2010年9月26日日曜日

Last2 9/25 三国川十字峡

釣果・・・光輝くボウズ(ハヤのみ)  (;つД`)

|´д`)ノィョゥ Tetsuですよ、本日はとある国家試験で都内へ出動、疲れました。
その後髪を切に行って、ついでに上州屋へ野暮用で・・・
釣りより(;´ρ`)チカレタヨ・・・

そんで昨日、行ってきました新潟は三国川!去年に引き続いての最終遠征です。
試験の前日に、よく行くよ(゚∀゚)
で、最悪でしたが・・・(;゚д゚)ァ....

相棒は師匠、午前2時発、4時半着。
寒い!台風の影響か風が若干ありますよ。














春先と同じ格好、それでも寒かった (((( ;゚Д゚)))
オイラたちは本流をバックウォーターまで下る予定。
支流組の車は既に一杯でした。
去年、土手でコケて竿を折った師匠に、気をつけてwなんて軽口言ったりして。
それが不幸の始まりだったのだが、今は知る由もなかったのだ。

さて、明るくなってきて川に下りると、水量は去年より大目。












水量が多い分、期待が持てますが・・・














寸庭川での釣行が染み付いていて、ガンガン瀬を大錘で流す。
流れきって竿を上げると、何やら掛かってる!デカイ?

って、合わせてないし、アタリが解らなかったから合わせて無いんです。
よって・・・しっかりフックせず、当然の結果・・・

バレ(-∀ー#)

結局、渓魚らしき魚との遭遇はこの一回のみでしたチャンチャン♪
ヽ(;´Д`)ノ

この川は多摩川と違って、大石がかなり沈んでいる。
落差が有り流れが速く、大錘でしか底波を捕らえられないんですよ。
まぁ、自分が未熟なだけなんですがね。
そんで事件発生。
案の定、根掛りで軽く煽ってみた。












ボキッ
┐(´∀`)┌ハイハイ、みなさん御想像の通りですよ。
朝から数投目のできごと( TДT)
師匠に軽口叩いて、自分で折ってりゃ世話無いってね。
スーパーゲームライトスペックHM9.5・・・
シーズン最後にして#2が逝ってしまわれました。

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

予備竿の翡翠本流LPを駆り出して再び川に立つ。
これが全くのアタリ無し、去年は少しはアタッたんだけどなぁ・・・
どんどん釣り下ります。














途中、川通しがヤバそうな場所が数箇所、それでもBWを目指す。
そう、去年の大物がまた居るのではと淡い期待をこめて・・・
去年の三国川遠征でバラした大物へのリベンジのみで、この川にやって来たのだ!

途中で師匠も追いついてきた。

釣果はヤマメとイワナの7寸を1匹ずつで流石ですな。
いったい何が違うのか・・・よく観察してみなければ。
そもそもオイラが大錘で沈める釣り、師匠は軽めな錘でフワフワと浮かせる釣り。
どっちが良いかは、そのときの川の状態で違うようで。
事実オイラの釣り方が当たって、師匠がサッパリ?なんて時もあるわけで・・・

そんな師匠でも、やはり去年より渋いとの事。
水が多いのにどうしちゃったんだろ?

さて、危うい川通しを数回繰り返し何とかBWまでやって来た。














去年の大物へ期待を込めて・・・確かこの辺りだったはず。













どうよ・・・













コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!


ウンともスンとも言いまへんがな  (ノд‐。)
何度やっても駄目、せっかくここまで来たのに・・・














またこれを上るのかよ・・・
途中でやっとアタルも、釣れて来たのは8寸もあるハヤ ヽ(`Д´)ノ
なんともまぁ情け無い結果となりました。

駐車場にあがって着替えようとすると、師匠が面白い釣りをしようと言う。
なんの事かと思いきや、こういう事。














遡上魚は、この滝で必ず停まるそうで、大水が出るまで溜まるらしい。
遡上の始まりの目安になるそうです。
9mの竿に10mの仕掛け、鮎玉のデカイので落とします。
なんでも、師匠はこの方法で40cmのイワナを3匹引っこ抜いたとか?!
4匹目で竿が折れたそうですよ。














確かに上から見えるんですよ、50cmはあろうかという大イワナ!が2匹??
岩のエゴに隠れて出たり入ったり・・・ポイントに上手く流れないんだ、これが。
大岩の影で水流が遅くなってようで、表層の速い流れで餌は魚の上を素通りですな。
これでは駄目ですね。

師匠がやってる間に車で着替えて戻ると事件が!
なんと師匠、白泡の中に落とすと、ゴンゴンと凄いアタリが来た?!
掛かった!目測でも40cm?見物人ともども大騒ぎだったとか?
空気を吸わせて、抜くか迷って躊躇した僅かな瞬間に糸切れ!
06がぶち切られた?いやぁ・・・残念でした。

十字峡の常連さんに聞けば、今年は猛暑のせいで水温が高いとの事。
渓魚は三国湖の深場に潜って今だ遡上は始まって居ないとの事でした。
水温が高いと上ではなくて下の湖の深場に潜る。
この前聞いた話と同じ事を、この釣り人も言っておりました。

新潟くんだりまで来て、ハヤしか釣れず竿まで折りました。
笑っていただければ幸いです(-∀ー#)

まぁ、来年も行こうと思いますが。
遡上のタイミングが合えば最高なはずですのでね。
竿は保障期間なので4k程で済むのが救いでした。

さて、今期の釣りも、後一回!29日出撃の予定です。
今度こそ?乞うご期待!

(期待はしなくて良いですが)

4 件のコメント:

  1. |´д`)ノィョゥ 川越人ですよ。

    禁漁直前、最後の悪あがきですな! ここはタイミングが合えば40cmオーバーの遡上イワナが狙えるのでしょうか?春先には魚野川本流でも特大イワナが出るそうで、さすが鮭も遡上する魚野川水系ですな!

    ラストチャンスは何処へ? 

    私なら丹波川行っちゃうな…

    返信削除
  2. どうも~
    来期は是非是非御一緒しましょう!

    三国川は遡上岩魚とサクラ鱒が狙える川だそうですよ。
    タイミングが合えば大物と楽しいやり取りができるとか?
    事実去年少しだけドキドキする体験がありましたよ。

    2ch釣り板奥多摩スレにて奥多摩上流で爆釣の書き込みがありました。
    どうやら多摩川では遡上が始まったようですよ。
    遡上魚は一種の賭けですね、大当たりかスカのどちらかしかないわけで。
    オイラはヘタレなんで居付きでも狙おうかと…

    返信削除
  3. マジっすか? 折っちゃったっすか?
    まぁ 保障期間内で対応出来る様で何よりでしたね!!
    それにしてもリベンジが叶わなかったって方が大きいっすよね
    もしかして野生生物に遭遇出来なかったのが原因では?w
    それにしても師匠は惜しかったねぇ~

    返信削除
  4. >大物鯉釣り師殿
    竿折君と読んでください。
    明日、最終出撃です。
    その後は去年のごとく、ニジマス&大勝軒で行きましょう!

    返信削除