2011年9月11日日曜日

9/10 台風明け丹波川釣行

釣果・・・支流 ヤマメ7寸1尾・イワナ七寸3尾 他チビイワナ
              本流 ヤマメ8寸1尾

『尺が釣り隊』隊員番号003番 Tetsuですよ ( ゚∀゚)ノィョ―ゥ
みなさん如何お過ごしでしょうか?台風、来ちゃいましたねぇ~
多摩川では小河内ダムが 余水吐放流、下の白丸ダムはゲート全開となりました。
この川の恐いところは、ダム放水系の濁りは中々取れない事。
未だにキャラメル色した水が流れてます。
鮎は厳しくなりましたね、そしてそれを狙うトラウト系にも影響は必死でしょうか。
多摩川本流、今シーズンは既に終了のフラグが立ってしまいました。

じゃぁ、ダムの上は?
行って見ました、丹波川は支流&本流であります。

前日までの情報、保之瀬で崩落通行止め!?
これは小菅経由で前乗りも有りかと思われましたが、何とか復旧できたようで
しかしまぁ、奥多摩湖の水の多いこと!
道脇の小さい流れは、滝になってるし。
トンネル内も上から水がジャンジャン降ってくる。
保之瀬崩落も、小さな流れが滝となって土砂を撒き散らしたようでした。
復旧に携わった方々、ご苦労様であります。
多謝

4時に道の駅に到着。

*:...。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:...。.:*


山村で月明かりも無く、リアルプラネタリウム状態!
天の川見たのは何年ぶりだ!?

早々に着替えて、お目当ての支流へ・・・
ゲッ!既に車が一台  (゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
しかし、ここまで来たからにはタダでは帰れない。
とりあえず準備して山入り、30分の山道であります。
途中4箇所はあったか、土砂が道を塞いでいたりで台風の影響は凄いもんだ。
何とかポイント到着、思ったとおり水量は多いが水は澄んでいる。

さて、今回の相棒は久々の出番!?大物鯉釣師であります。
この男、少々?いや、かなり病んでます。
前回のあの魔闘気釣行から一回も行ってませんでした。
釣り止める!宣言しちゃったからねぇ (;´∀`)・・・いたいなぁ・・・
しかしインドの山奥で修行したようで、少しは良くなったとの事(自称)
じゃぁ行って見ようかとなりました。
本当はもう1人スペシャルゲストが居たんですが、都合で断念?
スペシャルゲストさん、また都合が付けば行きましょう!

さて、何時もの如く長い前置きで申し訳ないm( _ _ )m
大した釣果ではないので、ここからはダイジェストでどうぞ。

水が多い?雰囲気最高!雰囲気だけですが(・∀・)











そこらかしこに崩落の後が!











さて、病釣師の方ですが・・・
大物鯉釣師を先行させ、とにかく先ずは1尾釣ってもらわねば(;・∀・)











大きさはともかくヤマメとイワナを一尾づつ、とりあえずは釣れて良かった(・∀・)
まだ心は頑なですが、回復の兆しあり?これからも修行に励んでくださいね(・∀・)

普段はチョロチョロした流れが、立派な滝に変わってましたΣ(・。・;)











ちょっと触って見ようか・・・
冷たい(-Д-)
気持ちいい~~~( ・∀・)アヒャ











さて、どんどん遡行、前には行けた廊下も難儀しそう。
大物鯉釣師はここで断念、俺には無理だそうでw











大物鯉釣師が来れないので、次の滝で最終勝負だな。











ヤマメとイワナ、同じ七寸でも体型が違うのでボリュームも違う。
さすがバラシ王!これはと思う魚は、悉くバラシでバラシ王健在ですな(・∀・)











時計を見れば12時すぎてるし。
腹減ったので脱渓、やまびこ蕎麦へ直行
1時間ほど村営ニジマス釣り場で楽しいニジマス釣りを見学しながら休憩
15時過ぎに、どうにも気になる本流で第2ラウンド開始!
大物鯉釣師は膝が痛くてリタイア、1人で谷に下りて生きます。
水多し、川通し不能ですが良い水の色なんだなぁ~
何とか8寸ヤマメが出ました( ´ー`)フゥー...

日暮れまで奥多摩に居たのは久しぶりだなぁ・・・
峰谷橋脇休憩スポットでお着替え、って何この水は!!











BWは、どこぞの木材流しの終着場の如し。
木っ端から切り株、大木一本まるまる流されて水が見えないほど浮いてる。
水際の土が見えないほど、森の下が直ぐ水。
帰りがけに海沢大橋から見た多摩川は、湖の色そのままでした。

ついに今シーズンも残り3週間弱となりました。
悔いの無いよう頑張って行きましょう(・∀・)

9 件のコメント:

  1. Tetsuさん、
    丹波もまだまだ水が多そうですね。
    多摩川本流は、当分ダメそうなので、丹波川に期待なのですが、親川橋あたりはまだ渡渉は無理そうですか?

    返信削除
  2. こんばんはっす‼
    この状況でも結果出しますか⁉流石ですなぁ^^;
    引き出しの数が違うんでしょ〜ね!
    多摩本流はヤバそ〜ですね(~_~;)
    後半戦で期待してただけに残念です。

    返信削除
  3. SUMUさん、お晩です(・∀・)
    御存知の通り、親川はグッと狭まってますからね
    そこにあの水量、降りた先は川通しもできず釣りにはならないかと
    何より、親川合流地点までバックウォーターが迫ってきてました
    山もかなり水を吸い込んでいるようで、当分難しいと思われます
    水の色は、かなり良いので上のほうなら良いかも?

    返信削除
  4. takiさん、お晩です( ・∀・)
    人より少々早めにポイントに行ってるだけですよん
    多摩川本流のほうはねぇ・・・
    勝負できるのは日原、しかも上流のみってとこでしょうか
    鮎が流されトラウト系も大ダメージ
    何しろ、あの色では釣り気も失せてしまいますね
    今シーズン終了のフラグ立ちってとこでようか
    (´・ω・`)ショボーン

    返信削除
  5. また ブログネタにしたっすね?
    別にネタ提供してるつもりは無いのですけどねぇ~
    それから あんまり病病書かないやうにw
    まぁ ソバが美味しかったからすべて許そうw

    返信削除
  6. 大物鯉釣師殿
    インドで修行した成果が出て何よりです
    更に修行に励みましょう(*^ー゚)b

    返信削除
  7. こんにちは。もーりーです。
    秩父も本流はまだ壊滅状態、ポイント消失って感じでしたorz。支流は水量釣果ともなかなかのもんだったので大物狙わないで朝から支流に入っていればなぁ。悔いの残らないように本流でまともな釣りがしたいですね。

    返信削除
  8. こんにちは! U。・ェ・。U
    どんな状況でも結果出すんですね スゴイです
    流石十尺竿は伊達じゃありませんね!

    ツレの方は病み上がりだったんでしょうか?
    そんな状態で過酷な釣り場へ行って大丈夫だったんですか?

    これからは冷えますから風邪に気をつけてくださいねっ!

    返信削除
  9. >もーりー殿
    やっぱりダムを抱える川は、大水が出ちゃうと影響大ですね。
    こんな時は焦らず支流でじっと我慢の釣りでしょうか。
    本流は、何とかオフまでに回復してもらいたいもんですね(・∀・)

    >ほげほげさん
    10尺(3.3mなんて短い竿を使うような場所には行かないですよw
    私が使ってるのは100尺(33m)ですよw
    連れは身も心も病んでましてw
    しかし、直ぐ「俺には無理」を連発してたんで
    無理はしてなかったんでしょう
    風邪は、確かに気をつけないとですね
    御心配ありがとうございます(・∀・)

    返信削除