2011年6月12日日曜日

ニジマス野郎復活?二日続けて喜久松

釣果
6/11()・・・木っ端ヤマメ多数(4:30~11:00)
6/12()・・・木っ端ヤマメ多数・ニジマス35cm(4:30~9:30)・ルアー ヽ(`Д´)ノ

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ Tetsuですよ。
蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
雨も中途半端に降ったり止んだり、まったくハッキリして欲しいもんです。

今日、6月12日は鮎の解禁日、鮎師諸君!お待ちどう様でしたね。
今年の鮎はどうなんでしょうか?
去年の多摩川、鮎は大不評でありました。
もぉ全然釣れない!漁協もさぞ肝を冷やしたでしょう。
今年は冷水病覚悟?で琵琶湖産鮎まで投入してヤル気満々ですね。
鮎が居ないとスーパーヤマメも育たないですから。
川通しで鮎の群れを見れたんで、去年よりは良いのでしょうかね?

さて昨日、今日と行って来ました多摩川は喜久松であります。
先週の感触が忘れられず二日連続で出動、まったくもって莫迦であります。

6/11(
師匠がドタキャン?仕事じゃしょうがないね。
1人でも行きますが、って、雨かよ・・・(´・ω・`)
しかし、一昨年だか雨交じりの日に良い魚採ったんだよな。
ミミズのみでいざ勝負!
4時半、俺より先に釣り人一人?気合い入ってますな。
同じ本流師さんが居るので何だか嬉しいなぁ。
本流釣り好きは、俺1人じゃなかった!(TдT)
要はバカは俺1人じゃなかったってことだ(ノ´∀`*)

さて、先行者さんは下に入った。マイポイント確保!











良い雰囲気・・・でも、騙されちゃいけない!












先週と同じマイポイントを徹底的に流す。
 アタリは・・・おぉ!あるぞ!!
しかし乗らない?ミミズがドンドンかじられて行く。
これはもしかして・・・
ハイ、その通りで木っ端ヤマメさんでしたヽ(;´Д`)ノ
やっときた!と思えば糸切れ?もぉ帰ろうと思ってたのにぃ!
やっと出た良いアタリと手応えに仕掛けを04に張り替える。
また木っ端。











ちっ、水鳥までやって来やがった。
こいつら、人の下流をチョロチョロやってたかと思えば突然消えた!?











と思ったら正にこれから入れるポイントでプカプカ~
そのうちカヌーやラフティングボートまで出てきた。
BBQERもゾロゾロ出てきたんで終了。
先行していた本流師さんと30分ほど情報交換、これだけが本日の収穫でした。
いやぁ~有意義な情報、ありがとうございました。

6/12(
日曜は鮎も解禁になるし行かないつもりだったけどさ。
天気予報は曇りに変わるしウェダーは乾いちゃうし。
雨上がりの減水気味なら良いんじゃない?
何だかんだと理由を付けて行きたがる、全ては先週出たヤマメのせいですな。
ヤマメは魔性です、ハイ。

で、今朝は誰も居ない・・・
今日はブドウ虫しかないので、どうかな?って思ったんだけど・・・
昨日より食い気があります、ただし木っ端ねヽ(;´Д`)ノ
誰も来ないので、あれやこれやとやって見ますが・・・
釣れて来るのは10cm前後の木っ端のみ。
それではと思い切って川通しして下流に行って見た。
昨日9時過ぎに水が増えてきたのは白丸観光放水のせいだろう。
まだ7時前なんで大丈夫だろうけど油断は禁物、増えたら帰れないし。

下流はガンガンの瀬があって、岸はボサが凄い。
流されないように、緩い水際を下って行くと何やら横たわっている。
これは・・・











首の無いニジマスの死骸?
ニジマス??いやスーパーワイルドレインボーだ!
全長、2尺以上!幅も15cm以上じゃないの?!
こんなのが居るのか!しかも比較的新しいのでは・・・
そう言えば向かいは、デカい石にガンガン瀬がぶつかって二股に分かれている。
かなり深そうで水量も多く、正にこんなのが居そうな雰囲気だ!

居るのか?流して見る。

下石に錘がコツコツと当たる感触?根掛りに注意しなければ・・・
と思ってる矢先に目印が止った ( ´ー`)フゥー...注意していたのに。
何とか無事に抜けたんで、目印を少し浅くして2Bを追加して流す。
さっきより底波入り、なおかつ下に引っかからない!良い感じだ~




( ゚д゚)ビンゴー

やっときた!木っ端じゃないよ、こんどは!!
しかも、デカい!

のは解るんだけど何やらヤマメじゃない予感・・・
ジャンプはしない!けど下流に走るわけでもない・・・
やっぱニジマス・・・なのか?











ハイ、その通り!
しかし先ほどのでは無いにしても35cmあって体高もあり鰭も張ってますぜ(・∀・)
プチワイルド?結構綺麗な虹色も出てるんで良しとしましょうか。











最後に何とかカッコが付きました(・∀・) 今日はこれで終了。
帰ってくると、鮎師の面々が続々と終結していました。

本流師→ニジマス野郎→プチ山岳渓流師と進んでまいりました。
で、やっと先週、本流師復活かと思いましたが・・・
またまたニジマス野郎に返り咲き?じゃ、今度はまたプチ山岳渓流師だな。

先週も含めれば3週連続な喜久松ですが、ここはやはりデカイのが居ます。

根気良く通えば何時か採れるかも?
根気良くですよ(・∀・)

8 件のコメント:

  1. お疲レンホー! 川越人ですよ。

    七色に輝く外道もなかなか幅広でいい魚ではないですか! かなりの手ごたえだったのでは…

    この川の状態では鮎は厳しそうですな。垢も着いて無さそうですしね。しかしそろそろ鮎も始めてみたらいかが? あんな面白い釣りは他に無いですよ(笑)

    返信削除
  2. >川越人殿
    手応えは良かったですよ、手応えはw

    今日は多摩川鮎の解禁日でしたが、あまりパッとしてなかったようです。
    それにしても、鮎ってそんなに面白いのですか?
    機会があったら是非やってみたいのですが…
    これ以上の釣り道楽になると、家族の視線が突き刺さって死んでしまいそう・・・w

    返信削除
  3. 鮎は面白いですよ! なんたって魚を操って魚を掛けるのですから。ただし本格的にハマルと仕掛けにこだわりだして、自宅でも暇さえあれば仕掛けをいじくりだすので、冷たい視線は相当突き刺さると思います。かえってあきれ返られたほうが幸せかもしれません。私も家庭崩壊の前兆を嗅ぎ取って足を洗った経緯があります(笑 ウソデスガ)

    返信削除
  4. 嘘とは思えないのが怖い...
    (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

    返信削除
  5. こんばんは!
    初コメントさせていただきます。
    わたしはルアーですが、同じ多摩川アングラーとして仲間に入れてください!
    あの日は初めての場所でしたが、多分同じ水鳥にやられました。
    わたしの投げてるポイントを行ったり来たりと、アイツ絶対に分ってやってますよね^^;

    でも、通ってしまいそうです^^
    又お会いしたら、是非声を掛けてください。

    返信削除
  6. >あな殿
    ようこそおいでくださいました!
    仲間に入れてくださいだなんて、またそんな(・∀・)
    渓魚フェチ、ましてや同じ多摩川フリークですもの
    もぉ大歓迎ですよ!!
    それにしても、やはりあの水鳥にやられましたか?w
    喜久松は、真ん中の岩の下流のブッツケが上からの崩落で埋まってしまいました。
    一番の大場所だったのですが・・・
    で、わたしがやってた場所、ルアーでも絶対来るはず!
    っていうか、本流竿では9mでも攻めきれないんですよ。
    是非ルアーで挑戦してみてください。
    他にも下流域にはルアーでトライしたい大場所が沢山!
    奥多摩橋、和田橋、石原、寒天などなど、極めつけは下奥多摩橋ってとこでしょうか。
    梅雨空けのころから小作差しな多摩尺が遡ってきます。
    私は正直、あなさんをお見かけしていなかったので、こちらこそお声掛けください。
    多摩尺めざして頑張りましょう!

    返信削除
  7. ´ω`)ノ TOTOです。

    ニジマスではありますが、サクッと尺上とはさすがです!
    2尺とは凄いですね~。
    恐るべし多摩川・・・。

    返信削除
  8. >TOTO殿
    おぉ~テンカラ師登場ですね!
    多摩川もまだまだ捨てたもんじゃないですね(・∀・)
    しかし秋川も行ってみたい今日この頃・・・

    返信削除