2014年5月31日土曜日

5/30(金) 少しだけ…

中々行けない!なんて言ってましたが、時間ができたので行ってみました。
昨日は振休、とは言いながら日中には確り用事はあって
(これも釣りに行けない原因の一つ)
でも朝の内なら少しだけ時間が取れる!
日中の用事に影響しないよう、少しユックリ目に出撃。
流石に平日、釣り人は居ませんな。

最近、多摩川が熱い!
との噂が、ちらほらと聞こえてくるな~
それならオイラにも?アマイ!
で、毎度の海沢~氷川であります。
7時半に実釣開始、アタリは・・・ある!
しかし釣れてくるのはニジとチビばかり。
氷川へ遡って行くも、アタリが段々遠のいていく。
何やら様子がおかしい?
ニジマスどころかチビのアタリすら無くなってしまった。

ただでさえアタリが無くて、更に釣り方が雑になって行くのが解る。
キャンプ場に付く前に心が        お  れ   た  (´・ω・`)
何やら最近疲れが溜まっているからなぁ・・・
これは気分転換どころではないな (´Д`)ハァ…

途中で引き返すと海沢橋には数人の釣り人が居た。
場所を変えようか、このまま帰ろうか・・・
だけど、まだ少しだけど時間はある。
それでは久し振りに発電所掃き出し下でもやってみましょうか!?

掃き出しの上流の淵で、がま竿の釣り人が竿を満月に曲げていた!
デカい!終始を見ていて、取り込んでから声をかける。
40オーバーのレインボーだ (;・∀・)
白丸から遡ってきたのか、鰭が張った綺麗な魚体だ。
良く見ると小さい魚が群れをなして泳いでいる。
これは・・・鮎じゃないですか!?
そうかそうか、こいつらが・・・ ( ^ω^)
何故がニンマリとしてしまった。

掃き出し直下の荒瀬が淵に飲み込まれるポイントをしつこく流す。
何やらモゾモゾ?
コツン!とのアタリに合わせると、なんと乗った!?

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

あれ??結構デカいのに、すんなり上がってくるよ??
魚体が黄色いような気がするんですが・・・

ハイハイ、お察しの通り
釣れて来たのは9寸なハヤ、丹波そのまんまじゃん(;・∀・)
その後も同じようなアタリが数回続いて、そのすべてがデカいハヤでした
 ( ´Д`)

釣果・・・ニジ、チビ、ハヤ
餌・・・ミミズ

チャンチャン♪

オイラなんぞ見張っててもハヤしか釣れないぞ (-∀ー#)

























しかし!












小さいアタリを合わせると、今度は下流に走った!
さっきのハヤどもと違って、なかなか上がって来ない!?
久し振りな原点流弓なり!
こりゃぁ気分は本流釣師じゃぁないですか!?
(気分だけ)

8寸超えなヤマメさんでした (・∀・)

なんとか一尾!
さぁ帰ろ

2014年5月24日土曜日

入魂!

どうもお久しぶり、Tetsuですが皆さん如何お過ごしでしょうか?

既に5月も終盤、ブログはすっかり放置してしまいました。
今年は去年よりは行けると思っていたのですが・・・
去年より更に酷いかも・・・
諸事情により余り行けそうにありません。
まぁ、ボチボチやって行きますけどね。

さて釣りに行けない!と言いつつも・・・
解禁からポチポチとは行ってはいたんですな。
3月~4月は奥多摩川本流でニジマス三昧。
ヤマメも釣れはしたけれど成魚放流もので、それは寂しい釣果でした。

そして5月、今季初の丹波川
ハヤが遡って来ました。
釣れなくても良いですが
( ; ゚Д゚)









自然の営みは変わりませんな。
ヤマメも少々、小さいですが












水が冷たいんだよ、5月でもこれだし (-Д-)













そして1週間後、今季初の日原川支流












岩魚狙いで行って来ました。
岩魚竿『溪峰尖』はコストパフォーマンスに優れた良い竿ではありましたが・・・ズームがスカスカになってしまった。
先調子なのに胴にも乗って気に入ってたんだけどなぁ・・・
この竿、リリアンにしても何か問題あり過ぎ
師匠なんぞは折ってしまって、もぉ直さないとか言ってるし
で、山岳渓流に持っていける岩魚竿を物色してたんですな。
多少短くても剛竿でズームが付いてるやつは無いもんかと。
で、今季これから行くであろう(行けるのか??)山岳渓流に向けての
ニューウェポンを確保したってわけ












がまは初めてだけど、ほぼ同じ価格帯のシマノより作りが確りしてるかも。
来年にはモデルチェンジしちゃいそうだけど、がまなら良いでしょう。
5.4mと少々短めだが、どうせ山に入れば縮めて使うので良し。
かなり重いが太くて張りのある感じが岩魚竿らしくて良い感じ( ・∀・)
そんで入魂がてらに沢行きをしてみたってわけ












沢に入ったは良いが・・・
釣れてくるのは7寸前後ばかり、つ抜けはしたけれど
全然入魂って感じじゃないし( ´Д`)
挙句がこれだ。












あの3月の雪、奥多摩でも融けるにはまだ時間がかかりそう・・・

で、前置きが随分長くなったけど本日出撃してきたってわけ
とにかく竿を曲げてみたかったので奥多摩川でニジでもと思ったが
(今期の奥多摩川は絶好調?、既に多摩尺をあげている強者も結構いるようで)
丹波はもしかしたらアイツに逢えるかも!って淡い期待で行ってみた。


で、期待に違わぬデカいヤツヽ(;´Д`)ノ












┐(´д`)┌ ヤレヤレ




しかし!












逢えました (・∀・) 銀化遡上系9寸

終わってみればヤマメ、アマゴで7~8寸が4尾 ( ・∀・)
他オレンジ色の遡上系にチビメと魚には沢山遊んでもらえました。












この新竿、平川には合わないかも、やはり山岳渓流が似合いそう。
何しろ強すぎで、この遡上系ヤマメも下に走ったが一気にごぼう抜き ( ; ゚Д゚)
だけど、やっぱり重いし短い。
まぁ取り敢えず入魂はできたかな。
今度はデカい岩魚で試してみたいもんだ。