2010年8月29日日曜日

夏休み第2ラウンド 2日目 8/28 秩父岩魚を求めて

釣果・・・チビ岩魚3匹くらい?( ゚Д゚)  写真なし

( ノ゚Д゚)ヨッ!  Tetsuですよ、下界は暑いですなぁ・・・
今日は流石に家でノンビリなんて考えてますが、暑すぎ(;´ρ`) グッタリ
流石に朝は起きれませんでしたが、起きてしまえばやっぱり山や川に居たいですな。
これはもぉ病気なのかも?

さて、夏休み第2ラウンド2日目はメインイベント奥秩父釣行。
秩父は小鹿野の友人に連れて行ってもらいました。
彼は同業者で、結構長い付き合いな、去年春先に一緒に行ったヒックマンであります。
この男、会社の上司が師匠で、その方は奥秩父屈指の山釣師。
そんな師匠の指導を受けて、今や立派な源流師になっておりました。
いやぁ~逞しいっす。

そんな彼が平川の自称本流師を案内するにあたり、師匠に相談したそうな・・・

ヒックマン 「多摩川本流でやってる人を案内するんだけど、何処が良いっすかね?」
上司          「レベルはさぁ?」
ヒックマン 「釣りはともかく、山岳渓流は少々、源流は皆無だそうです」
上司          「んじゃ、大山沢らへんで良いんじゃねぇの」
ヒックマン 「あぁ~あそこなら道も上にあって楽で良いっすね」

というわけで、ヒックマンの師匠がお勧めしてくれた中津川支流大山沢への釣行となりました。




って、楽なのかよ?あれが!(-∀ー#)

小鹿野のヒックマン宅着午前3時半、そこから彼のランクルで中津川林道大山橋まで1時間少々。
一時間で長野県境かよ!これなら、わざわざ別の場所に行かなくても良いやね。
この中津川林道は、もぉ20年も前に先輩とツーリングで抜けたことがあります。
トンネルの向こうは林道大山沢線、さて出発です。


って、水すくね~~~~
小川じゃないですか?こんなんで釣れるのか??
それが居るんです、バカデカイやつが・・・

ヒックマン、山人です。













小さい流れながらも、所々に淵があり魚信がありますよ。













ヒックマン、こんな場所で!ってところで小さいながらも上げていきます。
オイラにもアタリが!10cm位の岩魚だ!!

上に行くにしたがって、どんどん水が少なくなる。
林道が巻いて離れた先の川は、人の気配がまったく無かった。














ヒックマン、流石山人です。
急な上りや高巻きもなんのその、どんどん行ってオイラを待ってる。
こっちはヒーヒー良いながら着いて行くのがやっとですよ。
しかし彼に言わせれば

「師匠は俺の倍早いですよ」( ´・_・`)

なんでも、人の入らない山奥に隠れ沢を3つも4つも持っているとか?
1時間半山道を歩いてから入渓し、帰りは3時間歩いて降りてくるとか?
一緒に行ったヒックマン、腹の減りすぎで気持ち悪くなって、シャガこんでしまったとか・・・

オイラには無理

さて、この大山沢、ところどころに堰堤があります。
堰堤の下は少々の淵もありますが・・・堰堤の上からの水が妙に少ない。
場所によっては堰堤の下から水が出てますが・・・
上へ巻いてビックリ!

水が無いし・・・


所謂ところの水無し川、伏流水になってしまっているのでした。
堰堤は、コンクリートで固めたものではない木枠をしたような感じの構造の物が多かった。
伏流水になった水は天然のフィルターで濾過されて清冽、冷たい水なのでした。
ヒックマンの師匠曰く

水無しは水量が増えて水が流れても、その区間だけには魚が付かない

なるほ解る気がします。
さて、ここまでの釣果はと言えば

ヒックマン・・・岩魚8寸、7寸、チビ数匹
オイラ・・・チビ3匹

さすがですね、源流岩魚の釣り方です、ちゃんと屈んでアプローチします。
オイラの場合は、自分なりに注意してポイントを覗き込んでも、デカい魚が岩陰に走るのが見えた。
要は魚に見つかってしまったと言うこと、自分なりに注意深く忍び寄ったはずなのに・・・
ヒックマンに言わせれば

「まだまだ甘い」

ごもっともm( __ __ )m

しかし、こんなオイラにもチャンスはありました、それも2回も!














コツンと魚信、チビだろうと軽くあわせると乗った!
デカイ!翆幻が弓なりになって上がってこない、本流と違って泳ぎ疲れてくれない。
淵の底に差して、なかなか上がってこない。
ようやく、口が空気を吸った!タモで掬える場所に移動した瞬間!!

最後の一暴れ!・・・・

外れた(´・ω・`)ショボーン

2回目、今日最大の大場所、ヒックマンがまず8寸を引っ張り出した。
次にオイラ、デカ錘で落ち込みの白泡から流すと目印が止った?
根掛りかぁ・・・とあおってみると、なんとこれが生態反応!!
さっきのよりさらにでかい!
ヒックマンも案内した手前、釣ってもらわねばと見守っております。
今度こそ慎重に・・・強引に抜きもせず、時間をかけて浮かせる。
口がみえた!でかい!!真っ黒!!!
タモを差し出してあと20㎝・・・


工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


またまた最後の一暴れ!外れた!!


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


帰りの林道の長かった事・・・林道終点まで釣り遡ってしまいました。














この林道、現在通行止め工事中であります。
崩落現場は凄いことになってました。















トンネルの向こうに車が・・・やっとの思いで帰ってきた。
朝5時から入って車に帰り着いたのは14時、疲れました(;´ρ`) グッタリ 。

少々時間があるからと、帰りに寄った荒川本流は銛を持って潜ってる連中もいる。
何より、淵に落ち込んだ水の泡が消えないのを見て(´・ω・`)ガッカリ・・・
魚信も皆無で16時過ぎに上がりとなりました。

ヒックマン宅着17時、家到着18時半、クタクタです。
竿の手入れ、ウェーダー、シューズを干して・・・何よりベストが汗臭い!
中身を引っ張り出して洗濯、風呂に入ってビールを飲んだ?
そこから記憶が今朝まで飛んでおりますが・・・

いやぁ~ヒックマン!ありがとうございました。
来春は多摩川本流に御招待しますぜ!


秩父岩魚を手にはできなかったけど、厳しくて楽しい釣りでした。
ヒックマンの釣った魚は通称”秩父赤岩魚”赤い斑点に腹まで赤くゴッツイ岩魚でありました。
丹波の岩魚は、どちらかと言えばアメマス系なのか白い斑点のみ。
岩魚は谷が一つ違うだけで容姿が別物になるとは聴いておりましたが・・・

さて明日は何処に行きましょうか?夏休み最終日。
朝一で白丸バックウォーターかな?全開は7時前だったんでね
5時に入れば・・・と皮算用しておりますが
さてどうなることやら

3 件のコメント:

  1. 貴重な秩父の源流釣行でしたねぇ~
    野生生物には遭遇しなかったのですか?

    返信削除
  2. これはお疲れ様でした。しかし朝早いですな! ワタクシなんぞ全盛期でも4時前起床は絶対無理! …で、現地で車中泊して日が昇って暑くて目覚めるなんて事ばかり。(笑)

    中津川源流域の沢って、森が荒れていて堰堤だらけだったような記憶がありますね。最近は良くなったのかな…?

    返信削除
  3. >大物鯉釣り師殿
    釣りの後に蛇に遭遇しましたぜ、終わって車まで戻っている時に。
    つりの前じゃなきゃ効果無しですな。

    >川越人殿
    オイラは逆に車中泊ができないんですよ、何やら興奮しちゃって。
    森は、崩れてガレ場になっている所が結構あって、堰堤は全て埋まってましたね。
    ただ旧中津川林道は20年前に比べて格段に走りやすくなってました。
    あの頃は少し恐怖を感じましたが・・・

    返信削除