2010年8月30日月曜日

夏休み第2ラウンド 3日目 最終日白丸ダムバックウォーター

釣果・・・ヤマメ8寸2匹・6寸1匹

ドウモ( ・∀・)っ Tetsuですが、正直疲れてますけど・・・
夏休みどころか、夏遊びすぎ(゚∀゚)あっと言う間の4連休?もぉ終わりかよ!
明日から又仕事ですが何か?(嫌ですが)

さて、夏休み第2ラウンドの最終釣行は、3匹目のワイルドレインボーを狙い!
釣れないより釣れた方が良いしね ヾ( ゚д゚)ノ゛ハァァァァァ・・・・・・・! 
行って見ました、白丸ダムバックウォーターであります。














5時現場着、全開は6時半過ぎてたんで、今日は朝一!
レインボーどころか大ヤマメなんか出ちゃったりしちゃうかも・・・
なんて、甘かった!
って、水が多いじゃないですか!?
渡れるのか、これ?随分圧しの強い多摩川特有の流れにビックリ!
前回、渡った先の島は、半分以上が水没してますけど・・・
今日は余り動かずじっくり攻めようなんて・・・
クーラーボックスに折りたたみ椅子まで持ってきてますが・・・
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工     
クーラーが水に浸かって流されるぅ~

何とか対岸に到着、( ´ー`)フゥー...














バックウォーターは前回より深く冷たく、とても立ち込めそうにない。
そういえばガンガン瀬も無くなってますけど・・・
この前師匠が来た時に呟いた一言

「なんでこの島は濡れてるんだ??」

これは・・・白丸ダム下、観光放水と逆のことが起こっているのではないか?
ってことは、あと一時間もすれば水が減る?
海沢発電所の放水がセーブされるのか!?

水際に目印になる石を積み上げて、釣り再開。
水が減る分には良いけど・・・
大ハズレで増水なんて事になったら目も当てられないヾ(゚ω゚)ノ゛
実際のところ増えているのか減っているのか?
はたまた、そのままなのかよく分からんのですよ。

さて、前回とはまったく違う場所でアタリ?6寸なチビヤマメだ。
前回はもっと木っ端なのがホイホイ釣れたんですが・・・
本日のタックルは、翡翠本流LP8.5mに05の通し。
針は7.5号で錘は3B×2~4B×2とか適当にであります。
餌はミミズにブドウ虫、毎回同じですな。
前回、スーパーゲームLS9mでは、正直長過ぎだったのですよ。
ならば翡翠はどうよ?ズームを縮めて8mな竿がちょうど良いかとチョイスしました。
この竿も硬調硬と言う割には柔らかくて良い竿ですぜ(;´Д`)

ふと、さっきの目印の石を見てみる・・・すっかり水から上がってるじゃないですか!?
予想通り、白丸バックウォーターは日中にかけて減水する様で、これで安心して釣りに専念できそうです。
と、水が減ってアタリが頻繁に出だした!流れていた目印が止った!!

( ゚д゚)ビンゴー



前回は出てこなかった8寸ヒレピンさんでしたぁ(≧∇≦)b

そのうち、どんどん水が減ってきてガンガン瀬が現れた。
もぉ見てる間に水が減っていく。
平たい圧しの強い流れが、淵になったり、ガンガンの瀬になったり。
瀬が淵に落ち込む、前回あのレインボーを採った場所に立ち込めるようになった!
しかし、腰まで浸かって夏なのに冷えてくるし、圧しはまだ強いし・・・
と、目印がククッと2回引き込まれたぁ~!


( ゚д゚)ドカンー















またまた8寸なさっきより幅広さんです、しっかり下に走ってローリングだぁ(・∀・)
結構引いたんで、もしかしてワイルド?なんて思いましたがヤマメでありました。

そのうち川沿いに風が拭いてきて、涼しいけど上手く流せないほどの強さになった。
アタリもミミズの先を食いちぎるような、チビ特有のものしか出なくなってしまいましたが。
終了、ちょうど良いかと (゚∀゚ )













今日は持ち帰ります!ちょうど食べごろサイズの2匹だし!
もちろんチビは逃がしましたが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すっかり、水が減って前回と同じ川様となりました。
ワイルドは来ませんでしたが満足です。
 
(´-`).。oO( やっぱり 本流釣りは、良いなぁ・・・ )
 
さて、シーズンも残すところ後1ヶ月!
みなさん気合を入れて大物を採りに行きましょう!
 
(`・ω・´)シャキーン  気合だぁ~
 
駐車場で着替えていたら、裏の森がガサガサと・・・
おサルの親子でした・ ∪´∀`)モキュ
 

2010年8月29日日曜日

夏休み第2ラウンド 2日目 8/28 秩父岩魚を求めて

釣果・・・チビ岩魚3匹くらい?( ゚Д゚)  写真なし

( ノ゚Д゚)ヨッ!  Tetsuですよ、下界は暑いですなぁ・・・
今日は流石に家でノンビリなんて考えてますが、暑すぎ(;´ρ`) グッタリ
流石に朝は起きれませんでしたが、起きてしまえばやっぱり山や川に居たいですな。
これはもぉ病気なのかも?

さて、夏休み第2ラウンド2日目はメインイベント奥秩父釣行。
秩父は小鹿野の友人に連れて行ってもらいました。
彼は同業者で、結構長い付き合いな、去年春先に一緒に行ったヒックマンであります。
この男、会社の上司が師匠で、その方は奥秩父屈指の山釣師。
そんな師匠の指導を受けて、今や立派な源流師になっておりました。
いやぁ~逞しいっす。

そんな彼が平川の自称本流師を案内するにあたり、師匠に相談したそうな・・・

ヒックマン 「多摩川本流でやってる人を案内するんだけど、何処が良いっすかね?」
上司          「レベルはさぁ?」
ヒックマン 「釣りはともかく、山岳渓流は少々、源流は皆無だそうです」
上司          「んじゃ、大山沢らへんで良いんじゃねぇの」
ヒックマン 「あぁ~あそこなら道も上にあって楽で良いっすね」

というわけで、ヒックマンの師匠がお勧めしてくれた中津川支流大山沢への釣行となりました。




って、楽なのかよ?あれが!(-∀ー#)

小鹿野のヒックマン宅着午前3時半、そこから彼のランクルで中津川林道大山橋まで1時間少々。
一時間で長野県境かよ!これなら、わざわざ別の場所に行かなくても良いやね。
この中津川林道は、もぉ20年も前に先輩とツーリングで抜けたことがあります。
トンネルの向こうは林道大山沢線、さて出発です。


って、水すくね~~~~
小川じゃないですか?こんなんで釣れるのか??
それが居るんです、バカデカイやつが・・・

ヒックマン、山人です。













小さい流れながらも、所々に淵があり魚信がありますよ。













ヒックマン、こんな場所で!ってところで小さいながらも上げていきます。
オイラにもアタリが!10cm位の岩魚だ!!

上に行くにしたがって、どんどん水が少なくなる。
林道が巻いて離れた先の川は、人の気配がまったく無かった。














ヒックマン、流石山人です。
急な上りや高巻きもなんのその、どんどん行ってオイラを待ってる。
こっちはヒーヒー良いながら着いて行くのがやっとですよ。
しかし彼に言わせれば

「師匠は俺の倍早いですよ」( ´・_・`)

なんでも、人の入らない山奥に隠れ沢を3つも4つも持っているとか?
1時間半山道を歩いてから入渓し、帰りは3時間歩いて降りてくるとか?
一緒に行ったヒックマン、腹の減りすぎで気持ち悪くなって、シャガこんでしまったとか・・・

オイラには無理

さて、この大山沢、ところどころに堰堤があります。
堰堤の下は少々の淵もありますが・・・堰堤の上からの水が妙に少ない。
場所によっては堰堤の下から水が出てますが・・・
上へ巻いてビックリ!

水が無いし・・・


所謂ところの水無し川、伏流水になってしまっているのでした。
堰堤は、コンクリートで固めたものではない木枠をしたような感じの構造の物が多かった。
伏流水になった水は天然のフィルターで濾過されて清冽、冷たい水なのでした。
ヒックマンの師匠曰く

水無しは水量が増えて水が流れても、その区間だけには魚が付かない

なるほ解る気がします。
さて、ここまでの釣果はと言えば

ヒックマン・・・岩魚8寸、7寸、チビ数匹
オイラ・・・チビ3匹

さすがですね、源流岩魚の釣り方です、ちゃんと屈んでアプローチします。
オイラの場合は、自分なりに注意してポイントを覗き込んでも、デカい魚が岩陰に走るのが見えた。
要は魚に見つかってしまったと言うこと、自分なりに注意深く忍び寄ったはずなのに・・・
ヒックマンに言わせれば

「まだまだ甘い」

ごもっともm( __ __ )m

しかし、こんなオイラにもチャンスはありました、それも2回も!














コツンと魚信、チビだろうと軽くあわせると乗った!
デカイ!翆幻が弓なりになって上がってこない、本流と違って泳ぎ疲れてくれない。
淵の底に差して、なかなか上がってこない。
ようやく、口が空気を吸った!タモで掬える場所に移動した瞬間!!

最後の一暴れ!・・・・

外れた(´・ω・`)ショボーン

2回目、今日最大の大場所、ヒックマンがまず8寸を引っ張り出した。
次にオイラ、デカ錘で落ち込みの白泡から流すと目印が止った?
根掛りかぁ・・・とあおってみると、なんとこれが生態反応!!
さっきのよりさらにでかい!
ヒックマンも案内した手前、釣ってもらわねばと見守っております。
今度こそ慎重に・・・強引に抜きもせず、時間をかけて浮かせる。
口がみえた!でかい!!真っ黒!!!
タモを差し出してあと20㎝・・・


工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


またまた最後の一暴れ!外れた!!


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


帰りの林道の長かった事・・・林道終点まで釣り遡ってしまいました。














この林道、現在通行止め工事中であります。
崩落現場は凄いことになってました。















トンネルの向こうに車が・・・やっとの思いで帰ってきた。
朝5時から入って車に帰り着いたのは14時、疲れました(;´ρ`) グッタリ 。

少々時間があるからと、帰りに寄った荒川本流は銛を持って潜ってる連中もいる。
何より、淵に落ち込んだ水の泡が消えないのを見て(´・ω・`)ガッカリ・・・
魚信も皆無で16時過ぎに上がりとなりました。

ヒックマン宅着17時、家到着18時半、クタクタです。
竿の手入れ、ウェーダー、シューズを干して・・・何よりベストが汗臭い!
中身を引っ張り出して洗濯、風呂に入ってビールを飲んだ?
そこから記憶が今朝まで飛んでおりますが・・・

いやぁ~ヒックマン!ありがとうございました。
来春は多摩川本流に御招待しますぜ!


秩父岩魚を手にはできなかったけど、厳しくて楽しい釣りでした。
ヒックマンの釣った魚は通称”秩父赤岩魚”赤い斑点に腹まで赤くゴッツイ岩魚でありました。
丹波の岩魚は、どちらかと言えばアメマス系なのか白い斑点のみ。
岩魚は谷が一つ違うだけで容姿が別物になるとは聴いておりましたが・・・

さて明日は何処に行きましょうか?夏休み最終日。
朝一で白丸バックウォーターかな?全開は7時前だったんでね
5時に入れば・・・と皮算用しておりますが
さてどうなることやら

2010年8月27日金曜日

夏休み第2ラウンド 1日目 多摩川白丸レインボー

釣果・・・

( ノ゚Д゚)ヨッ!  Tetsuですが、みなさん仕事してますかヽ(°▽、°)ノ
オイラは御題目の通り、今日から夏休み第2ラウンドの4連休であります。
家族サービス?いえいえ、娘達は部活だ何だと予定があるわけで・・・
安心して釣り三昧ですぜ。( ゚Д゚)ヴォケ!!

さて、今回の釣り三昧、メインは明日28日なのですよ。
秩父の仲間が連れて行ってくれる秩父大滝支流であります。
今日は青梅辺りの下流で、長竿ブンブンして来ようという計画。
青梅といえば丸秘ポイント、シーズン初旬に泣き尺を数本上げたあの場所です!

5時前到着、川面は霧が立って雰囲気は良さげ・・・
丸秘ポイントは水が少ない分、荒瀬ぶっつけが狙えますぜ。
久しぶりにスーパーゲームLSの出番であります。
仕掛けは03通しに5Bを2つ!熊太郎太虫のチョン掛け、さぁ~どうよ!?






コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!



1時間色々と手を尽くしました、川虫も採ってみました!
しかし駄目・・・ヽ(;´Д`)ノ お手上げであります。

6時過ぎ、離脱・・・生態反応一切無し・・・
それではプランBの発動だぁ!(って最初のがプランAかよ?)

さて、今度は海沢発電所吐き出しを目指します。
7時前、駐車場着、車は一台もなし、平日だもんなぁ・・・
トンネルの脇道から川を見ると、水が少ない。
たしか奥多摩湖も放水を限定しだしたとか?
それなら前回川通しできなかったあそこも通れるかも?
トンネル脇の歩道からカヌー発着場へ降りてみてビックリ!向こう岸まで行けるじゃん!!
急遽、白丸ダムバックウォーターから吐き出しに昇る「プランC」に変更!(マジかよ)

水は下流と違って清冽!冷たく透き通っていて、良い雰囲気の淵が多数ありますぜ。
と、ここで携帯が鳴ってる?なんだよ今日は夏休みだぞ!!
会社のろくでも無い電話かと思ったら師匠だった。
実は師匠も今日から3連休を取ってるんだけど、確か山に行くはずでは・・・

師匠「今、軍畑。どこにいるのぉ??」
オイラ「白丸バックウォーターだよ、来るなら上らないで待ってるよ」
師匠「んじゃ行くよ」

てな具合で、急遽師匠が参戦となりました。
あと30分は来ないだろうから、チョッと下ってみよう。
淵やらガンガンの瀬やらブッツケやら、水が引いてポイントが其処彼処に出ております。

マル秘ポイントで採って来た黒川虫を使う、おぉ~アタリがあるではないか!
ただ針に乗らないのは木っ端なんだろうなぁ・・・
今度はブドウ虫でどうよ?


おぉ~キタ━━(゚∀゚)━━ヨ
6寸なヤマメ、チビですが幅広でヒレピンですよ。
ただし竿が竿だけに引っこ抜きですが。
さて今度は瀬がブッツケになる淵をミミズで攻めてみた。

何やらモゾモゾ・・・

どうせチビだろ?




ええ・・・?   !





キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


アワセて、ドンピシャ!又直ぐに抜けるかと思ったら大間違い!
竿弓なり!上流に向かって走り出した!
あぁ~上流かよぉぉぉぉぉ
案の定、今度はジャンプ!糸が切れる??大丈夫なのか??心許無ぇ~~~~

なんとか・・・なんとか、採れましたぁ!
見てビックリ  Σ(゚Д゚;エーッ! 

でかいですけど・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ
この色・・・
鰭が張ってますが・・・

なんと38cm!?
虹鱒?ニジマス??いやこれはレインボーですぜ!
良くまぁ仕掛けが持ったもんだ。
桂川、川茂堰堤で出たワイルドレインボーに良く似てますが。
ヤマメじゃないけど、これだけの虹鱒なら良しとしましょうか。

そのうち、師匠がやって来たんで、さっきのレインボーを見せる。
こんなのが掛かるのか!興奮してますが。
発電所吐き出しのことなどすっかり忘れて、白丸バックウォーターで竿を振る師弟コンビであります。

木っ端ヤマメが飽きない程度に掛かりますぜ、デカイのは全然だめですが。
さっきの、あんなレインボーが来るんじゃあと、仕掛けを06に張り替えました。
今度はチョッと無理しても平気そうですが。
更に別のポイントで流すと、今度はいきなり目印がひったくられたヾ(゚ω゚)ノ゛

いきなり

ジャァァァァンプ

フックした瞬間にいきなりジャンプしまくり!さっきと同じぐらいの引きしてますが!
またまた虹鱒でもなく、ニジマスでもない、レインボーなのかぁ!?


なぁ~んと、これまた鰭の張った、さっきのよりは小さいが、さっきのより幅広な35cm!
ヤマメじゃないのは残念だけど、これだけ鰭が張って、傷一つ無い魚体なら良いじゃないですかぁ
(≧∇≦)b

師匠は??


レインボーは来ず・・・しかし7寸弱なヤマメが釣れてます。

結局レインボー2匹にチビメ10匹の釣果となりました。


いやぁ~この時期に9mな竿をしならせる事ができるとは!?
この白丸ダムは、日原川あたりから逃げ出した虹鱒がここまで下り、ワイルド化するとかしないとか・・・
大水が出ると魚たちは、ここ白丸ダムまで下ってやり過ごすと聞いた事がある。
今年前半にここで見た化け物レインボーも、きっと息を潜めているに違いないですな。

魚は全てリリース、レインボー君が流れに乗ってユラユラと帰っていく。


夏休み第2ラウンド1日目は、白丸育ちのレインボーに遊んでもらいました。
満足満足 (*^ー゚)b

さて明日は2日目!秩父の友人と大滝支流に突撃です!!

2010年8月24日火曜日

8/22 その2 私の恥ずかしい写真 (/ω\)ハズカシーィ

|´Д`]ノィョゥ  Tetsuですよん、昨日の今日でブログ更新しちゃいますよん。

実は師匠、コンデジを購入しましてね。
この爺様は、ニコンの凄い一眼レフその他の機材を担いで富士山まで昇る健脚なのだ!
それが、やはり小さなカメラが欲しいと、オイラのOptio W80 を散々弄繰り回すのだった。
そんでついに買った!ってきり防水コンデジと思いきや・・・

パナの普通の買っちゃいました。
まぁライカの結構明るいレンズなので良いのでしょうが・・・
オイラのDMC-LX3は、それは綺麗に撮れますぜ!
とは言っても一回水没させたんで釣りには二度と持って行きませんがね。

師匠には冥土の土産とばかりに今まで散々写真を撮ってやりました。
時に、オイラも撮ってくれ!とカメラを渡しましたが・・・
写ってないじゃん(-∀ー#)

ゴルァ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!!

そんな師匠が持ってきました、22日の釣行に。
今までの分を穴埋めだとかで、かなり一杯撮りまくられましたが・・・
しょうもない構図やピンボケも有りますが・・・
自分が写ってる写真は珍しいのでアップしちゃいましょうかね。
それではまいりますぜ。



結構な大淵であります。
ちょっとピンボケですね。

そんで次は何やらかがんでおりますが・・・














アタるんですけどね、乗らないし。















もし掛かったら、どうやって取り込むつもりなんでしょうか?














諦めて次のポイントへ・・・ポイントの連続ですよ、でませんけど。


後山橋下、オイラは橋の袂を上手く巻きました。
師匠は一旦上って、橋の上から撮影。














友バックが下がってます、塩沢出会いでGETしたヤマメですな。



見えますかね?大石の陰に隠れて竿出してますねぇ。
石化け木化けと言ったところですか?w














天平を5.4mまで縮めましたが、まだ長い。

何とか一匹、幅広な7寸強














以上、私の恥ずかしい写真でした。

イヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!

2010年8月23日月曜日

8/22 バカがバカを呼ぶ!バカ師弟コンビで後山川

釣果・・・ヤマメ7寸二匹  シブ~

どうも、やっと足の復活したTetsuですよ、みなさん大物釣れましたか??
相変わらずの暑さに、一時期飛び回っていたトンボも消えちゃった!?
まだまだ続きそうですな、この暑さは(;´ρ`) グッタリ

さて、昨日の22日は支障  師匠とともに出撃してまいりました。
毎度毎度の丹波川水系後山川であります。


本当は青梅辺りの下流で久しぶりに長竿ブンブン行きたかったのですが・・・
オイラがそんな計画を立てていることを何処で嗅ぎ付けたのか、師匠がのたまう。
「足が治ったんなら上流行きましょうよ」
どうやらオイラが足を痛めちゃったんで、誘うのを遠慮していたらしい。
良いですよ~~~行きましょう上流へ!
足の様子も見がてらの山岳渓流へ出撃となりました。

バカがバカを呼ぶ・・・

5時前に後山林道起点に到着、車が1台、バイクも1台。
着替えは既に奥多摩湖ドラム缶橋駐車場で済んでおります。
先行者が何処に向かったのか?何処に入っているのか解らない・・・
取り合えず林道をトコトコとあるきだします。
前回入渓した黒滝橋を更に超えて、釣り人の気配も無い。
この辺で良いだろうと、適当に川に下りてみた。














水こそ少ないけど、淵あり瀬ありトロ場あり、良い川です。
ただし釣れればですけどね∩( ・ω・)∩
ブドウ虫でのアタリは皆無!ミミズでアタリは有るものの、やる気の無さ満点ヽ(;´Д`)ノ
ミミズ通しでは当たらなくてチョン掛けだと、先ばかり噛んで行きますが・・・

食い気ネェ━━━━ヽ(3 ω 3 )ノ━━━━!!!!


滝を巻いて上に出る。下で師匠が岩魚を掛けました。

滝壺からユラユラと出てくる魚影・・・
どう見積もっても40cmを超えてましたが・・・
しつこく狙ってもだめ

”沈黙の魚信 by スティーヴン・セガール”

とうとう塩沢橋まで来てしまった。
ここまでで釣果と言えそうなのは、嫌に頭の大きな痩せた7寸ヤマメ1匹のみ。
後は木っ端ヤマメや小岩ナだけとは、寂し過ぎる( TДT)

と、塩沢との合流点でやっと一匹かかりました。
木っ端だと思ってたら結構引くじゃん!

やっと   キタ━━(゚∀゚)━━ヨ


これまた7寸ちょっと超えてましたが、結構幅広なヤツでありました。

時間にして14時過ぎてるし・・・
林道に上がれるポイントまで釣り遡って、後は車までひたすら歩く。
暑い・・・500mペットボトルの中身は、あとわずか(|| ゚Д゚)
調子こいて上ってきてしまいました・・・
車まで一時間も掛かってしまうほど(;´ρ`) グッタリ

片倉谷出会いは体感20度な風が吹き渡り、汗もすっかり引いて着替えも完了!
キンキンに冷えた最近流行のノンアルコールビール
これも冷えてなければいけない筈の師匠のリックから出てきた生暖かいチーズ?

乾杯


腹は痛くなりませんでしたぜ。

さて今週末は夏休み第二ラウンド!
みなさんが休んでいたお盆は、せっせと働いておりました( TДT)
今日、整形外科で左膝の具合を見てもらいましたが経過良好!
まさか昨日、山岳渓流行っちゃいましたとは言えないし・・・
金曜からの4連休、うち3日は釣りします

( ・ω・)∩ワタシはバカなのでした(゚∀゚)

2010年8月11日水曜日

ヽ(τωヽ)ノ 多摩川 川井 ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・後山川

釣果・・・多摩川  川井  ピッカピカのハゲ  ☆後山川  アマゴ7寸  岩魚8寸

ドウモ( ・∀・)っ  Tetsuですよん、みなさん大物採れましたか??
相変わらず暑い日々が続いておりますが・・・(;´ρ`) グッタリ
体に無理せず過ごしたいもんですが、みなさんどうですかね??

さて、今日は前期夏休みの最終日、世間では平日な訳で行かない手は無い!
さりとてこの足、無理はできないので、午前中だけ行って見ました。
多摩川本流川井と丹波山水系後山川です。

5時前に川井駐車場に到着、水が少ねぇ・・・
白丸ダム放水前とはいえ、この少なさ、かなり苦戦しそうな雰囲気。
しかしまぁ、1匹位は釣れるだろうと竿をだしたのが甘かった。
安易に考えすぎ、食い気の無いスレたアタリ。
そんで最初のあたりを逃すと、もう駄目、ピタッと反応しない・・・

そのうち日が刺してきてTHE END。
ここまで渋いとは  ( ゚∀℃( `Д´)マヂデスカ!?
川井で2~3匹でも釣れれば真っ直ぐ帰ったのに・・・
このままでは光り輝くオデコになってしまう!
時間にして7時、まだ上流に行けば何とかなる?
足の負担を軽くする為に川井にしたのにねぇ。
このバカ男は後山林道目指して出発するのでした。
しかし、我ながら本当にバカです(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

さて、約40分で後山川の堰堤に到着です。
この堰堤、ナイフを置き忘れて変わりに尺ヤマメ・尺岩魚を頂いた、いわく着きのポイントです。
左足を、かばいながら杉の植林された谷を降りていきます。
今日は最初から堰堤下流に下ります。
地盤がかなりゆるい!?慎重に慎重にゆっくり降りていきます。
普段なら10分で降りる谷が、20分掛かりましたが無事到着。
ここも、やはり水量はかなりの少なめです。

脇のヨレ、白泡の落ち込み、アタリがあったのは1~2回?Σ(・ε・;) 
これはまいった・・・魚が居ないわけではないようだけど食わない?
故障した足で、こんな谷に下りてきて、あげくに坊主かよ!!!
こうなったらしかたない、居ないのを承知で石を引っ繰り返します。
いくつも引っ繰り返して、ようやく1cm強なキンパクを 発見 (*゚Д゚)
さぁ、どうよ・・・



キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


少々小さいけど精一杯な7寸、へっ?朱点!?アマゴですか!
ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・・・・    やっと、なんとか1匹、釣れましたぜ。  

なるほどね・・・餌でなんですね。
市販のブドウ虫やらミミズでは、食わないんだ!?この水量と濁りの無い流れでは。
川虫に勝るもの無しは何処でも同じで、しかもそれをすっかり忘れていた。
手間を惜しまず川虫を探さなきゃいけなかったんだ。
基本中の基本をすっかり忘れてました。

それではと、さらに石を引っ繰り返してタモを下流に添えます。
居ないんだこれが!黒川虫なんて皆無、キンパクも5ミリ無いし(´・ェ・`)
20分ほど探して、やっと見つけたのは白川虫、アブの幼虫4cm強!
普段なら気持ち悪くてすぐ流しちゃうこの虫、かなり気持ち悪い(゚Д゚;∬アワワ・・・
しかし今日のオイラは別人のごとく、木の枝で押さえて(素手で触れないヘタレ)針に付けた!
今度はどうなのよ・・・






キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


いきなりガツンときた!ぐいぐい引きますぜ!!何だこれは??


岩魚だぁ!ヒレピンな8寸!!(≧∇≦)b   あのご太い白川虫丸呑みですな。
いやぁ~白川虫恐るべし、今度からはありがたく針に付けさせて頂きますよ。

ボウズ寸前まで追い込まれて、この二匹。
今日はこれで納竿としましょうか。
20分かけて下った谷を今度は30分かけて上りました。

あれ?平坦な道を歩くと足が痛くない!逆治療法ですな。

2010年8月10日火曜日

残暑お見舞い申し上げます 上野村神流川

釣果・・・ヤマメ8寸2匹・ほか7寸4匹・あとはチビ

どうも~Tetsuですよん、みなさん久しぶり( ゚∀゚)ノィョ―ゥ
すっかり放置プレイしてしまいましたが、暑さのせいではありませんよ。
実は7月31日も丹波川に行ったんですが・・・やってしまいました。

左膝靭帯損傷・・・石から滑り落ちて左膝が変な方向に・・・

( ゚∀℃( `Д´)マヂデスカ!?

やった瞬間は物凄く痛くてまいった(゚Д゚;∬アワワ・・・
 しかしまぁ平気だろうと歩きまくってポイントまで変えて・・・
そんで帰り、車で2時間、帰り着く頃には歩けなくなってしまいましたよ。
土曜日、14時までの整形外科に滑り込みセーフ、レントゲンやら何やらの診察。
完治するまで一ヶ月、釣りなど行って又やったらアウトの駄目出し食らっちゃいました
ヾ( ゚д゚)ノ゛ハァァァァァ・・・・・・・! 
今度ばかりは普段黙ってるカミサンにまでも駄目出し食らって行けなかったと(゚∀゚)
そんなわけであります。
まぁ・・・ちょっと舐めてました、かなり反省しております。

さて、オイラの会社は、夏休みはお盆にというわけではありません。
8月末までに5日もらえるんです。
うまく使って第一回目の夏休み、行って来ました群馬県上野村神流川。
マホーバの森一泊釣行、足の様子見がてらの出撃です。

コテージにカミサンと娘たちを降ろして16時~18時までの2時間の釣行。
なんとか2匹だけは持ち帰りたい!そんで水の具合は水量・濁りとも良い感じです。
この神流川、かつては毎週のように通っていましたが、去年は最悪でした。
今年は2回目ですが、何やら流れも良くなって期待が持てそうですよ。














誰も居ないと思ったら熊谷ナンバーが1台、鮎師の方でした。
かなり苦戦されてるようで・・・お話では4匹?
ここにヤマメが居るのかと逆に聞かれてしまったですが・・・
居るはずなんだけどねぇ・・・

ゲッ、雨降ってきたし(*゚Д゚)つ§
それもかなりの強さ、まぁ寒くは無いんでカッパも着ずに竿を出します。
降りて直ぐのヨレ、この時期はアブラッパヤの巣窟になってるんですが・・・
竿を出さずには居られない居そうな雰囲気。
餌はいつものごとくブドウ虫、今日は原点流7.2mで攻めて見ます。
直ぐにチビのアタリ、そのあとはアブラッパヤ。
やっぱ厳しいのかなぁ・・・

と思いつつ、多摩川・丹波川で鍛えたドM根性で流しますが。


ふふふ・・・


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


しっかり、原点流をしならせる良型じゃんか!


神流川にしては中々なヒレピン8寸!
一匹採れたら、後はナダレ式?結局18時までの2時間で6匹取れました。

この川、去年とは偉い違い?ここ最近悪くはなっても良くなるなんて話し、早々無いしね。
ただし、年券が高いんですね、1万円也。群馬県では鮎込み価格が多いみたいです。
ヤマメ・岩魚券にして7000円位にしてくれないですかネェ・・・
上野村漁協様、御検討お願いしますですよ。


さて、下の娘の分とオイラの分、8寸を二匹だけキープしてサッサと帰ります。
これから夕食の準備、メニューはといえば・・・

サイボクの肉

  (・肉・)  

 キタ━━━━ヽ(・肉・ )ノ━━━━!!!!

飯も美味く炊けました、ビールもゴクゴクと逝けますよん。
一通り食事も済んで後片付け、と、何やら女3人ギャーギャーと騒いでますが・・・
なんだ?蝙蝠??パタパタと飛んでますって・・・
粉撒いて飛んでますが



グロ画像注意
















蝶やら大嫌い!蛾なんか失神しますが・・・
勇気を出して近づきました、鳥肌立ちまくってますが。
オオミズアオ・・・
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

さて翌朝、一人6時に起きて、前日のBBQコンロやらを綺麗にして片付けます。
ついでに昨日濡らした竿なども簡単に手入れしてると、やっとみなさん降りてきます。
( ゚ρ゚ )アゥー腹へった



メシなど炊いてサイボク特製ボンカレー480円也をぶっ掛けて食う。
これが、今一・・・こんな事言ったらカミサンにブッ飛ばされそうですが。

さて、飯を食ったらパッキングして車に荷物を載せて、吊橋の向こうの鍾乳洞へ。



この吊橋、『天空回廊 上野村スカイブリッジ』と言いまして、かなり高いし長い。
国道299が、かなり下に見えます。
時間によっては自動シャボン玉製造機が稼動して橋がシャボン玉に包まれます。
一見の価値ありですよ。

鍾乳洞は不二洞といいまして、日原鍾乳洞より大きいですね。
1年中10度、今日はかなり寒かった(-Д-)


誤解なさらないように、このトンネルの向こうが鍾乳洞ですよ。


最後は、お土産買いまくり。
オイラは疲れてグロッキー気味でしたが、買い物も無事終了。
家へ向けて出発となりました。

久しぶりにヤマメの顔が見れて良かった( ・∀・)
さて、これからは終盤、大物の季節(採れればね)ですぜ
大物を採っていないあなた!最後まで望みを捨てず頑張って行きましょう!!



是非見てみたいです(゚∀゚)