2012年3月18日日曜日

毎年恒例シーズン初旬、激シブ多摩川( ´Д`)=3 フゥ

釣果・・・3/12(月)白黒ニジマス1尾
              3/18(日)光り輝くハゲ(☆∀☆)

毎度のTetsuですよん、全然釣れてませんよん (゚∀゚)
毎年、多摩川の春先はこんな感じとはいえ、キツいっす。

3/12は喜久松、今日は三慶病院前に行ってみましたが・・・
喜久松では、辛うじてニジマス(白黒)
今日に至っては釣れるどころかアタリすら無し( ´Д`)
黒川、キンパクまで採取して使ってもダメ、私には手の施しよう無いってもんだ。

釣り人も居ないわけだ・・・
朝方は非常に良い雰囲気だったんですがねぇ。











自然が相手なんでね、こんなもんです。
私は、めげずに行きますよ (・ε・)キニシナイ!!
毎年恒例、激シブなシーズン初旬の多摩川であります。

さて、シーズンは始まったばかりではありますが・・・
タモの作成について少々。











去年切り出したカヤの原木。
数本中、枝ぶりやらコブやらが凄く良い感じな1本。
結局使えそうなのは、この一本のみなんで、時間が掛かっても慎重にやってます。











試行錯誤で、何とか形になってまいりました(・∀・)
何分初めてなもんで、師匠に聴いたり色々なサイトを参考にしたり。
で、今日は初色塗りをば!
釣れなくて早く帰ってきたんでね(;・∀・)











サンドペーパーで地肌がツルツルになるまで磨きました(☆∀☆)
で、カシュー塗料の『透』
うわっ!赤い!!
初塗りでこの濃さかよΣ(・ε・;)
『淡透』か『クリアー』で重ね塗って行けば良かったのかなぁ・・・

しかし、このカシュー塗料ってやつ、なにやら嗅いだ事のある匂いと思いきや・・・
仏壇やらピアノやの匂い、あの塗装なんだね。

このタモも、匂いだけは高級品??





何回か上塗りして水研ぎしてを繰り返すようですがね。
段々と形に成っていくのは楽しいもんですな(・∀・)


さてと・・・今度は丹波だな、初丹波 (・∀・)
まだ早いとは思いますが、取り敢えずは行ってみますよん♪

10 件のコメント:

  1. Tetsuさん、こんばんわ!
    奥多摩、相変わらず厳しいですね~、去年の濁りで残った奴が居ても良さそうなのに。
    でも行きますよね、私も行きますよ!
    タモのハンドメイドですか、私の義祖父もアユ用タモの手作りを良くやってました。

    返信削除
  2. Tetsuさん、どうもです。
    今年の多摩川も、やはり4月あたりにならないと、渓魚が動き出さないようですね。
    ところで、渓流タモって、柄の部分と網の部分に角度がついているのは、渓魚を空中でネットインするからなのですか?

    返信削除
  3. kentさん、SAMUさん、おはようございます( ノ゚Д゚)ヨッ!
    Kentさんは、こちらでのコメントは初めてだったでしょうか??

    多摩川下流域では、ほぼ釣りきられちゃうのかもしれませんね。
    毎年の事とはいえ、アタリすらないのは流石に心が折れそうです( ´Д`)
    しかし本番は放流が終わる5月連休辺りから。
    それまでは我慢の釣りになりそうですね。

    奥多摩・丹波の常連3人が揃いましたなぁ(・∀・)
    どこかでバッティングなんて楽しそうですね

    渓流タモ、特に本流で使うタモの角度の話ですが。
    かなりの水深まで立ちこみます。
    取り込んだ魚は網に入れたまま竿を肩に立て鉤を外しますので、ああいう角度になるんだと思います。
    魚を抜いた時もキャッチしやすいのではと。
    我が心の師、チョージ細山先生も同じような感じの事を言っていたような…
    受け売りですな('∀`)

    返信削除
  4. 渓流タモ情報ありがとうございます。ちょっとググってみましたが、この角度って、釣り人それぞれの使い勝手等でいろいろな角度にしているようですね。
    ランディングネット同様、自作する人も結構いるようで、塗装にもかなり手間をかけて作っているみたいですね。
    出来上がったら、丹波の渓魚で入魂してください。

    返信削除
  5. こんにちは!
    同じく心が折れかけたあなです。
    餌も食わないとなると、魚の体調が心配になります。
    だからとにかくジッとしてるんですかね。

    タモ順調に仕上がって来てますね。
    完成が楽しみです(^^)

    返信削除
  6. あなさんドウモ( ・∀・)っ
    多摩川ですが、独りで30尾以上持って帰る御仁が多数おりますのでね(;・∀・)
    成魚放流物は、ほぼ全て釣りきられちゃうのでしょう。
    しかし楽しいのは放流が終わった5月以降!
    残った魚は別物ですし!!
    タモの方は塗装がなんとも( ´Д`)
    しかし、ハンドメイドは楽しいですね~(・∀・)

    返信削除
  7. どーもー
    私も今シーズン初ボを食らいました笑

    奥多摩はほとんど即日で釣りきられちゃいますよねー。漁協ももうちょっと考えたほうがいいんじゃないかという。でも昔からの解禁放流ファンもいるだろうし難しいんでしょうねえ。

    タモいいですねー。完成が楽しみ。
    僕もやってみたいですがすぐにモノを失くす体質なのもありますし自作モノはなかなか手を出せません汗

    返信削除
  8. ウグイマンさん、毎度(。・ω・)ノ゙
    多摩川の放流に関しては、本年の様に少しずつつ変わっていくのではないでしょうかね。
    (秋のニジマス放流など)
    今日は代休でしたが釣りには行かず、2回目のタモ塗りなどをして過ごしました。
    ウグイマンさんも、是非トライしてみてはいかがですか?
    誰でも最初は試行錯誤。
    しかし、やりだすと止まらないですよ(・∀・)

    返信削除
  9. タモの出来映え、羨ましいですぞ!良い色、形もなかなかの物ですね。
    ただただ羨望の眼差しです。(^^;)

    返信削除
    返信
    1. 幻の渓流師殿、今晩わでございます
      レオ蔵君はお元気でしょうか?
      タモの方は試行錯誤でやってます、なんたって最後の1本ですので(;・∀・)
      上塗りを繰り返し耐水ペーパーで磨きを繰り返しております
      何時の間にやら真っ赤になってしましたが(;・∀・)
      今シーズン中にデビュー出来るかどうか…
      微妙であります

      削除