2012年5月19日土曜日

5/18(金) ただ今ハヤ真っ盛り ( ゚Д゚) 丹波川

釣果・・・イワナ 25cm・チビ ヤマメチビ ハヤ多数

昨日、5月18日は先週の休出の振休、久しぶりの平日釣行であります(゚∀゚ )
相棒は毎度の清翁、最近は孫の送迎で土日は渓流に行けてません。
すっかりヘラ師であります。
朝~夕マズ目狙いのフルコースを予定、なんたって3連休ですよ。
前日にピンチョロも採取、準備万端で3時に出撃!
5時前に奥秋キャンプ場前に到着しましたが・・・

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

既に竿出してる人が居る・・・
まさかの出遅れ、平日だからと油断したわけではないのだが・・・
それではしょうがない、今季初で保之瀬に行ってみる。

満々と水を湛える奥多摩湖からすれば、かなりの水量と思いきや…
これって水少なくね?川底が薄っすらと黄色いのは同じ流れが延々と続いている証だ。
緩い瀬に何やら群れている?
ハヤだらけ、そこらじゅうが付け場になってる。
尺ハヤとか入れ食いであります。
駄目だこりゃ(#゚Д゚)

7時を過ぎていましたが場所移動であります。
さて何処へ行こう・・・

何故か、丹波随一の険悪な谷 (゚Д゚;)

 話にだけは聞いてましたが…
今日は時間がある、天候も今のところ安定してる。
まぁ山の天気ほど当てにならないもんは無いですが。


  

噂の極悪谷、その片鱗に触る位なら大丈夫でしょ? ('∀`)
結果的にこの考えが甘かった(゚Д゚;)
反省(_ _ )

何回か探しても解らなかった降り口、今回は見つけました。

って、これ降りるのかよ・・・







踏んだ土が崩れて転落しかけました、これは洒落にならないヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!

しかし降りた先は・・・

深い森・・・
人の気配無し。
そこらじゅうがポイントだらけ!?




滑滝、滝はほぼ全てが巨大な一枚岩だ。







ポイントだらけ!ではあるんですがねぇ・・・
しかし魚の反応は今一、師匠が8寸超えなアマゴを1尾掛けて終了しました。
この谷へは、降りた先を降って行き着くとの話は聞いてましたが・・・
降りた先が余りにも素晴らしい渓相なんで、つい釣り遡ってしまったわけで(;・∀・)
かなり釣り遡って入渓地点へ戻った時には、既にヘトヘト(;´ρ`) グッタリ
とにかく合流地点までは行こうと入渓地点から下ってみるが・・・
でかい滝、深い淵、何時の間にやら雨!?曇ってるじゃんか!
結局、合流点を拝めないまま脱渓となりました。

って、これ登るのかよ・・・・・・・・・・・・

つかんだ木の枝は、まさかの朽木(;・∀・)
2mずり落ちました。
ケガは無し( ´Д`)=3 フゥ



突然現れたこんなやつ、お互いにフリーズ(;・∀・)






カメラを向けると逃げて行った。
このカモシカの降りた先は断崖絶壁・・・

自然、恐るべし((;゚Д゚)

この谷での唯一の収穫、鹿角
(・∀・) 前に拾ったの同じく長い間水没していた様だ。
これは師匠に差し上げました。
さて時間にして13時半。
例によって、やまびこ食堂で盛り蕎麦大盛を食して午後の部であります。

朝一で入渓していた人の車は既に無し。
ってか誰も居ない!?これが普通の平日な丹波なのではないのけ?

既に16時、夕マズメタイムの始まりです(・∀・)







相変わらずのハヤ地獄、釣れるのは全て尺近い大型であります。
流石湖産、これはランドロック渓トラウトと同じく、奥多摩湖を海に見立てたマルタ系のハヤなのではと考察してますが・・・
どうなんですかね?
この魚、針を外そうと握れば白いのがドピュッと出るわ、卵がドロドロでるわo(`ω´*)o

そこらじゅうでライズが!
って、赤い魚ですがね(;・∀・)





これまでの釣果、6寸チビイワナ、木端ヤマメ、そして尺ハヤ多数ヽ(;´Д`)ノ
師匠も辛うじて8寸アマゴは採っているものの、後は同じ様なもんだ。

今日は、これまでですか・・・
いえいえ、そんな事はございませんぜ (^0_0^)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

最後の最後で何とか採れました(・∀・)



8寸超えなイワナさんでした。
しっかし昨日採ったピンチョロじゃなくてミミズで来るってどういう事よ!?


翌日の今日、そこらかしこが筋肉痛ですよ。
しかし師匠は大したもんだ、70才超えてるんですが(;・∀・)
自分と同じ距離を歩いて登って降って、全然平気なんだから。
何しろ喰う!オイラと同じ量を喰う、喰える!!

アウトドア、先ずは喰いましょう (・∀・)  

8 件のコメント:

  1. Tetsuさん、こんにちは、
    何やら厳しい峪に降りたようですね。あとの登りが大変そうですが、その分、新緑が実にきれいなかんじで気持ちよさそう。奥秋のあたり、ハヤ以外の渓魚の反応はどうでしたか?

    返信削除
    返信
    1. SAMUさん、こんにちわ
      本日は筋肉痛で動きが鈍いTetsuです(;・∀・)
      私が持っている20年前の奥多摩の古文書によれば…
      「遭難者(釣り人にも沢屋にも地元にも)が多く一般向きではない」と記されていました。
      渓魚達の動向については、居るんでしょうが今はハヤの真っ盛り
      どこかに潜んでじっと機会を伺っているのでは…
      そんな感じでしょうか(・∀・)

      削除
  2. お疲れ様でしたー
    大変ながらも結構楽しそう笑

    返信削除
    返信
    1. ウグイマンさん、こんにちわ( ゚∀゚)ノィョ―ゥ
      今にして思えば、確かに楽しかったですがね
      当時は必至でしたよ(;・∀・)
      ところで最近釣り行ってます?
      ブログ更新、楽しみにしてますよ(・∀・)

      削除
  3. Tetsuさん、ど~も!

    丹波のハヤはそんな辺りまで大量に遡上してましたか! マルタ系ですかね? そういえば近所の不老川には40cmクラスのマルタが遡上しますよ。渇水になると死骸をよく見かけます。

    ところで20年前の古文書って、ワタクシも持ってるつ〇人社の緑色のアレかな?w

    返信削除
    返信
    1. 川越人さん、おばんです(・∀・)
      60kmラン、おつかれさまでしたね
      丹波のハヤは、多摩川のハヤとは明らかに別格だと思いますよ
      府中辺りまで遡上するマルタのそれに類似すのでは?
      不老川もマルタが遡上するなら、大分綺麗になったんですね
      古文書は、その通り。
      持ってる人は絶対手放さないし、欲しい人は沢山いるようですが
      あれは今や伝説の書となりつつありますよ

      削除
  4. 初めてお邪魔致します、フクポンポと申します。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    釣りに関しては2年目、と素人(@_@;)みたいなものですが、
    何かの「奇跡(*^_^*)」を求め多摩川の年券を購入してしまいました。
    これからも面白おかしい釣行記を楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. フクポンポさん、(。・ω・)ノ゙ コンバンゎ♪
      釣りは行かないと釣れませんでし、通うほどにチャンスも広がりますよ(・∀・)
      これからも、どうぞお気軽にコメントください!
      釣果も楽しみにしてます(・∀・)

      削除