2010年9月29日水曜日

2010LAST!日原小川谷

釣果・・・ キタ━━(゚∀゚)━━ヨ

ドウモ( ・∀・) Tetsuですよ、2010年の渓魚シーズンもいよいよ最終となりました。
皆さん、今年はどうだったでしょうかね?メモリアルな魚は取れたでしょうか??
良かった人も悪かった人も、しばらく休憩ですな。
少し休んで来年また頑張りましょう!

さて、みんな今日は仕事ですよねぇ? …普通はねぇ…( ´∀`) ( ゚Д ゚ ) … 
で、オイラは代休!行っちゃいました最後の悪あがき?
遡上魚狙いも考えましたが、ギャンブルみたいなもんでね。
外れたらヤバイので、リスクの少ない支流へGO!
日原は小川谷、犬麦谷~三又までであります。
相棒は、オイラ以上に釣りバカな師匠。
アホコンビは仕事そっちのけで今シーズ最後の釣行に出動です。

3時発、4時半着、月明かりが綺麗ですよ。
昨日までの雨、そして今日は晴れ?水もいくらか引いたはず。

車が何処にも停まってない!もしかして一番乗り??
林道基点から4kmポスト、犬麦谷下から入ります。

またしても吊橋、最近こんな所ばかり行ってる気がする。
自称本流師なんですが、一応…

小川谷は遥か20年ほど前に、カロー谷出会いから入ったっきり。
こんな上流までは来た事も無く勝手が解りませんが、水量は2倍との事でした。
これは期待が持てるのか( ´∀`) ( ゚Д ゚ ) … 

師匠は犬麦谷の堰堤に向かったので、直ぐ手前の淵に落としてみた。

いきなりキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

なんと8寸なイワナさん!ヒレピンな白ですな。(ワインでは有りません)

これは幸先が良いどころか、こんなにアッサリ釣れて良いんかい??
こんな日もある、三国川と逆なパターンとでも言おうか。
この後、大爆釣劇が始まるのであったが、今は知る由も無かったのだ。

さて、本日のタックルは…
天平に天井糸08、水中糸から通しの05で4B×2、ミミズとブドウを用意してます。
チビはブドウ、良型はすべてミミズでありました。

どんどん釣り上ります、三又まで約4kmな釣り遡り。
途中にエスケイプできる場所はないんです。
完全に夜が明けて谷が明るくなってきました。

木漏れ日が眩しい。
師匠が1匹釣るまでに既に5匹ほど掛けていました(チョッと自慢)
チビはその場で逃がし良いのだけ、しかも写真が撮れる時だけ撮りました。
御了承を (^∧^) ゴメン

今度は、さっきより一回り大きな26cm、金ですよ(メダルではありません)

このほか、赤、黒とイワナの色の豊富さにビックリ!(クレヨンではありません)
アタリがあって、なかなか先に進めない!もぉ11時かよ。

すっかり明るくなった谷です。

さて、イワナばかりでなくヤマメもしっかり釣れました。
7寸ながら婚姻色が出てます、秋ヤマメであります。

段々と上りがきつくなって来ました、三又に辿り着く前の上りのピークが続きます。
良い淵の連続であります。
師匠が流して出なかった淵をやてみた。
師匠の錘はB?俺に言わせりゃ軽すぎだろう!?

主が出るかもなしれないからやってみて!
なんて言って師匠は先に上がってしまいましたが・・・
ほんとに出ましたけど、8寸金赤!
魚が底に差してるようです、大錘で沈めるオイラの釣り方が本日は( ゚д゚)ビンゴー

そして遂にドラマが始まる・・・

上りのピークが過ぎて三又まで後500m位だったか。
淵からの深い流れに流すとイワナとは違うアタリ?また7寸なヤマメが出た。
ミミズを付け替えて流してみる・・・










キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!

何やら重い!イワナと違う!?一気に下りだした!!
これは・・・












いきなり白いの出されてタモが妊娠するかと慌てましたが・・・

尺には届かずの29cm!またやっちまった泣き尺( TДT)
しかし!この顔、この色、この魚体!
今シーズンのフィナーレに相応しいスペシャルフィッシュでありましたぜ。
(≧∇≦)b

さて遂に三又に到着、出会いは明るい広場です。
が、既に3時半、何時の間にか雲が出てたのね?知らなかったわ♪
ここで釣った魚をすべてリリースしました、三又、魚残ってますぜ。
めぼしいのだけタモに入れてみました(ちょっと得意げ)
イワナ7~8寸8匹、ヤマメ7寸~29cm3匹、ほかチビイワナ多数の大爆釣!
良型の『つ抜け』に自分でビックリ!
師匠も何だかんだとヤマメ・イワナで9匹な良型を採っておりました。
いったい二人で何匹採ったんだ??

さて、ここから30分かけて林道に出て、更に林道を30分かけて車に戻ります。

オイラには、とてもカロー谷からここまでなんて来れないな、無理。

途中にあった水場は清冽で冷たくメチャ美味かった。
やっと、林道に到着、ここから車まで更に30分。
鹿の警告音がピーピーと、お出迎えです。

こんな所に居るんだ、オイラ達は・・・
少々呆れ気味ですが。

釣れ過ぎ、アタリが有り過ぎで、随分時間がかかってしまいました。
が、久しぶりに良い釣りができたので疲れは一切無し!気の持ち方ですなw

やってれば、たまにはこんな日もあります。
最後の最後で、奥多摩・日原の川達が微笑んでくれました。
今シーズン、ヤマメ・イワナ達との出逢いも、これで最後ですね。
また来年、遊んでやってください。

多摩川水系、楽しかったです。

Thanks ☆☆** v( ̄ー ̄)v**☆☆ Thanks

FOR 2010 TAMA and TABA RIVER by Tetsu

2010年9月26日日曜日

Last2 9/25 三国川十字峡

釣果・・・光輝くボウズ(ハヤのみ)  (;つД`)

|´д`)ノィョゥ Tetsuですよ、本日はとある国家試験で都内へ出動、疲れました。
その後髪を切に行って、ついでに上州屋へ野暮用で・・・
釣りより(;´ρ`)チカレタヨ・・・

そんで昨日、行ってきました新潟は三国川!去年に引き続いての最終遠征です。
試験の前日に、よく行くよ(゚∀゚)
で、最悪でしたが・・・(;゚д゚)ァ....

相棒は師匠、午前2時発、4時半着。
寒い!台風の影響か風が若干ありますよ。














春先と同じ格好、それでも寒かった (((( ;゚Д゚)))
オイラたちは本流をバックウォーターまで下る予定。
支流組の車は既に一杯でした。
去年、土手でコケて竿を折った師匠に、気をつけてwなんて軽口言ったりして。
それが不幸の始まりだったのだが、今は知る由もなかったのだ。

さて、明るくなってきて川に下りると、水量は去年より大目。












水量が多い分、期待が持てますが・・・














寸庭川での釣行が染み付いていて、ガンガン瀬を大錘で流す。
流れきって竿を上げると、何やら掛かってる!デカイ?

って、合わせてないし、アタリが解らなかったから合わせて無いんです。
よって・・・しっかりフックせず、当然の結果・・・

バレ(-∀ー#)

結局、渓魚らしき魚との遭遇はこの一回のみでしたチャンチャン♪
ヽ(;´Д`)ノ

この川は多摩川と違って、大石がかなり沈んでいる。
落差が有り流れが速く、大錘でしか底波を捕らえられないんですよ。
まぁ、自分が未熟なだけなんですがね。
そんで事件発生。
案の定、根掛りで軽く煽ってみた。












ボキッ
┐(´∀`)┌ハイハイ、みなさん御想像の通りですよ。
朝から数投目のできごと( TДT)
師匠に軽口叩いて、自分で折ってりゃ世話無いってね。
スーパーゲームライトスペックHM9.5・・・
シーズン最後にして#2が逝ってしまわれました。

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

予備竿の翡翠本流LPを駆り出して再び川に立つ。
これが全くのアタリ無し、去年は少しはアタッたんだけどなぁ・・・
どんどん釣り下ります。














途中、川通しがヤバそうな場所が数箇所、それでもBWを目指す。
そう、去年の大物がまた居るのではと淡い期待をこめて・・・
去年の三国川遠征でバラした大物へのリベンジのみで、この川にやって来たのだ!

途中で師匠も追いついてきた。

釣果はヤマメとイワナの7寸を1匹ずつで流石ですな。
いったい何が違うのか・・・よく観察してみなければ。
そもそもオイラが大錘で沈める釣り、師匠は軽めな錘でフワフワと浮かせる釣り。
どっちが良いかは、そのときの川の状態で違うようで。
事実オイラの釣り方が当たって、師匠がサッパリ?なんて時もあるわけで・・・

そんな師匠でも、やはり去年より渋いとの事。
水が多いのにどうしちゃったんだろ?

さて、危うい川通しを数回繰り返し何とかBWまでやって来た。














去年の大物へ期待を込めて・・・確かこの辺りだったはず。













どうよ・・・













コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!


ウンともスンとも言いまへんがな  (ノд‐。)
何度やっても駄目、せっかくここまで来たのに・・・














またこれを上るのかよ・・・
途中でやっとアタルも、釣れて来たのは8寸もあるハヤ ヽ(`Д´)ノ
なんともまぁ情け無い結果となりました。

駐車場にあがって着替えようとすると、師匠が面白い釣りをしようと言う。
なんの事かと思いきや、こういう事。














遡上魚は、この滝で必ず停まるそうで、大水が出るまで溜まるらしい。
遡上の始まりの目安になるそうです。
9mの竿に10mの仕掛け、鮎玉のデカイので落とします。
なんでも、師匠はこの方法で40cmのイワナを3匹引っこ抜いたとか?!
4匹目で竿が折れたそうですよ。














確かに上から見えるんですよ、50cmはあろうかという大イワナ!が2匹??
岩のエゴに隠れて出たり入ったり・・・ポイントに上手く流れないんだ、これが。
大岩の影で水流が遅くなってようで、表層の速い流れで餌は魚の上を素通りですな。
これでは駄目ですね。

師匠がやってる間に車で着替えて戻ると事件が!
なんと師匠、白泡の中に落とすと、ゴンゴンと凄いアタリが来た?!
掛かった!目測でも40cm?見物人ともども大騒ぎだったとか?
空気を吸わせて、抜くか迷って躊躇した僅かな瞬間に糸切れ!
06がぶち切られた?いやぁ・・・残念でした。

十字峡の常連さんに聞けば、今年は猛暑のせいで水温が高いとの事。
渓魚は三国湖の深場に潜って今だ遡上は始まって居ないとの事でした。
水温が高いと上ではなくて下の湖の深場に潜る。
この前聞いた話と同じ事を、この釣り人も言っておりました。

新潟くんだりまで来て、ハヤしか釣れず竿まで折りました。
笑っていただければ幸いです(-∀ー#)

まぁ、来年も行こうと思いますが。
遡上のタイミングが合えば最高なはずですのでね。
竿は保障期間なので4k程で済むのが救いでした。

さて、今期の釣りも、後一回!29日出撃の予定です。
今度こそ?乞うご期待!

(期待はしなくて良いですが)

2010年9月23日木曜日

Last3 多摩川寸庭橋

釣果・・・ヤマメ8寸1匹・7寸2匹・ニジマスのチビ無数(30匹まで数えましたが)

|´Д`]ノィョゥ  Tetsuですよ、悪あがきしてます、多摩尺出ませんなぁ…
もうすぐシーズン終了、多分駄目だろうけどメェ一杯あがこうかと。
まぁシーズン終了とは言いつつMy HRは年内ニジマスはOKなんでね。
10月過ぎたらワイルドにターゲットが代わるだけですが・・・
それでも出撃回数はメッキリ減ってしまいますな。
シーズン終了までに後3回、Last3な本日は寸庭橋に出撃です。

4時半着、まだ真っ暗。













霧雨、寒いっす。
携帯いじってたら、後から来たオジサンが挨拶も早々に降りて行った。
地元な釣り人なのかな?オイラはまだ暗くて降りれませんが。

薄明るくなってきたので川に下りる。
先に行ったオジサンは去年8寸を採った抉れで竿を振っていた。
あそこ入りたかったのに・・・
まぁ良いやと手前のブッツケから流してみると直ぐにアタリ!
とチビが釣れてきた、しかし何かオカシイ?
ヤマメなのか?違う、パーマークは確り有るが、ノイズというか胡麻塩?
これはニジマスの新子でした。
このチビニジ、もぉ入れ食い!餌がどんどん無くなるんだ、これが!!
多摩川ではニジマスの稚魚や有精卵なんかやってないから自然繁殖したものと思われ。
秋川養沢川での自然繁殖は知っていましたが、多摩川でも自然繁殖していたとは・・・
30匹位までは数えていたけど、後は覚えてない位な掛かり様。
挙句は1匹のブドウに2匹食いついてきたり?
竿を立ててバカの分だけ餌が水に浸かると知らないうちに掛かってたり・・・
5cm~10cmなチビ、水に立ちこんだ足の先を普通に泳いでましたが。

しかしこれはマズイ!餌が少ない?
先週ダム下に行った時の残りしかないし。
ミミズもブドウもたっぷり有る訳では無いので下の瀬に向かう。














放水前で水が少ない・・・
はたして放水が始まると、このチビたちどうなるのか?














ヤマメは強い流れの中にしか居ないようで、上の瀬で7寸Get!














ここでも7寸が出た。
去年大淵だったのに何やら広がって浅くなっていたので対岸に渡ってみる。
放水は11時なはず?
とは言っても白丸ダムの水の減り具合からすると10時には増水するかも!?
今まで一度も行った事のない下流にドンドン下ってみる。
放水が始まったらエスケイプできないのでピンポイントで攻める。
下はこんなになってたんか!?ポイントが結構ありますぜ。
放水前の少ない水量ながらガンガンの瀬で・・・

キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

8寸な鰭ピンさんでした。














雨がきつかったんで写真はまとめて撮りました、m( __ __ )m
久しぶりにヤマメらしいヤマメに逢えました( ・∀・)
薄っすら秋色♪













後で調べたら、結局古里小学校裏の淵まで来てしまっていた。
この先、万世橋を過ぎたら川井じゃんか!
と、何処にもエスケイプできないと思ったら、何やらロープが下がってる?
∑( ̄□ ̄;)ナント!!

面倒くさいからここ登っちまえ!
魚の写真を撮ってリリースして竿を畳んで、いざアタック!!







ダ(Д` )━メ(´Д`)━ポ(;´Д`)━━━!!!

横着しました・・・踏み後が途中で無くなってる・・・
こうなれば強引に、後山川で鍛えたじゃぁありませんか(゚∀゚)

しかし・・・

手をかけた木は折れるは、足をかけた木は根が浮いて土を巻き上げるは

急がば廻れとは正にこれ、泥まみれでなんとか上に出ましたが・・・

まぁ散々だったけれども、良い事もあってですな。
普段は車で走って気にも留めない橋から覗いてみれば・・・














支流入川、こんな滝が有ったとは!

(´-`).。oO( あの淵にミミズ落としたい・・・ )

さて、寸庭橋に無事戻ってきましたが、10時前、それならもう一回!今度は上流へ?
帰れば良いのに・・・我ながらしょうがない莫迦ですな。
お気に入りのポイントは空いていたけど例のチビニジがまたも入れ食い!
ヤバイかも!?餌が無くなって来てるし・・・
そのうちついに増水が始まった!みるみる水位上昇だ。
活性は・・・なんと上がってる?
10cm前後のチビマスが目印にまでライズしてくる!
こんなに魚が濃いのか・・・
こうなれば、もう大物が居そうな増水でガンガンになった瀬を5B×3で攻める!














最後の極太ミミズでどうよ・・・






キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いきなり目印が瀬の中に消しこんだ!重くて上がってこない?

やっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

翆幻が曲がる曲がる!なんとか岸まで寄せてきた。
ヤマメじゃない?茶色??なんだ???
まだバシャバシャやってる、抜くか?







へっ?バレた

( TДT)

餌も無くなり雨が強くなって風も強くなってきたので撤収














どうも掛が浅いようで、大滝大山沢でバラシたイワナの時と同じ感じでバレてしまった。
今度は天平使ってみるかなぁ・・・ソリットな穂先のほうが良いのかな?
しかしあれは何だったんだろうか・・・
まぁ、悔しいかったけどさ。
でも楽しかったけどね。

後2回、Last2は師匠と土曜日に遠征です。

2010年9月15日水曜日

バカ師弟コンビ禁断の平日釣行@泉水谷

釣果・・・岩魚7寸2匹・ヤマメ7寸1匹

Tetsuです、正直、疲れました(;´ρ`) グッタリ
端折りますが、お許しを m( __ __ )m

師匠と例によって代休吐き出し平日釣行、行き先は師匠起っての希望により泉水谷。
って、オイラ的にはダム下に行きたかったんだけどなぁ・・・
4時半に道の駅丹波山着、着替えて5時に泉水谷入り口駐車場着。
と、ここで1台入ってきた。
何処から入りますか?と聞かれ、小室谷先からと答える間にもう一台!
この川、そんなに釣れるのかね?

30分歩いて小室谷出会いへ、雨降ってます。
山が水墨画の様。

鈴を鳴らしながら歩く、マジに熊でも出てきそうな雰囲気・・・
と、上から石から転がり落ちた?なんだぁ!?
と思ったら、カモシカさんでした。
高台の石の上からじっとこっちを見ている
写真を撮ろうかと思ったら、60度はあるガレの傾斜を駆け上って行った。
すげぇ・・・


小室谷出会い到着、釣り遡る。













水量豊富、良い谷のようだ。














岩魚1匹ゲット!金岩魚?師匠が採ったのは、差し詰め黒岩魚か?














怪しげな吊橋発見!旧青梅街道だそうで?これが??















上で通らずの淵に出くわして、結局またこの吊橋まで戻って脱渓。













ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ

林道に出て、更に上を目指す。
何やら道一杯に木の実が!?トチの実でした。













不動滝上から入渓、石が動いたと思ったらデッカいウシガエルかよ。













ここで岩魚さん2匹目、さっきのより少し大きい22cm、やっぱり金っぽい。













遡って行くと、更なる滝が現れた。淵を少し攻めて終了。













5B×3でめぇいっぱい沈めてみたらキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!
滝の主か!?なんてスルスル抜けてきたのは7寸のヤマメ、新子さんですね。
場所が場所だけに、ひっくり返りそうなので写真は撮らずにリリース。
オイラが3匹、師匠5匹!やるね~
すっかりこの谷が気に入ったようです。

車まで1時間かけて歩きましたとさ。
今頃、足に来てます。
というわけで寝ます、 (つ∀-)オヤスミー

2010年9月12日日曜日

ニジでも良いですか?多摩川海沢白丸BW

釣果・・・ニジ35cm・ヤマメ8寸・木っ端

ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆  Tetsuですけど、皆さん如何お過ごしですか?
9月も後3週間で終わっちゃいますが・・・悔いを残さずシーズンを終えたいですね。

多摩尺・・・今年はまだ1匹も採れておりません (((´・ω・`)
惜しいのは幾つもあったんですが、やはり難しい魚であります。
通わなければ、竿を振らなければ確率は皆無、宝くじみたいな魚ですねぇ。
今日はどうかな?行って見ました多摩川です。

本日の計画は、海沢発電所吐き出しから白丸BWへ釣り下り。
上手く行けば対岸の遊歩道に出られるかも?そして白丸BWへ移動。
帰りには河辺大勝軒に寄るという豪華盛り合わせ?その名も
本日ポイント3倍!釣行
まぁ釣れればですけどねヾ(゚ω゚)ノ゛薬屋じゃありませんよ。

5時前に川に立ち川で夜明けを迎えます。
明るくなるにしたがって、様相の変わった川にビックリ!
ガンガン瀬の下の大淵が埋まってる・・・














キタ━━━━ヽ(・ェ・`)ノ━━━━!!!!
あぁ~あ・・・発電所吐き出しと並ぶ第一級ポイントだったのになぁ。
岩脇が辛うじて掘れてるだけ、見る影も無くなっちゃいました。
吐き出しはと言えば・・・













川幅が全体的に広がってしまって川底に玉石無し。
やってみたけど生態反応もまったく無し (´д`)嫌な雰囲気・・・

居ると信じてひたすら竿を振っている間に、一人の渓流師が脇目も触れずに下っていった。やはり本命なポイントはこの下にあるのか?そう思いながらユックリ下って行くと、先ほどの渓流師おじさんがプールで直向に竿を振っていた。
挨拶して話しをすれば、今日はまったくアタリがないとの事。
かなり広いプールで、ルアーでもなければ攻めきれない様なトロ場でありました。

これ以上は下れず、対岸にも渡れず。
白丸BWからも上れずがあるので、釣り人の入れない区間が100mは在る事になる
この区間、上から良さげな淵やら見えるんだよなぁ・・・高くて降りれないけど。
去年一回だけ白丸BWから上れた時には、確かにポイントもアタリも多かった。
いやぁ~・・・入ってみたい、下からカヌーで上がりますか?

丁度8時に白丸BWに移動、ここ数回来てますが水が多い?
カヌーも出てますが・・・今日は日曜日なんでしょうがないですね。

さて、遅くなりましたが本日の相棒は水没君2こと大物鯉釣り師であります。
前回の釣行で、迷竿『本流大鯉棒』をボキッとやらかした。
挙句は激流鮎師のごとく、川の流れに本当に身を任せ ♪ 美空ひばり真っ青
なんと、迷竿を復活させたとか?マジですか??













おお~本当に直ってるよ!
何でも3番の口金が割れたので、2番の元を細工して太くしたとの事。
流石ですな、実際に8寸なニジが掛かっても難なく抜けました。
あんたは偉い!

ここで出なかったら今日は素直に帰りますとばかりに、ニジ淵を流す。
いきなり来たのは木っ端ヤマメ、やはりアタリがあるとモチベーションも上がってきます。
居る!そう信じて集中して流す。




竿・曲・げ・て


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!




やはりこうでなくては!ひったくる様なアタリにドンピシャで乗った!!
本日のタックルはスーパーゲームLS9.5に06通し、針は8号ヤマメ半スレひねりで早々切れないはず。竿は弓なり、下に張り付いて動かない・・・

これはもしかして(゚∀゚)本命のヨカーン
















いきなりジャンプしましたが何か?ヾ(゚ω゚)ノ゛

ニジ3号ですな( ´ー`)フゥー...
しかし大切に行かないと・・・デカそうですぜ

35cmな鰭の張った良いやつが出てくれました!(≧∇≦)b
長さも然る事ながら、幅広!鮎とか食ってるんだろうな・・・こいつ

ここ白丸BWは、虹鱒がワイルドに生まれ変わる貴重な場所。
ヤマメじゃないけどニジも尾が張ると良い魚になりますね。
ニジでも良いですかね?良いじゃないですか!!(←逆切れ)

続いて第二弾!


マタマタキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!


今度は一気に下り始めた!ヤマメなのか??

















8寸!ヤマメ!本命!!
竿が竿だけに直ぐ抜けちゃいましたが、これも鰭の張った良いヤマメ。
いやぁ~久しぶりです、元気してましたか?あなたに御逢いしたかったす。

大物鯉釣り師も木っ端にニジとボーズ回避、8寸なニジもゴボウ抜き?
どうやら謎の迷竿も何とか使えそうです(デカイのが来たら解らんけど・・・)
またネタ提供してくださいネ♪


カヌーが沢山出てきたので11時で 糸冬 了
今日も良い釣りができました アリガト!(´▽`)

上空から猛禽類が、かなりの急接近!
襲われそうなので、河辺大勝軒食って帰ります。
( ´∀`)/~~