2011年5月4日水曜日

黄金週間第二弾 やっぱり丹波支流

釣果・・・マメ9寸 アトチョト( ゚д゚)ヤン      岩魚8寸 チビ岩魚数匹

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ Tetsuですよん、皆さん連休楽しんでますか??
連休が長い人なら8連休?すんげぇなぁ・・・
オイラの会社はカレンダー通りな休みですがね。
それでも3連休が2回も? 夢のようですよ。
 
で、連休後半、またまた行って来ました丹波川支流、単独釣行であります。
一度良い思いをしちゃうと、また直ぐに行っちゃう (の´ⅴ`の)アホ でありますよ。

多摩川、川井がそろそろ良いのではと、出撃を考えていたんですが・・・
前日の雨とピンチョロ山盛り、そして前回の谷を奥多摩古文書で読み返している内に、つい・・・
二股に分かれた谷の向かって右側、こちらは自分の遡行レベルを知る上でもってこいの谷だそうで。
で、右谷ができたら今度は左谷に挑戦だとか何だとか書いてある。
過去に靭帯痛めたり、頭から後に落ちてメガネを吹っ飛ばしたりしたことがある。
山岳渓流の単独釣行は少々ヤバイ気もしましたが・・・
踏み後やら高巻きもしっかりしているそうなんで、行けるとこまで行って見ました。
目標は落差10mの大滝、そこまで行ければ帰るつもりであります。
さて、どうなる事やら・・・

車は無し!またまたこの谷はオイラだけのものですか?
例によって本流から支流に入っていきます。











前回の釣行から数日しか経っていませんが・・・
水が少なくなってる!?昨日は雨降らなかったのか?
あぁ~そうか、森のお陰なんだ。
広葉樹林の森は、そのままダムと言っても良いほど水を蓄える力がある。
多少の雨じゃ水量は増えないのかもしれない・・・

前回出た淵は悉く空振り。
やっと来たかと思えば5寸ほどのチビ岩魚 ヾ( ゚д゚)ノ゛即リリース。









 

前回の滝までやってきた。
大場所ですよ!

ここで、やっと良いアタリ!
しかし掛かりが浅かったか底バレ(´・ω・`)ガッカリ・・・
でもでも!岩魚ならもう一回来るかも?
しつこく流して見る・・・


キタ━━(゚∀゚)━━ヨ











8寸岩魚さん!やっと良いサイズですよ

前回は、この滝で1匹出して折り返したんですが、今回は右岸から上ります。
この滝は全然OK、問題ありませんな。

日が射してきました、森は緑色であります。











 枝に引っ掛けないように注意しながら流す・・・

ヽ(`Д´)/それだ!

またキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

さっきよりもデカい?なかなか上がってこない!
岩魚かと思ったら何やら違うのかぁ?











ヤマメだぁ~
しかもデカイ!錆びてる?
去年、後山川で採った尺ヤマメと同じような魚。
ただし顔が丸いのと腹を握ったら卵が出てきた!
雌のようであります。
山岳渓流の居付きヤマメ。
本流とは一味違い、ヌメの強いパーマークのハッキリしたヤマメさんでした。

どんどん上ります。












滝。
淵。
左岸にロープが出ていて、何とか行けそうです。
上の滝は壁にへばりついて行けました。
ただしアタリはないですね・・・











壁にへばり付いてのワンショット。
高ぇ~ (((( ;゚д゚)))アワワワワ

単独なので無理はしない。
無事に帰る事が最優先です。











で?何これ・・・どうすんのよ?
この滝も左岸から細いロープを頼りに真上に昇ってから巻きました。
怖かった(゚Д゚;∬アワワ・・・
だんだん沢屋みたいになってきた。
アタリが無くて、釣りどこじゃない。
ただ、上にある10mの大滝までは行って見たい!思いはそれだけ。
途中、竿を畳んでみたり両手が使えないと上っていけない。











で、ついにギブアップ ( ´ー`)フゥー...
 
やはり左岸からロープが出ているものの、どうやっても滑りそうなので断念。
ここで引き返しました。
自分の現状では無理、勇気ある決断と言う事にしておきましょう。
この辺で勘弁しといてやるぜ( ゚Д゚)

結局、良い魚は2匹のみ、後は6寸前後のチビでした。











取り合えずチビはリリース。
デカイのは下まで持っていって写真を撮ってリリースであります。

やっと、最後の滝を降りて休憩がてらパンを食う。
と、下から何やら賑やかな連中が上がってきた。











女の子も居る、沢登の面々だ。
釣師は朝一で入るので、丁度入れ替わりで良かった。
 上に巻けない滝があるよ~
気をつけて行ってくださいよぉ。

前回とは打って変わって、かなり渋い結果となりました。
まぁ、前回が良すぎたんだろうけどね。
それでも、良い魚が採れて良かった(・∀・)

次回は師匠を誘って来て見るつもりです。
それまでに一雨欲しいとこですね。

2 件のコメント:

  1. お疲れ様でした。
    カッコいい山女魚!!
    うらやましい。私はゴールデンウィークは、単独日帰り源流釣行でした。
    尺には逃げられ最高が28㌢。悔しい!
    毛ばりは逃げられると、次は二度とないです。

    返信削除
  2. >毛ばりさん殿
    毛ばりさんこそ良い魚に出会えたようで(・∀・)
    山岳渓流やら源流になると、沢歩き一つ取っても魚に気を使いますよね。
    ノンベンダラリと歩いていれば、もう出てこない。
    走る影は見えるのに…って感じで。
    毛ばりは更に難しいのでしょう。

    宜しければ掲示板にも写真を貼ってくださいネ♪

    返信削除