2011年5月14日土曜日

嬉しさ(・∀・)半分、がっかり(´・ω・`)半分

釣果・・・岩魚5匹(尺・9寸・8寸・7寸×2)ヤマメ2匹

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ Tetsuですよ、みなさん良い釣りしてますか?

最近、本流がさっぱりなんです。
オイラが下手なだけなのか、さっぱり 馬犬 目
ルアーでは出たという話もチラホラ聞きますが・・・
餌で狙う、多摩川・丹波川ともに本流が宜しくないのはσ(゚∀゚ オレ!! 一人??
で、釣れないから山へ山へと行ってしまう。
自称『大物本流師』を『プチ山岳渓流師』に改名しようかと考え中・・・ヽ(;´Д`)ノ

(-Д-)ウソですが 

しかし、まぁ季節は初夏、すっかり新緑の眩しい季節になりました(*´д`*)











外へ出かけるには最高ですな(・∀・)

さて前回での予告通り、師匠を案内して行って来ました丹波川支流であります。
前日まで雨、そして今日は晴天気温上昇?
良い釣ができる可能性は大であります、が、どうなることやら・・・

水量は若干多い程度、本当にが綺麗であります。











師匠優先で釣上ります。











流石に我が師。
初めての谷でも淡々と釣上がります。

この谷、上に行くほどアタリが渋く、型も小さくなってくるような・・・











良い淵の連続であります、が、なかなかアタりませんねぇ・・・
師匠の釣り方、軽めの錘でフワフワと流します。
オイラも最近、真似してみますが、良くアタる時もあればサッパリな時もあるんですね。
オイラの場合、なるべく底にはいるように重めな錘で、底石にコツコツとやります。
今日は底が良い様で(・∀・)
要は、その時々のコンディションにあった釣り方を、早く見つけることなんですな。











しかし流石に我が師、百戦錬磨!?
25cmな岩魚を淵から引き吊り出しました。
時間にして14時半、まだ上はあるようですが、釣れる魚も小さくなり引き上げました。











ロープ伝いで結構ドキドキ (゚Д゚;∬アワワ・・・











で、オイラの釣果











20cmなヤマメも2匹釣れました。
山岳渓流のヤマメ、小さいながらもサビあがりです。
腹が黄色い岩魚、7寸











9寸にギリ尺も出ました(・∀・)











岩魚カワユスナァ・・・イワナ・・・
尺物は、やはり中々上がってきませんでした(≧∇≦)b











デカい岩魚が釣れて大満足!写真だけ撮って全てリリース(・∀・)

ではなくて、8寸岩魚のみ今日は持ち帰りました。
この魚、鰭ピンなんだけど何かおかしい・・・
なんだぁ?
尾鰭がカットされてるじゃん!

釜無川辺りの、どこぞの釣集団が、そんな事をやっていると聴いた事がありますが・・・
まさか丹波で、こんな魚に出逢うとは思っても居なかったなぁ。
尾鰭カットねぇ・・・(°Д°)ハァ?
何処の何方か存じませんが、つまらない事をやりますなぁ(´・ω・`)ガッカリ・・・

オイラは基本リリースですが、それは年に2~3匹くらい食べられれば良いから。
持ち帰るのも当然アリだと思ってます、当然大きさやら稀少さは考慮しますがね。

8寸岩魚、美味しく頂きました( ゚Д゚)ウマー


ただ、この尾鰭をカットする行為・・・

どうにも(´・ω・`)ガッカリ・・・

みなさんはどう思われますか??

2 件のコメント:

  1. 本当につまらない事をやりますね。
    アウトドアー遊びの基本は飛ぶ鳥、あとを濁さず
    だろうと思います。
    国宝に落書きされるのと同じような
    嫌な感じがしますな(`・ω・´)

    返信削除
  2. >syuntajai 殿
    正におっしゃるとおりです。
    多摩川で、この手の魚に出合わない事を願うばかりですね。
    いやぁ~しかし、(´・ω・`)ガッカリ・・・

    返信削除