2012年6月17日日曜日

稚鮎を狙う潜水艦を狙う俺

釣果・・・虹鱒8寸・木端

今日は行くつもりは無かったのですよ。
しかし、突然舞い込んできたホットな情報!?
潜水艦が稚鮎を追い回している!?
よっしゃ!ミミズで勝負、行っちゃいました(;・∀・)

我ながらバカです (゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

4時半実釣スタート、小雨、誰もいません。(当たり前)











凄い・・・
噂通りに稚鮎が群れてます。
しかし、それらしい所を探っても何ら反応なし。
辛うじて木端ヤマメが来る程度、潜水艦は何処??
アタリもないので観光放水が始まる前に上へ遡ってみた。
こんな上まで来たこと無いし(;・∀・)

次の橋まで来てしまった。











それらしいポイントは多数あるが、まったく反応無し。
この川はハヤも居ないのか??
釣れる気がしない、このまま遡っても同じような気がして引き返す。
それじゃ、支流はどうよ?
竿はそのまま、仕掛けだけ変えて突撃してみた。











今度は木端の猛攻だ。
支流は本流とは大違いで生命反応に溢れている、ただし新子ですけどね。
ヤマメ・虹鱒の稚魚だらけ、岩魚が出てもおかしくないような淵でも新子のみ(;・∀・)
蜘蛛の巣に仕掛けをやられす過ぎて、めげました。
山道に上がって、また本流まで下る。
と、途中に別の沢の滝が!











壺がある・・・なんか居るのか?
実はこの滝、さっき遡った支流のそのまた支流。
この滝の下にまた更に同じ様な滝があり、2段になっているのだ。
一段目の滝の壺は木端の巣窟状態、主なんて居ません、てか木端が主なのだ。
上から落ちてくるか下に流されるか、何れにしろ僅かな範囲でしかない。
きっと。ここも同じだろう。
なんの期待もせず壺にミミズをを落とすと、案の定目印がひったくられる。
やっぱり同じですか( ´Д`)=3 フゥ

って違うじゃん!?
この狭い壺を走り回って、なかなか上げってこない(;・∀・)
もしかして・・・主ですか?











ちょっ(;・∀・) なんだよ君は!?
虹鱒・・・だよね??何だか知らんが、ヒレピン幅広。
この沢は虹鱒の稚魚で溢れているが、こいつはこの淵に居着いていたんだろう。
また壺に戻してやりました。

さて例の潜水艦ですが、本流に戻ると既に観光放水が始まっていた。
稚鮎は緩い流れに群れている。
ボケっと見てると、急に大群が逃げ出した?

居た!
噂通りの凄い奴だ・・・
ビール瓶?いや一升瓶じゃないの!?
鼻っ面にミミズを流しても見向きもしないで鮎を追い掛け回している。
鮎師の方と話しましたが、この潜水艦を拿捕するなら稚鮎でムーチングかルアーしかないかと。
もしミミズなら、市販品ではなくてドバじゃなきゃダメだ。

ダメです、私には手に負えませんヽ(´ー`)ノ
ただただ眺めるのみでした。撤収。



今日は鹿に会い過ぎ(;・∀・)











本日は奥多摩猟友会の方々が鹿を追っていました。
犬が吠えながら追い詰めている、川原に鹿が飛び出して来る事4回!
雌3頭に雄が1頭、目の前を泳いで行ったり横切ったり。
なんでも鹿は猟犬に追われて逃げ回ると体温が上昇して川に降りてくるとの事。
雄鹿は角もデカく、ガタイも立派で少々汗りました (;・∀・)

4 件のコメント:

  1. Tetsuさん、こんばんわ、
    本流にも猟をする人いましたか先日、支流でも会いましたよ。
    潜水艦目撃しましたか、居るところには居るんですな~!

    返信削除
  2. kentさん、おばんです。
    宿直明けで、やっと帰って来ました。
    この台風できっとあの潜水艦も何処かへ行ってしまうではと思ってます
    以前釣った40近い岩魚より、明らかにデカかった!
    見てるだけでもドキドキバクバクでした(;・∀・)

    返信削除
  3. こんばんは、もーりーです。
    本当に水量変化に悩まされます。支流にはいれば数は出るんでしょうけど、本流は今ですからね。やっと台風でどかっと来たので、今週末が楽しみですね。

    返信削除
  4. もーりーさん、こんばんわ
    台風、やってきましたねぇ~
    これで魚が掻き回されれば少しは違うのでしょうか?
    川底のヌルも取れて良い感じに変わりますかね?
    週末、期待大ですな(・∀・)

    返信削除