2011年9月29日木曜日

2011最終釣行 丹波川(TдT)

釣果・・・チビヤマメ多数(写真無し)

(TдT) ノ どうもTetsuですよ、いよいよ10月ですねぇ~
今シーズンもアッと言う間に終了です、早いですね(年取るわけだ)
皆さん、今シーズン如何でしたでしょうか?

さて、わたくし、本日は上手い具合に振休が当たっておりまして(・∀・)
しかも師匠も同じく振休、二人そろって行ってまいりました。
今シーズンLASTな釣行であります。
去年の最終釣行は良かったんですが、今年はどうなる事やら?(既に駄目オーラ)

5時過ぎ現場着、やたらに寒い!











外気温9度だってよ、(-Д-)サムイネェ
あまりの涼しさにヒートテック引っ張り出しました。











心なしか車が多い気がする・・・
そそくさと着替えます。

水は大水からは引いたのだろうが、それでも増水気味
何より流れが変わっていて、真ん中が深く掘れている。
圧しも強く深くて川通しできないじゃないか!
じゃぁどうするよ?
これは思い切って、吊橋を渡って強引に降りてしまえ!











壁に張り付いて何とか降りれました、ここまでは順調であります(・∀・)











橋の下の大淵は完全に埋まってしまいました( ´Д`)
ただ少し上にエゴがあって、これが凄く良い具合。
ここで師匠が一言「一発目から来るかもしれないよ~」
へへへ、来たらラッキー(・∀・)って、ほんとにキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

へっ?シナッた竿が、いきなり真直ぐ伸びた?
糸が無いじゃないですか

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

最近の竿に搭載されている所謂メタルトップ(リリアンではない)から
糸が外れてしまったのだ、いきなりやられた( ´Д`)
仕掛けの作り直し1回目

作り直して、また流してみる。
目印が不自然な動きをするので合わせると、魚信さんだぁ!
って、あがって来たのはさっき取られた仕掛けじゃないか?
しかもその先には魚が掛かってる?グイグイ引っぱってるじゃないか!
針が、取られた仕掛けに上手く引っかかったのか?
しかし途中まで竿がしなるも、あっけなく外れてしまった。

まぁしょうがない( ´ー`)フゥー...
さっきので釣れてもインチキみたいだしね。
しかし・・・デカかったんじゃないか今の?
これはもぉ自分のミスであります。

まぁ良いさ(・∀・)
まだまだこの先、大場所が控えているしね。
って、皮算用もあっけなくぶち壊された!川通しできないじゃん( ´Д`)
前回アマゴが出た滝下、対岸から狙わなきゃ駄目なのにぃ~
しょうがないので、滝上からやってみる・・・どうよ?

キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

これも結構デカかった、が、今度は糸が直ぐ上の枝に絡まってあっけなくバレ( ´Д`)
仕掛け道連れ、作り2回目( ´ー`)フゥー...
これ以上遡行できないので、この滝を上って脱渓。
思っていた通り、キノコ屋の裏に出てきた。
それではと、一旦車に戻って余慶橋まで行って釣り下ろうと言う事に。
しかし降りてはみたものの、やはり水が多くて直ぐに行き詰まり( ´Д`)
まだ11時前なので、ここも脱渓。
今度は前回上から覗いた核心部を師匠に見てもらう。
途中寄って見た泉水谷入り口は、車が10台以上?相変わらず人気の谷だ。
核心部の入渓地点らしい現場に着くと、調度釣り人が身支度を整えていた。
こりゃ駄目じゃん( ´Д`)

それではと、思い切って一之瀬は大常木谷出会いを目指す。
それらしい現場はあれど、何処を降りて良いのか解らずじまいで断念(;´ρ`) グッタリ
んじゃ、もう一度核心部付近に戻って駐車できそうなスペースを探す。
上手い具合に一台だけ停められる場所を見つけたので駐車。
探索すると降りれそうだ。
身支度を整えて降りる、結構急だが行けそうなのでドンドン下る。
なんか白い物体が転がってる?何だこれは!?
良く見るとキノコ(・∀・) キノコ狩り世界チャンピオン!!
なんとか降りては見たものの、予想していた通りで水が多い。
釣りになる範囲は入渓地点から前後100m程しかない様だ。











師匠がチビイワナを掛けた!
それではオイラも!?
って、今度は2回連続でバラシ( ´Д` )
内一回はグイグイ引っ張るアタリに、どうせチビだろうとヌルアワセ。
しかし!掛かった魚は腹が銀色に光る大物!?
だがしかし!!頭を振られてあっけなくバラシ、良型を都合4回バラしました(TдT)

そうです、私がバラシ王です Orz

笑っていただければ幸いですよヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ


さてと・・・今回入渓した場所の上流部が、どうやら核心部のようでした。











胴木滝

丹波川の核心部であります。
高さも水量も、更には下に広がる淵も凄い迫力!
これは確かに・・・

もっと早く来てみたかったなぁ・・・
来年はかならず挑戦してやるから待ってろよ(-∀ー)
やまびこ食堂で美味い蕎麦を食って終了となりました。

今シーズンの最終釣行、踏んだり蹴ったりでありました( ´Д`)
が、天候にも恵まれ、山と水のセラピーを堪能いたしました。
釣れなかったけど良しとしましょうか(・∀・)

渓に感謝!!  

2011年9月22日木曜日

LAST2! 台風翌日に行くアホ釣師@丹波川支流

釣果・・・


どうもこんばんわ( ・∀・)っ Tetsuでございます、皆様如何お過ごしでしょうか?

台風、またまた来ちゃいましたねぇ・・・
前回の台風の爪痕がやっと癒えて来たってのに (#゚Д゚)
残念ではありますが、多摩川はもぉ完全に今年は終わってしまったようです 。
どこぞのパチンコ屋よろしく小河内ダムは 余水吐大放出、下の白丸ダムもこれまたゲート大解放であります。
そんな台風の翌日に振休が当たってしまいました( ´Д`)
今日はLAST2と決めていたのに・・・どうする?
って、普通は行きませんが私は普通ではないのです キリッ
アホなのですよ(の´ⅴ`の)
通行止めなら帰ってきましょう、普段より少々ゆっくり4時出発であります。

奥多摩湖に差し掛かる頃、夜が明けてきた。
水を満々と湛える奥多摩湖、昨日の台風が嘘の様な静けさだ。
順調に進むが思っていた通り鴨沢で通行止め、これは想定の範囲内ですな。
それでは戻って小菅経由でどうよ?って、しっかり小菅側も通行止めΣ(・ε・;) 
奥多摩湖に来るまでも、確かに山からの水やら木の枝やら凄かったからなぁ・・・
オジサンに聞くと、山梨側はまだ規制解除の連絡が無く開けられない!?
ただし、6時半頃には解るかもと?
じゃ、ドラム缶橋まで戻って寝ましょうか (´-ω-`)zzz
気づけば7時前!丹波方面に向かった車は引き返してこない!!
それでは出発、無時規制解除で親川までたどり着く。
本流は完全にアウト!後山川は水量が多いものの水の色は良いみたい?
じゃ、時間があれば帰りに寄って見ましょうか。
道の駅をスルーして、こんな日でも入れそうな支流の様子を見に行く。
こっちも水量は多いものの、水の色は明らかに本流と違って笹濁り(・∀・)
ヨシ!君に決めた!!
ヒィ~ヒィ~言いながら約30分の高巻きをして到着(;´ρ`)チカレタヨ・・・
って、これ川通しできないじゃん エッ(゚Д゚)マジ?
まぁね、こんな日に釣りに来る不謹慎なヤツですがね ヽ(`Д´)ノバーヤ
人様に御迷惑だけはかけられない。
絶対に無理はせず、できる範囲のほんの200m程だけやって見ましょうか?
って、いきなり釣れた!7寸イワナさん(≧∇≦)b
少し緩めの大石の後ろやら、しっかりアタリが有りますぜ(・∀・)
しかしイワナって凄いもんだ、こんな激流でもしっかり緩めの流れに身を任せている。
立て続けに4尾、7寸前後の元気なヒレピン君でした。

さて、釣りのできる区間はたったの200m、その殆んどが激流でポイントは数えるほど。
アッという間に、最後の大場所と言えるところまで来てしまった。
今日できる唯一の大場所であります、血管が浮き出てまいりましたΣ(*∀*;)
興奮しすぎて枝に引っ掛け( ´Д`) 残った天井糸に仕掛けを結びなおす。
04通しでハリス無し、針も何故か普段は7回しか巻かないところを10回巻いてみた。
5B×2!極太ミミズのチョン掛け、何故か解らんが大物仕様になってしまった。
しかぁ~し!!これが結果的に良かったんだねぇ~

対岸の落ち込み脇に仕掛けを打ち込み、白泡の下に仕掛けを流す。
落ち込みに上手く仕掛けが馴染んだ!

けど (゚∀゚)ノ ショボーナ ハンノウナシ・・・
目印が落ち込みから離れて荒瀬に差し掛かる途中で止ってしまった。
竿を煽ると、根掛り?チッ、錘噛んじまったかよ!
少々深めに目印を合わせていたので、間違いなくそう思った、鯰の一件など忘れて・・・

数回煽ると噛んだと思われた仕掛けが浮いてきた。
これは錘が石に噛んだのではなくて、底に沈んだ木でも引っ掛けたか?
しかし、荒瀬に流されるはずが、何故か上に昇ってくる?


なんだぁ~???

もしかして・・・


キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

これ、魚だよ!、しかも重杉( >Д<;)

浮いたと思ったら荒瀬の流れに乗って中々上がってこない。
糸をグイグイ引っ張るんで、間違いなく魚なんだけど・・・
この時点では、そんなにデカイのが来たとは思っていなかった。
8~9寸、でかくてもせいぜい尺かな?
しかし何時までたっても上がって来ない。
しかも、この激流の中を行ったり来たりしてる?

激流に流されない?逆らって泳げる力・・・

なんか、ただ事じゃない事態に心臓ドキドキバクバク(゚Д゚;∬アワワ・・・
いったい、あなたは誰なんですか!?


ドウモ( ・∀・)っ 岩魚っす
でけぇ・・・
尺2寸・・・丸太棒
言う事無し。


11時、今日はこれだけで御の字、大満足 ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ 撤収となりました。

帰りに寄った後山川2段堰堤・・・
とてもじゃないけど無理、これはナイアガラか何かかよ?


今シーズン終了までに、あと一回予定しています。
いよいよ次回はALL LAST!今シーズン最終釣行であります。

2011年9月17日土曜日

台風が何だ!復活!!丹波川本流

釣果・・・アマゴ6寸・8寸 ヤマメ8寸・9寸 ニジマス9寸 他チビ

´ω`)ノ どうも、毎度のTetsuですよ、皆さん如何お過ごしでしょうか?
いよいよシーズンも大詰め!?
私は後2回の釣行を予定していますが、皆さんはどうですかね?
勿論今日も行ってきましたよ(・∀・)
これまた毎度の丹波川であります。

先週の釣行は台風後とは言えまだ水も多く、川通し不能で釣果も今一つ。
で、更に一週間たった丹波川、先週よりはマシなはずなんだけど・・・
5時過ぎ、実釣開始であります。














まだまだ圧しは強いものの、先週より明らかに水量も落ちてギリギリで川通し可能!
水も良い具合に薄っすらと濁って、これは釣れる気配がムンムンしてます。
実際にチビアタリもある!
流されたかと思われた魚達は、しっかり居ついているようですよ。
流石に本筋は水も太く圧しも強い急流、では脇筋を攻めて見ると・・・

キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!











6寸なアマゴ、チビばかりだったので先ずは良し(・∀・)
さらに本筋太流れの脇
本筋よりよりは幾分緩くなっている流れでキタ━━(゚∀゚)━━ヨ











8寸程のヤマメさん(・∀・)
本流筋に乗って竿をしならせてくれました。

さて、遅くなりましたが本日の相棒であります。
なんとスペシャルサプライズ!私のブログにも良くコメントを頂くこの方!
川越人さんでありますエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?











一年ぶりで年一の釣行?折角ですから良い魚を採っちゃってくださいよ!
って、心配なんて必要ない!
この往年の名釣師は早速7寸越えなヤマメを掛けちゃいましたねぇ、流石!











こんなポイント、脇からの小滝の落ち込み。











ここでは私も掛けましたぜ(≧∇≦)b
9寸ニジマス結構ヒレピンさん、これが写真ないのよ。
ってかヤマメ系の写真のみで手一杯のうれしい悲鳴?
そして8寸幅広な、またまたアマゴさん
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!











朱点も鮮やかな夏色幅広さんであります(・∀・)
いや~活性高し!流せば必ずチビアタリはある!
後はデカイのがガブッと行くか行かないかだけだ。
魚は、しっかり居ついていた。
アレだけの流れに負けず、しっかり堪えていたのだ。
自然の力は凄いと実感させられた次第。
こんだけ釣れれば、もぉ十分、上出来ですよ(・∀・)


と思ったら、また
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!











9寸鼻曲がりかけ!
幅広な魚体は竿がよく曲がってくれました(≧∇≦)b
ホント、もぉ十分です(・∀・)

さて、往年の釣師でありますが・・・











なんだぁ!竿が弓なり!!引きずられて下ってる!!!
凄いのが掛かったのかぁ??

どど~~~~~ん











尺を越える鼻曲がりな難いヤツ!COOL!!
 これがリアル本流丹波尺!











7寸越えの後の沈黙から一転、モンスターを引き吊り出しました。
流石、往年の名釣師!お見事(・∀・)チゴイネ!

数こそ出たものの、9寸ヤマメが霞んでしまうこの一匹にすっかり脱帽ものでした。
いやぁ~マイッタブッタマゲタ( ´゚д゚`)

何だかんだで二人で7尾も引き吊り出しました(・∀・)
凄いんじゃない?これ!











丹波尺のすごい事!
下のアマゴだって結構な幅広な8寸なのに

自然の力って、やっぱ凄い。
あれだけの大水でも、耐えて流されなかったヤマメたち。
全てリリースしました、また遊んでくれるかな?

さて後2回の釣行、台風がどぉ動くかが鍵ですね。

2011年9月11日日曜日

9/10 台風明け丹波川釣行

釣果・・・支流 ヤマメ7寸1尾・イワナ七寸3尾 他チビイワナ
              本流 ヤマメ8寸1尾

『尺が釣り隊』隊員番号003番 Tetsuですよ ( ゚∀゚)ノィョ―ゥ
みなさん如何お過ごしでしょうか?台風、来ちゃいましたねぇ~
多摩川では小河内ダムが 余水吐放流、下の白丸ダムはゲート全開となりました。
この川の恐いところは、ダム放水系の濁りは中々取れない事。
未だにキャラメル色した水が流れてます。
鮎は厳しくなりましたね、そしてそれを狙うトラウト系にも影響は必死でしょうか。
多摩川本流、今シーズンは既に終了のフラグが立ってしまいました。

じゃぁ、ダムの上は?
行って見ました、丹波川は支流&本流であります。

前日までの情報、保之瀬で崩落通行止め!?
これは小菅経由で前乗りも有りかと思われましたが、何とか復旧できたようで
しかしまぁ、奥多摩湖の水の多いこと!
道脇の小さい流れは、滝になってるし。
トンネル内も上から水がジャンジャン降ってくる。
保之瀬崩落も、小さな流れが滝となって土砂を撒き散らしたようでした。
復旧に携わった方々、ご苦労様であります。
多謝

4時に道の駅に到着。

*:...。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:...。.:*


山村で月明かりも無く、リアルプラネタリウム状態!
天の川見たのは何年ぶりだ!?

早々に着替えて、お目当ての支流へ・・・
ゲッ!既に車が一台  (゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
しかし、ここまで来たからにはタダでは帰れない。
とりあえず準備して山入り、30分の山道であります。
途中4箇所はあったか、土砂が道を塞いでいたりで台風の影響は凄いもんだ。
何とかポイント到着、思ったとおり水量は多いが水は澄んでいる。

さて、今回の相棒は久々の出番!?大物鯉釣師であります。
この男、少々?いや、かなり病んでます。
前回のあの魔闘気釣行から一回も行ってませんでした。
釣り止める!宣言しちゃったからねぇ (;´∀`)・・・いたいなぁ・・・
しかしインドの山奥で修行したようで、少しは良くなったとの事(自称)
じゃぁ行って見ようかとなりました。
本当はもう1人スペシャルゲストが居たんですが、都合で断念?
スペシャルゲストさん、また都合が付けば行きましょう!

さて、何時もの如く長い前置きで申し訳ないm( _ _ )m
大した釣果ではないので、ここからはダイジェストでどうぞ。

水が多い?雰囲気最高!雰囲気だけですが(・∀・)











そこらかしこに崩落の後が!











さて、病釣師の方ですが・・・
大物鯉釣師を先行させ、とにかく先ずは1尾釣ってもらわねば(;・∀・)











大きさはともかくヤマメとイワナを一尾づつ、とりあえずは釣れて良かった(・∀・)
まだ心は頑なですが、回復の兆しあり?これからも修行に励んでくださいね(・∀・)

普段はチョロチョロした流れが、立派な滝に変わってましたΣ(・。・;)











ちょっと触って見ようか・・・
冷たい(-Д-)
気持ちいい~~~( ・∀・)アヒャ











さて、どんどん遡行、前には行けた廊下も難儀しそう。
大物鯉釣師はここで断念、俺には無理だそうでw











大物鯉釣師が来れないので、次の滝で最終勝負だな。











ヤマメとイワナ、同じ七寸でも体型が違うのでボリュームも違う。
さすがバラシ王!これはと思う魚は、悉くバラシでバラシ王健在ですな(・∀・)











時計を見れば12時すぎてるし。
腹減ったので脱渓、やまびこ蕎麦へ直行
1時間ほど村営ニジマス釣り場で楽しいニジマス釣りを見学しながら休憩
15時過ぎに、どうにも気になる本流で第2ラウンド開始!
大物鯉釣師は膝が痛くてリタイア、1人で谷に下りて生きます。
水多し、川通し不能ですが良い水の色なんだなぁ~
何とか8寸ヤマメが出ました( ´ー`)フゥー...

日暮れまで奥多摩に居たのは久しぶりだなぁ・・・
峰谷橋脇休憩スポットでお着替え、って何この水は!!











BWは、どこぞの木材流しの終着場の如し。
木っ端から切り株、大木一本まるまる流されて水が見えないほど浮いてる。
水際の土が見えないほど、森の下が直ぐ水。
帰りがけに海沢大橋から見た多摩川は、湖の色そのままでした。

ついに今シーズンも残り3週間弱となりました。
悔いの無いよう頑張って行きましょう(・∀・)

2011年9月4日日曜日

From Tamazon River in Tokyo

A-yo all anglers!!
This is Tetsu, Whassup dawg?

Today's show is a river of Tokyo, Tama River

This is not Amazon River
If I'm forced to say Tamazon River (・∀・)

Typhoon came
This river can be Cherry Salmon fishing

Maybe Cherry Salmon had been swept
This year's salmon fishing season may have ended

so busted!


KANTEN  Ome City








 
 
 
 
MIYAGASE HUCHI
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
WADA Bridge
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TAKENOSITA - OKUTAMA Bridge

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
KIKUMATSU - IKUSABATA