2011年7月31日日曜日

雨でも行く!アホ師弟コンビで丹波川・後山川

釣果・・・

ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆ Tetsuですよん、みなさん元気してますか??

ところで、ここ最近の天気は何なんですかねぇ?
また梅雨に戻ってしまったんですか?

と、普通の人なら考えるとこですが・・・

このアホ師弟コンビは少々違う?要は普通じゃないってこった(・∀・)
水が増えると言う事は・・・大物が差す?デカイのが動き出す??
そんな淡い期待を胸に秘め(秘めてねぇし)行って見ました、毎度の丹波であります。

本当は単休なんで「青梅辺りの近場で」なんて考えていたんですが・・・
師匠曰く「せっかく行くなら丹波にしよう」の一声で決定。
まったく・・・疲れないのかよ??
師匠と俺は土曜出勤が同じ班なので、同じく単休なはずなのに・・・
って、この爺様、ちゃっかり月曜に夏休み取ってるし!
単休、俺だけかい?(#゚Д゚)
まぁ良いわ、どうせ行くなら大物狙い!
釣れても釣れなくても、ハートは大物狙いで行って見ましょうかぁ≡((  ´Д`)/≡=

3時発。
青梅に入る頃から強くなってきた雨は、御岳セブンイレブンで土砂降りの様相。
( ゚ρ゚ )アゥー腹減ってるのに車から降りれねぇ・・・
そのまま古里のセブンイレブンまで移動、さっきよりは雨が弱い?
奥多摩湖をスルーして丹波に入る頃には雨も上がってしまったぞ。
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

流石に釣り人は皆無、じゃ先週入れなかった親川に突撃!


って、ぜんぜん ダ(Д` )━メ(´Д`)━ポ(;´Д`)━━━!!!
アタるけど乗らない、やっと掛かれば6寸程のチビメだ。
何とかもっていた天気も、ついに降り出してきた。
あれよあれよと言う間に増水&コーヒー牛乳状態だ。
これは無理、終了、まだ6時半。

奥秋キャンプ場上を目指すも、降り口が雨で更に掘られて4駆じゃなきゃ上がって来れそうにない。
有料鱒釣り場先の駐車スペースは、丹波の盆踊りでテントが多数張ってて駄目だ。
それではと、少し上まで昇ると適当な駐車スペースが見つかった。
川へ降りると、そこは前回指に針をブッ刺して断念したあの場所だ!
吊橋の下が大淵になっている、前回はこの淵を目前に終了したんだっけ。

まだ濁りは無いが、直ぐ濁って増水する気配ビンビンであります。
太いミミズで流すとアタる!キタ━━(゚∀゚)━━ヨ

って、ハヤだし (´・ω・`)
立て続けに3匹、すべて7寸越え、何なんだよ・・・
続けて流す、またアタッた。
ハイハイ、どうせまたハヤですよ( ´Д`)





って、違うじゃん!
竿・曲・げ・て・キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
一気に対岸まで走られて、更に下ってローリングしてる??
本命なのかぁ??








28cmな雄ヤマメ、ほんのり淡い秋色仕様でありますよ。
幅広っすなぁ(≧∇≦)
尺は無いですが、結構毛だらけ大満足お腹イッパイであります。

さて師匠の方ですが、これが全然駄目、アタリもないとかってどうなっての?
何が違うんだろうなぁ・・・やっぱり錘なのかね。

雨がかなり強く降ってきて、ついにここも駄目。
親川と同じく増水&コーヒー牛乳の様相になってきた。
撤収、リリースであります。











雨・風・雷もなんのその、ただし増水だけは命に係わるのだ。

さて9時半、帰るにはまだ早い。
師匠もこれでは帰れない御様子、それではどうしましょうかねぇ?
こんな雨の日に入れる場所は唯一つ?











毎度お馴染み後山川堰堤下、デカ岩魚狙ってみる??

師匠優先でやってみる、アタないんだこれが ( `Д´)マヂデスカ!?
水量は大目ながら笹濁りで良い感じなんだけどなぁ・・・
師匠、結構しつこくやってましたが、諦めて下に行ってしまった。
じゃ俺に(~^◇^)やらせろ~~~
餌先行で4Bと3Bの大錘で流すと、いきなり(・∀・)キュンキュン!











7寸越えな岩魚さんじゃぁないですか(・∀・)
なんだよ、居るじゃん(・∀・)
下に居る師匠を呼ぶも、聞こえない様子。
目印以外には目もくれない、それじゃぁもう一回やっちゃうよん(・∀・)




どしぇぇぇぇぇ~~~( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・)━━━!!!!

さっきの7寸と違って走る走る!
竿を濡らしたくないので本流で使った翆幻をそのまま使ったんですがね。
これが胴から、しなるしなる!!対岸から淵底へと一気に潜り込む。
抜けない?!もしかして・・・
大物ですか?? 

















キタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!!!
アメマス系?白い斑点が凛々しい、尺には届かぬ29cm也(≧∇≦)b 
わたし、お腹イッパイであります。

師匠が上がってきたんで魚を見せると、またしつこく流し始めた( ´Д`)











やっとアタルも2回のみ、そのうち木っ端やら枝やらが流れ落ちてきた。
明らかな増水、濁りもキツくなってきたんで撤収。

本日の釣果・・・ヤマメ9寸、6寸   岩魚9寸、7寸

まぁ良いんでないの?上出来でしょうか(・∀・)

さて、来週は今年初の上野村神流川、家族でコテージにゴー!であります。
それでは皆さん、良い釣りを (・∀・)
ご機嫌よう (・∀・)/~~

2011年7月27日水曜日

多摩川下流 撃沈( ´Д`)

釣果・・・ヤマメ7寸2尾

´ω`)ノ どうもTetsuですよ。
蒸し暑い毎日が続いておりますが、みなさん如何お過ごしでしょうか?

前回の釣行ではお騒がせしまして、真に申し訳なかったす。
針の刺さった後は、まるでアマゴの朱点の様に小さなカサブタのみとなりました。
しかし無様・・・いったい、あの慌て様は何だったんだ!!

さて今日は今週土曜日の振休、前回の事なぞすっかり忘れて行って見ました。
大物狙い!?多摩川下流域であります。

台風による出水も落ち着いてきました、平水の3割り増しくらい?
上からはフィッシングセンターの大ニジマス、下からは大ヤマメが差してくるのでは?
そんな皮算用で長竿持って、下流域に出撃であります。
出発は3時半、すっかり日の出も遅くなってまいりました。
これからが暑さの本番ですが、毎週日の出前に家を出ていれば季節の微妙な変わり目も解るもんです。
もぉ早朝は秋の気配ですよ。

マル秘ポイントに入るも1時間やって、アタリは1回のみ。
くぅ~~・・・少々渋すぎるんでないかい?
新子すらアタラない・・・魚いるのか?
ここは去年は良い釣りができたんだけどなぁ・・・

これでは釣りにならないので場所移動、喜久松まで行って見る?











水量は、そんなでもないなぁ・・・
濁りは、あのクリームソーダが薄まった感じ?
まぁ良しとしましょうか?
気になるのは鵜の群れが占拠していた事。
釣り人は居ないが、鵜が潜ったら魚はもう出てこないわけで。

例の大石の脇を流すと新子のアタリ!やっぱりこうでなくっちゃ(・∀・)
アタリが無くちゃ始まらない。
ゆるい流れには新子が溜まってそうなんで、結構流速ある流れを流して見る!

( ゚д゚)ビンゴー

ガツンとアタッてアワセもドンピシャ!竿弓なり!?




って、魚が引っこ抜けて飛んで来た!?

7寸ヤマメ、新子が少し大きくなったようなやつだった。
( ´ー`)フゥー...脅かしやがって     (´・ω・`)ガッカリ・・・

更に少し上の、ガンガン瀬が大石にぶつかる後で7寸を掛けて終了。











デカニジでも狙おうと白丸BWまで行って見たが、ここもまだ水は多かった。
川通しできないので諦めて帰りましたとさ。

婚姻色が出ている夏ヤマメ、季節は秋へと確実に移行しています。
うかうかしてると、直ぐ禁漁ですよ!

さぁ、頑張って行きましょう (,,゚Д゚) ファイトォ!

2011年7月24日日曜日

7/23 夏ヤマメは激痛と共に? 丹波川奥秋上

釣果・・・ヤマメ8寸2尾・7寸1尾、ニジマス2尾

´ω`)ノ どうもTetsuですよ、みなさん如何お過ごしですか?
台風、やってきましたねぇ、川への影響はどんなもんだったでしょうか?
下流域では大増水?その水が引けばチャンス到来か!?
と言うわけで、行って見ました丹波本流であります。

で、釣行は昨日、本日は家で大人しくしているのでありますよ。
何故かって?それは後ほど・・・
ちなみに今日は写真少ないですぜ( ・ω・)モニュ?

毎度毎度の師匠との釣行。
目指すは親川、水が引いて大物が差して来る!?
って、現着4時にして既に一台の車が停車してる!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
やっぱりTABERは、同じ事を考えるもんだと苦笑して場所移動、保之瀬へ。
増水しているのか・・・?
増えている気もするが、何より流れが変わって川通し不能、再度の場所移動。
結局落ち着いた先は本流、奥秋キャンプ場から釣り上ります。











あれやこれやと寄ったんで、すっかり夜が明けてしまいました。
鮎師諸君が続々終結、ここら辺は唯一な平川で鮎師が多いですな。
なんで、ヤマメ狙いな釣り人は少ないのか?
そうでもないか( ´Д`)

チビメがミミズを食いちぎっていきます、ブドウよりキジが良い様で。
白泡の瀬に大錘でブッ込んで、やっときたかと思えば9寸はあろうかと言うハヤ。
ハヤは、すっかり婚姻色がとれてしまいましたね。

こんなもんかな・・・と、思いつつ木が被さった深めの瀬でやっとキタ━━(゚∀゚)━━ヨ











久しぶりなヤマメは7寸な夏ヤマメでありました。
さて、写真はここまで。
後に8寸幅広ヤマメを2尾にニジマス2匹を追加しましたが、写真を撮る余裕が・・・




























痛てぇ~!!
















釣り針が刺さる事は良く有りますが(無いか?)
何をどうしのか、今回はズブっと行ってしました(゚Д゚;∬アワワ・・・
返しがあって抜けない!!
取り合えずは糸を切ってミミズもちょん切った(少し残ってますがw)
グローブもハサミで切り裂いて、なんとか抜けないものかと色々試しましたが・・・
針を動かすたびに激痛が走る!もぉビリビリ!!


動かさなければ痛む事もなく、お気楽に丹波山村の町医者探しとなりました。
っと、犬の散歩のお婆さんに聞けば、この村の医者は金曜日には帰ってしまうのだと。
んじゃしょうがない、痛みもないので、このまま地元まで帰る事に。
途中、奥多摩町、青梅市などありますが1時間半で地元川越まで行っちゃうしね。
ミミズ付き釣り針を右手人差し指に刺したまま、地元の少し大きめな病院に直行となりました。

病院までカミサンに来てもらい、師匠には後で連絡するからと言ってここでお別れ。
病院では指を見せて、赤っ恥かきましたが・・・ヽ(;´Д`)ノ
本日は小児外科の先生しか居りませんがよろしいですか?
って、何でも良いから御願いします。
さてこれ、どうすんだ??切り裂くのか・・・!?
痛みは・・・無い。
が、これからの処置に、恐怖で心臓バクバク冷や汗タラタラになってきた。

わたし、注射の類・・・駄目なんです。
その昔、単車の免許を取った頃には変な噂がありましてね。

献血をしないと輸血をしてもらえない!?

そんなアホな!と今は思えますがw当時は真面目に信じていましたな。
決死の覚悟でやりましたねぇ、情けないですが終わって立てませんでしたぜ。

さて、いよいよ自分の番がまわってきました、かなり恐怖してますが。
と、出てきたのは小児科にふさわしい優しげな先生、少し安心。
しかしこの先生、優しげな顔して恐ろしい事をおっしゃる。

特に麻酔はしません、麻酔注射は針を抜くより痛いからですね(・∀・)
針の先端を出して、返しをペンチで切って抜きます(・∀・)

へっ?チョッ!!
だってこれって少し動かしただけで、すんごい激痛がするんですけど?
それを更に突き刺して!?

御希望なら注射しますが、どうしましょう?でも痛いですよ~ (・∀・)

ちょっ、待ってくれ!どうすりゃ良いんだよ!?
もぉ、このままで良いかぁ?それは駄目だぁ・・・Orz

迷ってるんなら麻酔しましょう!その方がゆっくりできますしね~(・∀・)
でも痛いですからね~(・∀・)

この先生、優しい顔してやたらに痛いを連発する。
有無を言わさず麻酔注射が登場。
ヘェッ?こんなに入れるの?このか弱い指に??

あぁ、これはアンプルから移しただけで入れるのは、ほんの僅かですよ~(・∀・)
でも痛いですからね~(・∀・)

と、針の刺さっている指先をヨードチンキみたいな茶色の液体でベトベトにされた。
右手を台に押さえつけられたぁ!ちょっと!!ちょっとまってくれ~!!!

痛いよぉ~~~~・・・
今・・・するよぉ~~~・・・・ 
by  大将黄猿

ぐぅはぁぁmkdさ、おcv。@pがお、ぼ、にゃう457んdgvかl;」tbmt

大激痛!!Tシャツが汗ビッショリ

これ返しが付いてるんですか?見えませんがねぇ??(・∀・)
きついでしょうが、御自分で確認してくださいね?どうですか??(・∀・)

何時の間にやら針の先端が指を突き破ってるじゃぁないですか!

は・・・い・・・  それ・・・は・・・半スレ針・・・とい・・・って
返しは・・・そ・・んなも・・・んで・・・す

それでは残留物は無いということで、このまま抜きますね(・∀・)

何時の間にやらペンチとラジペンが並んでる!
バチン!先端の返しをぶち切って針を抜き無時完了となりました。
細いキジ針でよかった( ´ー`)フゥー...

これが返しの2つあるブドウ虫針や太目のヤマメ半スレヒネリだったら・・・

魚は大変ですよね~こんなのが刺さって、もがいても外れないんですものねぇ~
看護婦さんに言われました。

面目無い  m(。・ε・。)m

2011年7月18日月曜日

やっぱり違う!NIKON 1眼!!

( ゜∀゜)ノィョ―ゥ Tetsuですが
今日、ノブさんから先日の釣行の画像と動画のデータが届きました。
実はノブさん、当日にコケてしまったのですよ。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

ボディとレンズ合わせりゃ@@万が水没ですかぁ!!!

ところが流石にNIKON!
特に防水を謳っているわけでもないのに平気で動く!!
そりゃ、今後しっかり乾燥させなければならないでしょうが・・・
いやぁ~びっくりですな。
ワタシのLX3なんぞは、桂川で流された時には1ヶ月乾燥させましたけどね。

実はワタシもNIKONの銀塩は持ってまして、New FM2なんかで山の写真を撮りました。
山に持ち込むんで、マニュアルなんかをチョイスしましてね。
今は、下取りに出すわけでもなく、写すでもなく、眠ってますが・・・
NIKONってのは一財産、手放せませんな。

しかし流石に1眼!綺麗に写ってて、ビックリであります。
ワタシの写真とは一味も二味も違う。
以下、戦場オタカメラマンノブさんのデータであります。












 ついでに動画までいただいちゃって (・∀・)
ハヤが釣れた瞬間ですが ヽ(`Д´)ノ

戦場カメラマンならぬ軍オタカメラマンなノブさんですが・・・
懲りずに、また一緒に行きましょう。

今度はコケないようにねw

2011年7月17日日曜日

竜喰谷より 暑中見舞い申し上げます

釣果・・・岩魚8寸 他ハヤ多数


Tetsuですが (・∀・)ノィョ-ゥ  暑いですなぁ・・・
暑中見舞いもうしあげます。














みなさん、おひさしぶり!元気してましたか?
ちゃんと体調維持できてますか??

じつはわたくし、この暑いさなかやってしまいましてね。

インフルエンザ  工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

そいつは先週半ばの真夜中に、いきなりやって来た。
それまで風邪の諸症状は全く無し!?
が、いきなりの目眩と嘔吐に襲われ、会社も休んで二日も点滴しちゃいました。
立てないんだこれが、そんで目を開けるとオエッとくる。
平行神経・自律神経・三半規管などに影響があったようで
もぉ酒も飲んでないのに目が廻って酔っ払い状態でありました。
今はほぼ治りましたが、またフラフラするのですよ。
結構流行っているそうで、みなさんお気をつけを。
自分が診察を受けた時も「今日で8人目だ」と先生に言われましたが。

病み上がりで、いきなりの山岳釣行は少々無謀かと思いましたが、下界は暑すぎる!
半月ぶりの釣行は、しさどころか冷気を求め行ってみました。
丹波川の更に上流、一之瀬高原であります。

本日の相棒、例によって清師匠、師匠も何だかんだと半月ぶり。
前回、首まで水に漬かって以来の釣行であります。
その間、稲村岩尾根を往復して鷹巣山に登ったとか、相変わらず元気やねぇ~
そしてもう1人、スペシャルゲストは写真オタで軍オタな、通称ノブさん
やはり同じ会社で、わたしの釣行記を読んで是非行って見たいとの事。
写真を撮る!との名目で一眼にレンズ2本に三脚まで持っての入渓となりました。
この熊みたいなオッサンは、その昔、鉄砲を撃ってた位だから山歩きはお手の物?
綺麗な写真が後で届くはず!ですよね?ノブさんww←意味深

本日のタックル、復活の渓峰尖ZB!やっと帰ってきたのですよ(・∀・)
報告書に因れば、不良箇所がみとめられたとの事で、無償修理となりました。
3週間弱かかりましたが#1が新品交換になったんで良しにしましょうか。
06天井、04水中糸、03ハリス、餌は例によってミミズにブドウ虫であります。












いやぁ~涼しい!どころか肌寒い?気温20度だってさ(・∀・)
4時過ぎには道の駅丹波で着替えて、5時前に現着、既に車が停まってるじゃん!
どうやら前泊らしく、しかしせっかく来た訳で、まぁ行ってみようと言う事に。
しっかりした降り道だけど、フラフラしてバランスを崩しそうになる。
これはヤバかったかも・・・いきなり落差のある淵の連続。
リハビリを兼ねてどこじゃない?落ちたら洒落にならないぞ。











アタリはあるけど乗ってこない?チビなのか。
竜喰谷出会い前の滝は、壺が砂で埋まってました。











出会いの滝、正面が一之瀬川本流、右が竜喰谷。











竜喰谷は合流点から直ぐ上に5mな滝。
最初の写真のやつで、師匠が何やら掛けてます、根掛りでしたがヽ(;´Д`)ノ

カメラマンがついて来れないんで今回はここまで。
出会いに戻って濡れながら本流の滝を登ったその先の淵でやっと一尾!











8寸な岩魚でありました。
初めての谷なんで勝手も解らず、早々に退散となりました。

丹波で蕎麦を食って、帰りは親川に立ち寄りハヤ地獄。
前回の銀毛ヤマメ・アマゴは、どこまで遡上したのか全くの気配無し。
まぁ昼間だしね、朝一で入らなきゃ駄目なんだろうけど。
久しぶりの釣行は岩魚一尾で終了となりました。

いやぁ~しかし下界は暑い (;´д`)ゞ
これからは山ですな。