2010年6月27日日曜日

良いアマゴだぁ! 6/26(土)丹波川

釣果・・・8寸アマゴ!35cm極太ニジマス

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ  Tetsuですが、すっかり梅雨入りしてますけど。
蒸し暑い中、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
水分沢山とってくださいよ、男も女もね。

さて昨日は久しぶりな土休でしかも連休なんで当然出撃しました、丹波川です。
たまには青梅下流域でもとも考えましたが、まだ鮎師の居ない丹波川に決定。
午前1時半に目覚ましをセットしましたが、寝苦しくて中々寝付けない。
ウトウトしながらハッとして時計を見てビックリ!

3時半・・・( ゚∀℃( `Д´)マヂデスカ!?

4時に到着してるはずが、4時出発になってしまった(´・ω・`)ショボーン


途中の7-11、朝焼けで空が赤い。
今日は早いうちから雨が降るんだろう・・・
出遅れてしまったものはしょうがないので、白んで来た街中を周りを見ながら走る。
と、ここでまたアニマルに遭遇、奥多摩湖脇で”猿の軍団”に出くわした。
車を止めてカメラを出そうとしたら睨まれて奇声を発してくる。
しかし!ジンクスですよ。
今日は釣れたも同然?まぁやってみなけりゃ解りませんが期待してみますか。

5時半に親川橋に到着、既に車は2台・・・
そうだよね、遅いよね (((´・ω・`)カックン
気を取り直して、本流への降り口ではなくて後山川(子川)方面の降り口に車を止めた。
この子川、林道で少し昇ってから入渓するらしいが・・・
前回、師匠と平日釣行した時には1台停まっていた。
こっからでも少しは釣りになるのか?
幸い先行者無し?それでは行ってみましょうか。

川に下りてすぐ堰堤、魚は居そうだけどチビしか出てこない。
奥多摩湖からの大物が、この川にも差すと何かで読んだ気がしたんだけど・・・
いきなり目の前にコイツが現れた!


キタ━━━━ヽ(・ェ・`)ノ━━━━!!!!


魚道も無い?高巻き後も無い??この川、完全に分断されてるじゃん・・・
これじゃぁ大物は差さないでしょう。
前回居た釣り人は、堰堤下でも探って帰ったのかな?
チビしか出ないので、早々に切り上げました。
 
さて今度はどうしようか・・・
そういえば今日は土曜日、丹波川は放流日なはず。
となれば役場下は大混雑必至、保之瀬も確か放流ポイントのはず。
それなら保之瀬から可能な限り釣り下ってみましょうか?
保之瀬は漁協のオジサンがいて、釣り券を見せろと寄ってきた。
まぁこっちも新参ものなんで、素直にしたがって、かつ色々と情報を引き出す。
普段人見知りなオイラですが、口先三寸な営業スマイルに百面相してます。
(怪物君顔負けですな)
 
丹波川の放流は結構イイ加減らしい。
役場上に結構釣り人が居れば全てそっちに放しちゃうって、マジかよ?Σ(・ε・;) 
そんで今日はといえば、まさに保之瀬分が上に放されて、こっちは無し?
漁協のオジサン、放流する車を待ってるけど来ない!と言っておりました。
確かにね。
役場上の管理釣り場のような様相に比べ、ここ保之瀬は知る人ぞ知る場所。
国道から細い道をかなり降りないと来れない。
まぁ、ターゲットは成魚放流物目当てでは無くて、準ネイティブ?な分けでして。
オジサンとの楽しいお話も、早々に切り上げて釣り下ってみました。
 
親川から保之瀬まで釣り上れるとは聞いていますが、俺には ホント o(゚Д゚)っ ムーリ!
1日コースだとか・・・身の程知らずでゴメンなさいでした。
そんで下ってビックリ、ポイントの連続ですよ、そこらじゅうから魚が出て来そう?
そのうち空からポツポツと来やがった。
ノンビリやってたら最悪増水?で帰れなくなる??
良いポイントをじっくり責められないのは残念だけど広く浅く、どんどん釣り下る。
チビメと、でかいハヤの連続、ミミズがヤバイ!
ハヤは放流しないので、この魚が沢山居るという事は、その川が豊かな証なのです。
 
淵やら落ち込み脇やら、緩い所では7寸以上のハヤが入れ食い。
瀬を流すと今度はチビメの猛攻、ターゲットは一体何処よ??
 
と、岩盤が抉れて深くなっている瀬に流してみた。
 
 
 
 
イョ━━━━━━(=゚ω゚=)━━━━━━!!
 
 
 

良いアマゴだぁ
( ↑ シマノインストラクター我妻 さんが翆幻で幅広尺ヤマメ を抜いた時風)

ヤマメだと思ったらアマゴ!24cmなヒレピンピンじゃんか!!
一気に抜けちゃったんで、そんなに大きくないと思ったら、そうでもない。
どうやらニューロッド”翆幻”のお陰らしい事を実感したのはこの後だった。

さて丹波川のアマゴですが、この川の漁協はヤマメを放流してます。
よってこの川のイワナ・アマゴは準ネイティブ以上な魚なのですよ。
そもそもこの川はアマゴの川でした。
今でも一之瀬あたりで自然繁殖しているのではないかと。
前回、師匠も良い型のアマゴを採ってましたが。
個体数は少なくても確実に居るようです。
運が良ければ、わざわざ釜無まで行かなくても、この川でアマゴ逢える!
そう言うこってすよ。
最近、ゾーニングだの何だのと、難しい問題も有るようですが・・・
良い魚が釣れる分には、何の文句も言わない私です。
(ただの釣りバカ(゚∀゚)です)

空がどんどん曇ってきて、雨粒は大きくなったり小さくなったり。
引き返そうと思いつつ、一つの淵を攻めてその先に行くと、また新たな淵が顔を出す。
帰えれないじゃん・・・
1kmも下ったのか?結構な大場所に出くわす。
餌も少なくなって、巻き道も定かでなく、引き返す決心がやっとできた。
ミミズがもったいないのでブドウ虫でやってみた。
コツコツと小さなアタリにハヤだろうと軽く合わせると乗った!
へ!でかい?でかいじゃんか!?
対岸に走っていくのはヤマメではないのか??
っと、ここで底バレ ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
ハヤと思って軽合わせしたのが(´Д⊂ モウダメポ
迂闊だった・・・
久しぶり、いやこの竿では初めての大物だったのにぃ~~~~

まぁしょうがない、悪いのは自分だしね。
引き返す前に貴重なミミズ、しかもゴ太いやつをチョン掛けでいきます。
ウニョウニョしてますけど・・・もっとウニョウニョして魚に化けろと願を掛ける。
さっきはブドウ虫だったんで上手く行けば掛かるかも。
でも掛かったらヤマメではないか・・・
どうよ・・・



キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


作戦通り?またまた来ちゃいましたぁ。
今度はオーバーなくらい確りフッキング完了!
04通しで針は7.5号半スレヒネリ、チョッとやそっとじゃ切れないですよ。
と言いつつこの魚、先ほどと同じで対岸へ走った。
が、今度は切れない、外れない!!。
ぐっとタメを作って堪える
(はぁ~天平じゃこんなマネできないし、買ってよかったぁ)
竿が伸されはしないけど限界近くまで曲がってます、しかしまだ余裕あるのかも?
段々浮いてきた・・・頭振ってるけど(ヤマメ!?)ジャンプもするしヽ(;´Д`)ノ



ニジマスですよ (゚∀゚)

少々鰭丸ですが・・・35cm でっぷり太ってますけど。
ヤマメじゃないのは少々残念ですが、まぁ良しとしましょうか。

そのうち谷に沿って冷たい風が吹いてきて木の葉が舞い出した。
一目散に車まで上って本日は終了としました。
(実は帰りがけに少々親川に寄ったんだけどダメ)

猿軍団に遭遇したお陰で、今日も何とか釣れました。


そうそう、丹波川にもブヨが出るようです、一箇所刺されました。
昨日より今日が辛いですよ、もぉ痛痒くてたまりませんけど。
今度は桂よろしくブヨ対策もしなきゃ駄目みたいです。

2010年6月20日日曜日

遡上魚の川 丹波川

釣果・・・ヤマメ8寸、チビ  8寸強なハヤ入れ食い 泣き尺 アロワナ ハス ヽ(;´Д`)ノ

ドウモ( ・∀・)っ  Tetsuですよ、ついに入梅、蒸し暑い日が続いておりますが
みなさんお元気でしょうか?

少々遅まきながら丹波川の年券が届きました、これで朝一で入れる!
単発な休みですが気張って出撃してみました、丹波川です。

せっかくなんで、一番乗りを目指して午前2時発、4時前に親川橋着。
誰も居ません、ちょっと怖い・・・実はまた会っちゃったんですよ
熊鈴を一番最初に着けるも、心細いなぁ・・・(゚Д゚;∬

ヘッドランプを点灯して準備も早々に川へ下る急坂を降ります。
何やら水音が大きい?なんて思いながら川に下りてビックリ

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

川通しできないほど増水してますけど・・・
せっかく年券が届いたからと気張って来たのが裏目に出てしまった。
こんな梅雨の合間なら川井上流でも良い魚が採れるのに~
上流へは堰堤までも行けない、下流へは何とか行けるのか?
水が多いなら、それなりのポイントでやって見ますかと、取り合えず竿をだしてみた。
実は、あるジンクスのお陰で今日も釣れない事はないだろうと・・・
結構お気楽であります。

前回師匠がいきなり掛けた良い淵は、荒瀬のブッツケになってるし・・・
水が岩にぶつかる音が半端じゃない(怖い位)
ぎゃくに、その隣の小さな抉れだった所が良さそうな予感・・・
水は笹濁り、ミミズでやってみると・・・

 キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

いきなり来たのは8寸尺な良いヤマメ、同じ淵でさらに6寸なチビを追加!
良いじゃないですか、こんな水量でもビクともしない渓魚に  Σ(´ロ`;)
実はこのヤマメ達の写真はないのですよ・・・
水が多いので、最後にリリースする前に写真を撮れば良いやと魚篭に入れたんだけど・・・

しっかり閉まっていたはずの友バックの口が開いてる

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


ヤマメ・・・逃げてるし


どうせリリースするつもりだったけど、写真くらいは撮りたかった(´・ω・`)ガッカリ・・・

さて気を取り直して、また流してみるとまたキタ━━(゚∀゚)━━ヨ


デカイ!何この色??ここは千曲川かよ!
前回師匠が尺ハヤを掛けたと言ってましたが・・・
ダム差しハヤ?なんて笑っちゃったりしましたが・・・
しっかり自分にも来てしまいました。

師匠、バカにしてヾ(^-^;) ゴメンゴメン

何やらここに魚が溜まっている?ミミズが食いちぎられていきます。
でもヤマメのアタリではないんだよなぁ・・・
と、今度はブッツケの白泡に目印が強引に引き込まれた!

(・∀・)キュンキュン  今度こそキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんかおかしい・・・
ヤマメではないですが・・・茶色い魚体?これは大イワナではないのか!!

翆幻6.1mに天井08、水中糸は04
今年のSHIMANOのプロモーションDVDに出ていた我妻さんよろしく強引に引っこ抜く!

なんだぁ~~~~!?

何ですかこれは・・・アロワナですか?
違います、ハスですよ。しかもでかいですけど・・・


口がへの字に曲がってます。
そもそもこの魚、ハスは鯉科で唯一のフィッシュイーター、魚を食ってドンドンと大きくなる。
ルアーにも頻繁にアタックするとか・・・確かにこの口!この体高?
琵琶湖産鮎の稚魚にまぎれて全国に広がってしまった。
ツイッターのフォロワーさんは、正にここで尺ハスを釣ったとお伺いしましたが・・・
オイラにも来てしまいました。

気が付けば向かいの浅瀬が凄いことに!ハヤの付場になってるじゃないか?
赤い腹をしたハヤが凄い群れ方、正に産卵の真っ最中?
あんなところに流したら偉いことになる (゚Д゚;∬
と、普通に流芯をしてももはや遅かった!


こんなハヤの入れ食い!全て真っ赤!!すべて25cm前後、尺も数匹掛かったし。
ハヤが釣れ出すとヤマメはもぉその場所にいない合図だと言う。
今日は尺ハヤ相手にニューロッド翆幻の売りである抜き調子を堪能いたしましたとさ。
(の´ⅴ`の)プー

丹波川、下に奥多摩湖をしたがえ、色々な魚が遡上します。
ランドロックなサクラ・サツキも通っていれば何時かは採れる筈。
前回はリリースしましたが、今度採れればキープしてみようと思う。
サーモンピンクなその身を堪能してみたい。
そんな気にさせる川でした。

さて冒頭に少し触れましたが、またバッティングしちゃったんですよ

鹿

もぉ多少の事では驚きませんが、今回はその場所に驚愕!
なんと飯能と青梅の境、県道195号線、成木川に沿って走るコーナーなあたり。
長野じゃあるまいし・・・多少の山は在りますが、普通に人里なんですが
しかもデカカッた!古里で出てきた多摩川の鹿より一回りはでかい?
そんなのがバンビ走りでアスファルトを横切っちゃうんだから、もうね
ってか、今年、動物多くね?会い過ぎですが・・・何かの前兆じゃなければ良いのですが。
まぁ、何故かこのアニマル達に合う時は、大漁ではないにしろ釣れちゃうから良いのですが・・・

多摩川下流域では、鮎が絶不調だそうです。
試し釣りで生体反応が無く、潜水調査では魚影・食み後すらないとか。
多摩川フリークとして、かなり心配であります。
多摩川、これからどうなってしまうんですかねぇ・・・

2010年6月13日日曜日

6/12 二匹目のドジョウもといヤマメを狙いに 丹波川

釣果・・・ヤマメ7寸1匹 他チビ入れ食い

|;;・∀・)ノィョゥ  Tetsuですよ、6月ですがみなさん釣りしてますか?
チョッと気分を変えてブログのレイアウト変えてみましたけど、如何でしょうかね?

丹波川、また行っちゃいました、今度は準備周到ですよ。
周到に準備すると、かえって釣れないもんですが・・・
正にそのとおりになってしまいましたよ・・・(´・ω・`)

さて、6月12日の土曜日、またまた行ってしまいました、丹波川です。
大物鯉釣り師と出撃しました。














魚券が無いので朝一に入れません。
前日が出張だったのでピンチョロも確保していません。
(何が用意周到なんだ??)
3時半に大物鯉釣り師を乗せ、4時に高麗川へピンチョロ採り。
採れね~~~~
日中では無いからなのか?時期を外したのか・・・?
20匹弱しか採れませんがな・・・態々寄ったのに・・・
もぉしょうがないね、今日はミミズとブドウ虫で勝負です。

5時半に役場前の民宿『お富さん』着、魚券を買います。
既に6月を割り込んでしまいましたが、思い切って年券を買ってしまった!
少々無謀な感もありますが、4000円と安いので良いでしょう。
上野村なんか年券買わなかった年に大物が撮れて通いすぎた年がありましたが。
それに比べれば、あと4回来ちゃえばチャラですぜ。
大物鯉釣り師はお初なんで日売り件を購入、いざ出陣です。

親川橋から入渓、車が既に数台停まってます。
前回は平日だったからなぁ・・・やっぱ釣り人は多いみたいですね。

さて、準備シリーズ①熊避けの鈴 |´(・)`)ノィョゥ
今年は色々と野生生物に遭遇しています。
川井で鹿とバッティングした時には、正直 (゚Д゚;∬アワワ・・・とビビッてしまいました。
今考えれば鹿で良かった、あれが猪だったら・・・
猿の群れにも遭遇・・・これは車の中だから良かったですが。
「里川で熊鈴?ww」なんて小バカにしていましたが ・・・
今は反省していますヾ(^-^;)

準備シリーズ②ニューロッド シマノ翆幻ZJ6.1
もぉバカですアホです、また買っちゃいましたニューロッド!
この前、師匠との釣行で採れた29cm幅広ヤマメは、正直天平ではきつかった。
小継で6m、できれば抜き調子な竿の必要性を痛感した次第。
必要な時に無ければどうする!?と言う訳で(マジ莫迦)
カードで購入しちゃったんですよ。
まぁね、本当はスパーゲームスペシャルが欲しかったんですよ、今年はね。
それをスーパーゲームライトスペックに格下げしたわけで・・・
最高スペックの竿を諦めて結局そこそこの竿を2本買ってトントン?

しかし釣りは魔性ですな・・・
ほとんど正常な判断ができなくなる・・・
まぁ師匠よりは可愛いもんだ!
と、必死で罪悪感を打ち消そうとしてますが・・・

この翆幻、小継でもかなり胴に乗ります。
尺でも抜けそう!早く勝負してみたいですね。
ちなみにこの翆幻の姉妹竿に翆影というのもありまして
違うのは調子と色合い、値段は同じなんですな。
こちらはタフッテック穂先を採用した先調子な竿であります。
購入前に軽く振りましたが、天平とは全然違う!
こんな先調子なら竿ならもう一本欲しい
天平があるので抜き調子な翆幻にしたわけですよ。
しかしまぁ・・・準備万端だと来ないんですけどね・・・


さて入渓すると、大物鯉釣り師も久しぶりの6mな竿なんで仕掛けを作り出した。
オイラはといえば、この前の天平の仕掛けが健在!
前回の師匠のごとく、相棒が準備してる間に1匹なんてどうよ?
目の前の淵は手をつけずに前回の泣き尺を採った淵へ一直線!
ピンチョロは当てにせず最初からミミズで行きます!!
沈黙・・・やはり駄目なのか・・・



ガツン!

いきなりキタ━━(゚∀゚)━━ヨ


へっ?


力が掛かってない・・・糸切れ??
前回恐れていた天井糸と水中糸の結び目からプッツリ・・・

糸切れキタ━━━━ヽ(・ェ・`)ノ━━━━!!!!

仕掛けが痛んでいたのか、竿が強すぎたのか・・・あるいはその両方か
翆幻のデビューは、ほろ苦いものと成ってしまいました。
悔しいぃぃぃliilぃぃ意思sjms化vj:Σ(・ん・;メ)がjg』ノ(´д`*) m

仕掛けを作り直していると、大物鯉釣り師が釣り下ってくる。
さっきとは立場が逆転だぁアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
まぁしょうがない、じっくり腰を据えて強い仕掛けを作らなければ・・・
焦る気持ちを抑えます。
やっと作り治して、再度トライ!も沈黙のままでした。
ふんっ!今日はこの位で勘弁してやるぜ!!( TДT)

大物の気配はパッタリなくなりましたが、チビが入れ食いであります。
掌サイズ、餌の消耗が激しすぎる!
そんな中大物鯉釣り師が魚篭を提げて上から降りてきた。
何かと思ったら子振りながらイワナ?
俺に見せるために持ってきたそうで・・・ご苦労さんでした。
なんでも上に大淵があって通らずだそうで。
保之瀬まで行ける筈なんだけど・・・それなら今度は俺が行ってみるぜ!



この川、国道よりかなり下、深い谷間で昼尚薄暗いですよ。
夏は涼しくて良いかもだなぁ。
所々に大物の付きそうな淵があります!良い川ですぜ。
しかし今日釣れるのはチビばかり、既に20匹を軽く超えてます。

いかにも大物が居そうな淵?


しかしチビばかり、イワナさんも居ないようです。

そのうち下から釣り人が上がってきた、ちょうど鯉釣り師が言った通らずな大淵のあたりで。
頭を跳ねる?なんだぁ??と思いながらも、確りした身拵えにマナーも良い感じな釣り人。
先を譲って様子を伺いましょう。
と、その釣り人、淵上の崖にへばり付いて進んでいく。
遥か先の上の瀬に降り立った、なるほど・・・こんな感じで行くのかよ・・・
畳んだとは言え、小継ながら竿と魚篭を持っている身、俺にも行けるのか・・・

結局、同じような事を3度やってる間に先ほどの釣り人が引き返してきた。
どうしても通れない淵があるとか・・・この人でも行けないのかよ?
たぶんこの淵  ↓



淵の両脇が切り立っている。
これは無理、ってこれまた引き返すのかよぉ・・・
来た時間の倍かけて戻っていきましたとさ。



結局一番の大物が23cmなヤマメ、鰭も張って幅広な居付きです。
そんで、この竿、かなり強い竿ようです。
上の魚はあっさりと抜き、最低でも25cm以上な魚じゃないと面白くなさそうですぜ。
何とか今年中に、この竿で良い魚を捕りたいもんですが・・・
どんな感じで粘ってくれるのか、今から楽しみです。






2010年6月6日日曜日

緊急特番!鮎師あふれる多摩川に謎の野生生物を見た!!(゚∀゚)

釣果・・・(´ー`)チラネーヨ

( ノ゚Д゚)ヨッ! Tetsuですが、今日は釣行記は中止し緊急特番に変更いたします。

多摩川川井、午前4時。
今日は多摩川鮎の解禁日、駐車場は鮎師で溢れんばかり。
日が昇らないと釣れないはずの鮎ですが・・・
渓流師はワタシ一人だけ、サッサと着替えて水香園を目指します。
鮎師はきっと堰堤の下流に行くはず、よって上流を目指すわけです。

前回来た時は、良い魚が採れました。
昨日採ったピンチョロがあるので今日も良いだろう・・・

が、しかし!甘すぎた!!Σ(・∀・;)

流石に多摩川、いつも良い顔はしてくれませんぜ。
アタリは頻繁、しかしピンチョロはチビに化けまくり。
ほぼ全て採られてしまった。(;゚д゚)ァ...
既に6時・・・

後ろを気にしますが、誰も来ない。
堰堤上流は鮎師も来ないが、魚もコネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!

日が昇って暑くなってきた (;´ρ`) グッタリ
 

ホントに誰も来ない・・・
国道を走る車の音以外は水の音しかしません。
多摩川にもこんな場所があるのですよ。
ちなみに堰堤下はといえば・・・

























鮎師でゴッタ返し、おまけにキャンプ場にはBBQERが溢れかえってました。

結局、万世橋下まで行って折り返す事に。
しかし今日は水が増える気配が無い・・・
っていうか、駐車場から降りて直ぐの川通しで既に水が多かった。
今ググッてみましたが、やはり多かったんだ・・・

”また明日は多摩川第三発電所系統単独運転に伴い、開場時(7時)より観光放水並の流量(毎秒5t)となりますのでご承知ください。”

奥多摩FCのHPにアップされてた情報、今頃気がつきましたorz

万世橋下の落ち込みで仕掛けを切ってしまった。
作り直していると、何やら上の方からガサガサと音がした。
上で木でも切り倒してるのかな?なんて感じで気にも留めなかったのですが・・・
距離にして20m、いきなりそいつは現れた!
そういえば、ここは前に野犬に遭遇した場所だった。
二匹に付回され、うち一匹は黒くてデカくて涎ダラダラで、かなりビビリましたが・・・
今、目の前に居るヤツは更にデカい!
しかし尻が白い?角生えてますけど ・・・セントクンですか?






















工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


鹿・・・



なんだぁ~~~
向こうも固まったけど、こっちもガチガチのフリーズですよ。
10秒ほど睨めっこ、っていうか動けない!
ハッとしてカメラを取り出すと、ヤツは淵に向かって走っていった。


デジタルズーム!
淵で溺れ気味になりながらも、下って行く。

ってか、逃げてるのか。


ってか、向こうも怖かったんだろうね 、オイラもかなり怖かったですが(^∀^ヾ|

奥多摩といっても日原の奥ではなくて、青梅との境より少しばかり上の川井なんですが
・・・
ツイッターのフォロワーさんに、奥多摩在住の方が居らしゃるのですが。
その方の話によれば、この万世橋付近は鹿の通り道になってるとの事。
夜な夜なピーピー鳴いてるそうです。

多摩川・・・恐るべし(((( ;゚д゚)))アワワワワ

ってか、全然謎では無いじゃん(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ



今日はこんだけΣ(・ε・;) 
前回は良いのがでたのに・・・どこ行っちゃったんだよ?

今夜夢に出そう・・・
こんなのが・・・



寝れねぇ~~

おしまい





2010年6月3日木曜日

バカ師弟コンビ禁断の平日釣行@丹波川

釣果
午前の部・・・イワナ9寸・7寸、ニジマス尺(鰭丸)ヤマメ7寸ほかチビ多数
午後の部・・・ヤマメ泣き尺29cm、7寸

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ   Tetsuですが、6月になっちゃいましたぜ!
渓魚狙いも、いよいよ盛期突入となりましたぜ。
みなさんは、良い魚が採れましたか??

先週は、野暮用にて釣行できず、日々悶々としておりましたが・・・
我慢し過ぎは体に悪い!?(我慢し過ぎてんのかよ?)
だもんで代休取って行っちゃいました、禁断の平日釣行(゚∀゚)
バカ師弟コンビで出動です。

前回の釜無川、何故だが柳沢峠越えの奥多摩湖経由で帰ってきたんですよ。
そんで、下を流れる丹波川がどうにも気になって仕方が無かったのさ。
深い谷の合間を縫うような清冽な流れ、これは良そうですよ。
師匠も入ったことは無いとの事、それなら行っちゃうかぁ~!
しかし日程が合わない。
ならば、代休取って無理やり行っちゃいますか?
釣り優先なバカ師弟コンビは、月閉め書類の山もなんのその
禁断の平日釣行となりました。

丹波川漁協は魚券は早くて6時じゃないと買えないらしい・・・
昨日の内に漁協に電話して聞いた結果であります。
なにしろこの村、コンビニが無い?よって魚券は民宿や雑貨屋で売るとの事。
民宿『お富さん』とやらが一番早くて6時・・・
朝一に入れそうに無いので、まずは多摩川は喜久松でウォーミングアップとなりました。
4時半からやってみましたが・・・しかし渋いね多摩川・・・
ピンチョロでアタリ2回、あとは沈黙シリーズです。
まぁウォーミングアップなんで、早々に切り上げ丹波に向かいました。
奥多摩湖先で猿の群れの横断に遭遇しながら6時前に到着。
無事的魚券購入完了多謝!!
どうせ朝一ではないし、リサーチしたポイントを廻りましたが・・・
結局は道の駅に車を止めて釣り下ってみました。

瀬でアタリが頻繁にありますぜ!
しかし乗らない?どうやらチビがチョッカイ出してるみたい。
ブドウ虫は大きすぎみたいなんで、昨日師匠が採ってきたピンチョロにチェンジ
餌を変えた途端にチビが入れ食いであります。
多摩川に比べ魚は濃いみたい、なんたって水が清冽ですよ

さて、チビの相手は勘弁なんでブドウを付けて落ち込みの白泡に流してみた・・・


ガツン!

なんだか解らないけどキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

なんだぁ?結構デカいかも??なかなかあがって来ないですよ!
しかしこの魚、原点流の胴に乗せるような下り方はしないんだよね。
淵の周りをグルグル廻って底に差そうとする?
この魚は何なんだ?これは鮎でもかかったか??
そのうち、やっと姿を見せた、何やら茶色くて細長い。
いよいよ鮎なのか?と思ったらなんと!?



イワナさんでしたよ!Σ(゚Д゚;エーッ! 
かなりデカい?メジャーを当てると27cm!9寸Just!!


こんなデカいイワナを釣ったのは初めてですが・・・
ってか、デカいというか長い?不思議な魚だ・・・
この後、ヤマメ7寸、ニジマスは成魚だけど尺、さらにイワナ7寸を追加
リリースして午前の部を終了としました。
師匠はといえば、ヤマメ8寸・アマゴ8寸・ニジマス8寸の3匹。
ヤマメかと思ったら朱点が、しっかりありましたぜ。
しかしこの川、集落のちょっと下でこんなイワナが釣れるとは・・・
丹波山村恐るべし (゚Д゚;∬アワワ・・・

村営食堂 やまびこで手打ち蕎麦と親子丼を食し、午後の部へ移行。
今度は親川橋下から入渓です。
谷が深く、川へ降りるには急な斜面を下ります。
上に木が被さっているので、久しぶりに天平6mを使ってみました。
仕掛けを作っていると、いきなり師匠が掛けた!
一発ツモなヒレピン8寸幅広ヤマメ、あれれ?銀毛してる??
下に奥多摩湖を控え、ダム差しの大物が居るとは聞いておりましたが・・・
まさに、その片鱗を窺がわせるような魚に、眠気もブッ飛とんだ?
師匠は上流へ、オイラは下流へ向かって釣り始めます。

荒瀬が大石にブッツケとなる大場所を 発見(*゚Д゚)
3B×3でブドウ虫を流してみる・・・ (゚∀゚)ノ ショボーナ 反応無し
今度はピンチョロに付けかえてみた、どうよ・・・



キタ━━━━ヽ| ´ω`  |ノ━━━━!!!!



これは結構デカい?いや、かなりの大物だぁ!!
なかなかどころか、全然上がってこない!かなり引きますが??
水の中でグルグルとローリングしてるじゃないですか!?

ってか、この竿、天平は先調子で高硬調なんだった!!
穂先から#3までしか曲がってない!平気なのかよ?
04なんでそうそう切れないとは思うけど・・・

天井糸と水中糸の結び目がヤバイかも??

今度は下りだした!魚を追っかけて一緒に走る!!
コケそうになりながら追っかける!!
やっと止まれば、今度は竿を立てずに寝かせてタメを作る。
いやはや、上へ下への大移動となりました。

やっと浮いてきた、今度はなんとか空気を吸わせて取り込みだ!
が!タモまで来てまた走る!!
5分?10分かかったか??無事に何とか採れました( ´ー`)フゥー...


どうよ!?



この顔!中々でしょ??(≧∇≦)b




こんなにデカかったのかい?しかもヤマメだぁ!(マスかと思ったし)
銀毛がかったこの魚、メジャーをあてると・・・

29cm!無き尺( TДT)

またまた尺に届かず ヽ(;´Д`)ノ  くやしいぃ~~~~
今度こそはと思いましたが、残念だけどしょうがない。
しかし尺・・・遠いなぁ

まぁ、なんですか・・・
今日はこの魚で糸が途切れました、プツンと
ちょうど、空も暗くなってきて雲が出始めた。
風も冷たく (-Д-) あきらかに柳沢峠や一之瀬あたりは降っているのでは?
師匠もちょうど上から降りてきたので終了ですね。
なんでも上流に先行者が居て下ってきたとか。
そんで釣果は?最初のヤマメの他にはなんと・・・

尺ハヤ   (の´ⅴ`の)プー

ハヤもダム差しかいw!?
マルタウグイのような遡上魚なんでしょうなぁ・・・

本日の釣行、3時半にて 糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
久しぶりに良い魚に出逢いました (≧∇≦)b

丹波川、気に入りました。
来年は年券買おうと思います。
しかし・・・あと4回行けば年券買うのと一緒だし
でも行っちゃうかも?なんたって近いのが良い!
明け方なら1時間半切って行けます。
また行きまっせ!丹波川でした。

おしまい