2010年6月20日日曜日

遡上魚の川 丹波川

釣果・・・ヤマメ8寸、チビ  8寸強なハヤ入れ食い 泣き尺 アロワナ ハス ヽ(;´Д`)ノ

ドウモ( ・∀・)っ  Tetsuですよ、ついに入梅、蒸し暑い日が続いておりますが
みなさんお元気でしょうか?

少々遅まきながら丹波川の年券が届きました、これで朝一で入れる!
単発な休みですが気張って出撃してみました、丹波川です。

せっかくなんで、一番乗りを目指して午前2時発、4時前に親川橋着。
誰も居ません、ちょっと怖い・・・実はまた会っちゃったんですよ
熊鈴を一番最初に着けるも、心細いなぁ・・・(゚Д゚;∬

ヘッドランプを点灯して準備も早々に川へ下る急坂を降ります。
何やら水音が大きい?なんて思いながら川に下りてビックリ

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

川通しできないほど増水してますけど・・・
せっかく年券が届いたからと気張って来たのが裏目に出てしまった。
こんな梅雨の合間なら川井上流でも良い魚が採れるのに~
上流へは堰堤までも行けない、下流へは何とか行けるのか?
水が多いなら、それなりのポイントでやって見ますかと、取り合えず竿をだしてみた。
実は、あるジンクスのお陰で今日も釣れない事はないだろうと・・・
結構お気楽であります。

前回師匠がいきなり掛けた良い淵は、荒瀬のブッツケになってるし・・・
水が岩にぶつかる音が半端じゃない(怖い位)
ぎゃくに、その隣の小さな抉れだった所が良さそうな予感・・・
水は笹濁り、ミミズでやってみると・・・

 キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

いきなり来たのは8寸尺な良いヤマメ、同じ淵でさらに6寸なチビを追加!
良いじゃないですか、こんな水量でもビクともしない渓魚に  Σ(´ロ`;)
実はこのヤマメ達の写真はないのですよ・・・
水が多いので、最後にリリースする前に写真を撮れば良いやと魚篭に入れたんだけど・・・

しっかり閉まっていたはずの友バックの口が開いてる

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


ヤマメ・・・逃げてるし


どうせリリースするつもりだったけど、写真くらいは撮りたかった(´・ω・`)ガッカリ・・・

さて気を取り直して、また流してみるとまたキタ━━(゚∀゚)━━ヨ


デカイ!何この色??ここは千曲川かよ!
前回師匠が尺ハヤを掛けたと言ってましたが・・・
ダム差しハヤ?なんて笑っちゃったりしましたが・・・
しっかり自分にも来てしまいました。

師匠、バカにしてヾ(^-^;) ゴメンゴメン

何やらここに魚が溜まっている?ミミズが食いちぎられていきます。
でもヤマメのアタリではないんだよなぁ・・・
と、今度はブッツケの白泡に目印が強引に引き込まれた!

(・∀・)キュンキュン  今度こそキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんかおかしい・・・
ヤマメではないですが・・・茶色い魚体?これは大イワナではないのか!!

翆幻6.1mに天井08、水中糸は04
今年のSHIMANOのプロモーションDVDに出ていた我妻さんよろしく強引に引っこ抜く!

なんだぁ~~~~!?

何ですかこれは・・・アロワナですか?
違います、ハスですよ。しかもでかいですけど・・・


口がへの字に曲がってます。
そもそもこの魚、ハスは鯉科で唯一のフィッシュイーター、魚を食ってドンドンと大きくなる。
ルアーにも頻繁にアタックするとか・・・確かにこの口!この体高?
琵琶湖産鮎の稚魚にまぎれて全国に広がってしまった。
ツイッターのフォロワーさんは、正にここで尺ハスを釣ったとお伺いしましたが・・・
オイラにも来てしまいました。

気が付けば向かいの浅瀬が凄いことに!ハヤの付場になってるじゃないか?
赤い腹をしたハヤが凄い群れ方、正に産卵の真っ最中?
あんなところに流したら偉いことになる (゚Д゚;∬
と、普通に流芯をしてももはや遅かった!


こんなハヤの入れ食い!全て真っ赤!!すべて25cm前後、尺も数匹掛かったし。
ハヤが釣れ出すとヤマメはもぉその場所にいない合図だと言う。
今日は尺ハヤ相手にニューロッド翆幻の売りである抜き調子を堪能いたしましたとさ。
(の´ⅴ`の)プー

丹波川、下に奥多摩湖をしたがえ、色々な魚が遡上します。
ランドロックなサクラ・サツキも通っていれば何時かは採れる筈。
前回はリリースしましたが、今度採れればキープしてみようと思う。
サーモンピンクなその身を堪能してみたい。
そんな気にさせる川でした。

さて冒頭に少し触れましたが、またバッティングしちゃったんですよ

鹿

もぉ多少の事では驚きませんが、今回はその場所に驚愕!
なんと飯能と青梅の境、県道195号線、成木川に沿って走るコーナーなあたり。
長野じゃあるまいし・・・多少の山は在りますが、普通に人里なんですが
しかもデカカッた!古里で出てきた多摩川の鹿より一回りはでかい?
そんなのがバンビ走りでアスファルトを横切っちゃうんだから、もうね
ってか、今年、動物多くね?会い過ぎですが・・・何かの前兆じゃなければ良いのですが。
まぁ、何故かこのアニマル達に合う時は、大漁ではないにしろ釣れちゃうから良いのですが・・・

多摩川下流域では、鮎が絶不調だそうです。
試し釣りで生体反応が無く、潜水調査では魚影・食み後すらないとか。
多摩川フリークとして、かなり心配であります。
多摩川、これからどうなってしまうんですかねぇ・・・

6 件のコメント:

  1. Tetsuさん、こんばんは!

    ついにやりましたね! 奥多摩湖差しの! ハス…(笑)
    写真のハス、への字の口元から泡吹いているではないですか!コイ科では珍しいフィッシュイーター。萬子をポン・チーするのはマンイーター(笑)

    そういえば以前、秩父荒川和銅大橋付近で遡上ヤマメを狙っていた晩春のある日。ザラ瀬に転々と黒い影が。キジを餌に峡9mを一閃。一発ヒット!峡9mを胴まで曲げて抵抗した相手とは…

    40cmオーバーのニゴイでした(笑)

    返信削除
  2. 良型のハヤが入れ食いっすか? すごい状況っすねぇ~
    俺もそんな『非日常的』な場面に出会って見たいものです

    返信削除
  3. こんにちは、
    遅くなりましたが相互リンクさせて頂きました。
    今後とも宜しくお願いします。(^^)/

    返信削除
  4. >川越人さん
    秩父荒川和銅大橋なんてのは長瀞モドリ狙いでしょうか?
    つくづくあなた、只者ではありませんねw
    ニゴイ…御遠慮致しますw

    >大物鯉釣り師殿
    大物鯉釣り師の称号を持つあなた様を差し置いて鯉科の魚を釣ってしまいました。
    本当に申し訳ありませんでした。
    Σ(・ε・;)

    >幻の渓流師様
    こちらこそし^-^)よろしくです。
    めったに大物釣れませんが…

    返信削除
  5. こんばんは!Twitterでお世話になってるsuzie_jpです(^ ^)

    テツさんのblogはホントいつも面白い♪
    ところで、はす・・・・。こんな奴がいるんですかっ、うーん川にはまだまだ私の知らない世界がたくさんありそうです

    返信削除
  6. >シズさん
    アンダーグラウンドな釣りの世界へようこそw
    笑っていただければ幸いです。
    ハスですが、関東で言うヤマベを関西ではハスと言ったそうですよ。
    で、関西の人が琵琶湖に居るハスを見て「さすが琵琶湖や!ハス(ヤマベ)が桁違いにデカイやないか!」と言ったそうな。
    関西ではケタバスと言うそうですよ。
    立派なゲームフィッシュだそうで、インド人もビックリですね。(←なんのこっちゃ)

    返信削除