2011年6月25日土曜日

山へ・・・ 後山川

釣果・・・ヤマメ8寸  岩魚9寸×1・8寸×2 他チビメ・チビナ数匹

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ  Tetsuですよ、みなさん如何お過ごしでしょうか?

アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・

連日の猛暑酷暑、昨日の熊谷市の最高気温は38度!
たまりませんなぁ・・・
ビールは美味くて結構ですが、寝苦しいのなんの

そんな時、思い浮かべるのは、やはり山・・・
渓、谷沿いに流れてくる冷気、清冽な水。

山岳渓流に行きたい!

本流ヤマメが良い!なんて言ってましたが・・・
3連続で行ったから良いだろ?と言い訳。
やっぱり釣れた方が楽しいわけで。
帰り間際に急な残業が入ろうが、しっかり片付けて行って来ました。
丹波川支流、後山川釣行であります。

今日の相棒は師匠、単独調査釣行した後山川下流へ入渓します。
2時45分発、留浦ドラム缶橋トイレで着替えて4時半には川に立ちました。
途中雨も降りましたが、御岳のセブンイレブンでは月も出て天候は良好!

涼しい~( ・∀・)アヒャ

大菩薩街道気温計は20度の表示だった。
川面は更に低いんだろう・・・
正に夢に見た山岳渓流、上が木に覆われて日光も余り差しません。
やっぱり真夏は、こんな釣行が最高であります。











入渓点から一旦下って堰堤上まで行って見ます。











前回はチビイワナが出た淵も反応無し。
そういえば降り口に踏み跡が結構有ったかも・・・











なんて心配を余所に師匠がいきなり掛けた!
25cmを越える幅広ヤマメ?これはマイッタ。
師匠のフワフワ釣法が有効って事は・・・
自分のデカ錘で底を探る釣り方は今日は駄目なのかも?











谷に日が差し込んできた。
午後から雨の予報と朝焼けで、天気は下り坂なはずなんだけど・・・

しかし、この渓は良い。
あまり日が差し込まず、夏には最高な渓なのであります。

さて、本日のタックルでありますが、すっかり岩魚竿と化した渓峰尖
06天井糸に、水中糸は思い切って04張ってみました。
2B×2~3な錘に、熊太郎太虫とブドウ虫で勝負あります。

途中チビメ・チビナと数匹出して、やっと良いアタリで8寸なヤマメ。











何やら美白で綺麗な魚体。
これで師匠と並んだかと思いきや、この爺様は!
チャッカリ8寸岩魚を追加してやがったヽ('A`)ノ











師匠のニューロッドも、すっかり入魂済みであります。
チビが底でアタるようになってきた代わりに、師匠にアタリががなくなってきました。
ゴール間際の落差がある区間へ突入、そしてついにゴールへ。











日差しが強烈 ι(´Д`υ)アツィー
木陰にデイバッグやら荷物をおいて休憩後、堰堤下をやってみます。



アタリませんなぁ・・・
こんなに日が照りつけているんじゃ駄目?
って、違うのですよここは。
去年、やはりここでアタらずに川虫を付けてみたら一発ビンゴ!
よっしゃ、採っちゃるぜ。
師匠と変わりばんこに攻めて見ます。

結果は以下の通り。

8寸岩魚さん1号











続いて岩魚さん8寸2号











そして今日一番の大物!9寸岩魚さん1号











師匠と二人で5匹抜きました(・∀・)
最後のこいつは、2B×3にプラスして4Bも追加。
白泡の真下に沈めてドカ~ンと来ました。











釣果は師匠と仲良く岩魚3匹にヤマメ1匹ずつ。
何時の間にやら風も吹いて来て雨雲まで出てきた。
撤収!
今日は良い釣りができましたぁ (・∀・) また行くよん

0 件のコメント:

コメントを投稿