6月ですがみなさん釣りしてますか?
チョッと気分を変えてブログのレイアウト変えてみましたけど、如何でしょうかね?

丹波川、また行っちゃいました、今度は準備周到ですよ。
周到に準備すると、かえって釣れないもんですが・・・
正にそのとおりになってしまいましたよ・・・(´・ω・`)

さて、6月12日の土曜日、またまた行ってしまいました、丹波川です。
大物鯉釣り師と出撃しました。














魚券が無いので朝一に入れません。
前日が出張だったのでピンチョロも確保していません。
(何が用意周到なんだ??)
3時半に大物鯉釣り師を乗せ、4時に高麗川へピンチョロ採り。
採れね~~~~
日中では無いからなのか?時期を外したのか・・・?
20匹弱しか採れませんがな・・・態々寄ったのに・・・
もぉしょうがないね、今日はミミズとブドウ虫で勝負です。

5時半に役場前の民宿『お富さん』着、魚券を買います。
既に6月を割り込んでしまいましたが、思い切って年券を買ってしまった!
少々無謀な感もありますが、4000円と安いので良いでしょう。
上野村なんか年券買わなかった年に大物が撮れて通いすぎた年がありましたが。
それに比べれば、あと4回来ちゃえばチャラですぜ。
大物鯉釣り師はお初なんで日売り件を購入、いざ出陣です。

親川橋から入渓、車が既に数台停まってます。
前回は平日だったからなぁ・・・やっぱ釣り人は多いみたいですね。

さて、準備シリーズ①熊避けの鈴 |´(・)`)ノィョゥ
今年は色々と野生生物に遭遇しています。
川井で鹿とバッティングした時には、正直 (゚Д゚;∬アワワ・・・とビビッてしまいました。
今考えれば鹿で良かった、あれが猪だったら・・・
猿の群れにも遭遇・・・これは車の中だから良かったですが。
「里川で熊鈴?ww」なんて小バカにしていましたが ・・・
今は反省していますヾ(^-^;)

準備シリーズ②ニューロッド シマノ翆幻ZJ6.1
もぉバカですアホです、また買っちゃいましたニューロッド!
この前、師匠との釣行で採れた29cm幅広ヤマメは、正直天平ではきつかった。
小継で6m、できれば抜き調子な竿の必要性を痛感した次第。
必要な時に無ければどうする!?と言う訳で(マジ莫迦)
カードで購入しちゃったんですよ。
まぁね、本当はスパーゲームスペシャルが欲しかったんですよ、今年はね。
それをスーパーゲームライトスペックに格下げしたわけで・・・
最高スペックの竿を諦めて結局そこそこの竿を2本買ってトントン?

しかし釣りは魔性ですな・・・
ほとんど正常な判断ができなくなる・・・
まぁ師匠よりは可愛いもんだ!
と、必死で罪悪感を打ち消そうとしてますが・・・

この翆幻、小継でもかなり胴に乗ります。
尺でも抜けそう!早く勝負してみたいですね。
ちなみにこの翆幻の姉妹竿に翆影というのもありまして
違うのは調子と色合い、値段は同じなんですな。
こちらはタフッテック穂先を採用した先調子な竿であります。
購入前に軽く振りましたが、天平とは全然違う!
こんな先調子なら竿ならもう一本欲しい
天平があるので抜き調子な翆幻にしたわけですよ。
しかしまぁ・・・準備万端だと来ないんですけどね・・・


さて入渓すると、大物鯉釣り師も久しぶりの6mな竿なんで仕掛けを作り出した。
オイラはといえば、この前の天平の仕掛けが健在!
前回の師匠のごとく、相棒が準備してる間に1匹なんてどうよ?
目の前の淵は手をつけずに前回の泣き尺を採った淵へ一直線!
ピンチョロは当てにせず最初からミミズで行きます!!
沈黙・・・やはり駄目なのか・・・



ガツン!

いきなりキタ━━(゚∀゚)━━ヨ


へっ?


力が掛かってない・・・糸切れ??
前回恐れていた天井糸と水中糸の結び目からプッツリ・・・

糸切れキタ━━━━ヽ(・ェ・`)ノ━━━━!!!!

仕掛けが痛んでいたのか、竿が強すぎたのか・・・あるいはその両方か
翆幻のデビューは、ほろ苦いものと成ってしまいました。
悔しいぃぃぃliilぃぃ意思sjms化vj:Σ(・ん・;メ)がjg』ノ(´д`*) m

仕掛けを作り直していると、大物鯉釣り師が釣り下ってくる。
さっきとは立場が逆転だぁアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
まぁしょうがない、じっくり腰を据えて強い仕掛けを作らなければ・・・
焦る気持ちを抑えます。
やっと作り治して、再度トライ!も沈黙のままでした。
ふんっ!今日はこの位で勘弁してやるぜ!!( TДT)

大物の気配はパッタリなくなりましたが、チビが入れ食いであります。
掌サイズ、餌の消耗が激しすぎる!
そんな中大物鯉釣り師が魚篭を提げて上から降りてきた。
何かと思ったら子振りながらイワナ?
俺に見せるために持ってきたそうで・・・ご苦労さんでした。
なんでも上に大淵があって通らずだそうで。
保之瀬まで行ける筈なんだけど・・・それなら今度は俺が行ってみるぜ!



この川、国道よりかなり下、深い谷間で昼尚薄暗いですよ。
夏は涼しくて良いかもだなぁ。
所々に大物の付きそうな淵があります!良い川ですぜ。
しかし今日釣れるのはチビばかり、既に20匹を軽く超えてます。

いかにも大物が居そうな淵?


しかしチビばかり、イワナさんも居ないようです。

そのうち下から釣り人が上がってきた、ちょうど鯉釣り師が言った通らずな大淵のあたりで。
頭を跳ねる?なんだぁ??と思いながらも、確りした身拵えにマナーも良い感じな釣り人。
先を譲って様子を伺いましょう。
と、その釣り人、淵上の崖にへばり付いて進んでいく。
遥か先の上の瀬に降り立った、なるほど・・・こんな感じで行くのかよ・・・
畳んだとは言え、小継ながら竿と魚篭を持っている身、俺にも行けるのか・・・

結局、同じような事を3度やってる間に先ほどの釣り人が引き返してきた。
どうしても通れない淵があるとか・・・この人でも行けないのかよ?
たぶんこの淵  ↓



淵の両脇が切り立っている。
これは無理、ってこれまた引き返すのかよぉ・・・
来た時間の倍かけて戻っていきましたとさ。



結局一番の大物が23cmなヤマメ、鰭も張って幅広な居付きです。
そんで、この竿、かなり強い竿ようです。
上の魚はあっさりと抜き、最低でも25cm以上な魚じゃないと面白くなさそうですぜ。
何とか今年中に、この竿で良い魚を捕りたいもんですが・・・
どんな感じで粘ってくれるのか、今から楽しみです。






1 件のコメント:

  1. レイアウト変わって 何かカッコ良くなりましたねw
    また行きましょう!!

    返信削除