2014年8月25日月曜日

小出し夏休み PART4 半日のつもりが・・・

8/24 (日)

今回の夏休みは少々遅めながら、中々ハードです。
初日は秩父赤岩魚にアタック、ヒックマン多謝多謝。
2~3日目で上野村はまほーばの森に家族で出撃。
まほーばの森では家族サービスに徹します。
火も起こせば飯も炊きます (‘・ω・´)
と言いいつつ、少しだけ川を見入ったのが運の尽きだ ( ; ゚Д゚)

神流川、乙母堰堤。













この堰堤下で尺物を出した事があったっけ
ヤバい!禁断症状が出てきたかも!?
で、行ってみました丹波川、疲れていても釣りなら話は別なのだ (‘・ω・´)
2時半起き、3時発、5時スタート、我ながら良くやるわ ( ; ゚Д゚)

最近ハマっている場所
朝の内にサクッと大物狙いのはずが・・・












水が少ない!こりゃ行けちゃうんじゃね?












7~8寸前後は出るが、大物の反応は無し?
ふと後ろを見ると二人組、沢屋が本流を登って来やがった!
しょうがないので先に行かせると、今正に釣っていた深さのある良い流れを
胸まで浸かって登って行きやがったヽ(;´Д`)ノ












脇の岩を登って行ってくれよぉ~
(#゚Д゚) 
はいアタリもパッタリと止みました。

まぁ、しょうがない。
川は誰のも出でもないと気持ちを切り替える。

前回は断念した深みのある流れ、沢屋が胸まで浸かった後を追いかける。
上った先は大場所では無いが、良い雰囲気な渓相だ。












あれれ、さっきの沢屋?
この沢屋二人組、何だか解らんが登ったと思ったらまた引き返して来やがった。
20分でお帰りでしょうか?
って、せっかくポイント潰して通してやったのに1 ヽ(;´Д`)ノ

さて、気分を切り替えて釣り遡がる。
ここは右岸の怪しげな店後から安易に入れる場所。
釣り人が居るかと思いきや誰も居ない。
既に11時、みなさん既にお帰りでしょうかね?
自分だって行けなきゃ、とっくに帰ってる時間だし。
アタリが無い?やっと来たかと思えばハヤだ ( ´Д`)
下にヤマメや岩魚が居るのに、なんでハヤなのさ  (-∀ー#)

こうなりゃ、狭戸まで行ってみようじゃないですか!
水が少ないから上手くすれば行けるかも!?

羽根戸橋下、狭戸の通らず。
やっぱ深いなぁ・・・で、写真左、右岸の岩をよじ登った。












岩の向こうには滝が轟々と流れ、いかにも大物が溜まりそうだが反応無し。












それなら以前来たトンネル脇の入渓点まで行ってやれ!

って滝の上の淵が、やっぱりダメ、深すぎ (;・∀・)












流石は狭戸、今日はこのくらいで勘弁しといてやるぜぃ   '`,、('∀`) '`,、
って苦労して登って来たのに、この大場所でまったくの反応なしとは・・・
脱溪14時、何だかんだと家に着いたのは17時過ぎてしまった。

さて本日の釣果ですが、数は出ましたよ。












友バックに入り切らなくて途中からリリース。
狭戸の岩越でり両手をフリーにしたかったので、友バックの中身も
全てリリース。

写真は数枚のみ。
まずはヤマメの今日一、8寸。












今日はアマゴが出なかった・・・7寸これのみ












そして本日のベストフィッシュはこれ ( ・∀・)












9寸な岩魚、丹波チックなアメマス系。
やっぱ秩父な赤とは一目瞭然、細長い魚体は遡上系なんでしょうか?

数は出たけど、この疲れを吹き飛ばすような良い魚には出会えなかった。
まぁ良いか、楽しかったし ( ・∀・)

家に着くと、溜まっていた疲れがドッと出てきた。
今朝は休みを良い事に、泥のように寝ましたとさ。

さぁ~て、明日は仕事かぁ・・・
どっぷり仕事が溜まってそう・・・
( ´Д`)

2014年8月21日木曜日

小出し夏休み PART2 泣き尺アマゴ ・PART3 秩父赤岩魚

8/19(火) PART2  泣き尺アマゴ!













海沢掃き出し口、8mな本流竿で大物狙い (‘・ω・´)
って、チビしか釣れないし (;´д`)トホホ…
やっと来たかと思えば白黒ニジとか












この日は朝に道の真ん中で鹿とバッティング!
釣れるはずなんだけど・・・
ジンクスは崩れたか!?いやいや釣れるはず (‘・ω・´)
半日で帰るつもりが、丸1日な釣りになってしまった。
しょうがねぇな、こうなりゃここだ!












前回と同じ場所、水増えてるじゃん(;・∀・)
ヘソまで浸かって、何とか来れた。
釣れる釣れる(・∀・)












 なぜかアマゴばかり?
こんな日もあるもんだ。
7寸~8寸のアマゴが5~6尾、サクッと出た。
そして一番の大物!












尺は無かった (´・ω・`)
それでも泣き尺なアマゴが採れました(・∀・)
ジンクス継続中 (*^ー゚)b


8/21(木) PART3  9寸秩父赤岩魚!!

2年ぶりに小鹿野のヒックマンと釣行、秩父赤岩魚を釣りたい!!












かなり奥までやってまいりました。
丹波とは雰囲気が違います。
今朝のアニマルは狸、ちょっとショボイかも( ´Д`)

しっかし大場所の連続 (・∀・)チゴイネ!












ヒックマンが40赤岩魚を釣ったのも頷けます。
一見さんで大物狙いは虫が良すぎるのは重々承知ですよ。
それでもこの2年で山岳渓流に通った成果が問われる釣行です。
ヒックマン程ではなくても釣りたい!
っていきなり8寸が出た!
写真を撮ろうとして逃げられたけど (´・ω・`)

こんな大場所、でもチビしか出ないんだよなぁ~












やっぱ狸じゃダメか?
ヒックマンには山岳渓流に少しは慣れてる姿を見てもらいたいとこなんですが。

ナメ滝の上から撮影、ビブラムソール最高 (*^ー゚)b












調子に乗ってコケそうになりましたが(;・∀・)

そして、こんな場所で・・・












赤岩魚!オレンジ色か!?まぁ綺麗な色合いだこと。












来たよ来たよぉ~~~8寸!












デカいよぉ~~~~













違うって(;・∀・)

途中泥が溢れている場所があって、ヒックマン曰く土石流だそうだ。












こねたセメントの様な柔らかさ。
こんなのが傾れて来ちゃったらヤバいでしょう(;・∀・)
ってまだ柔らかい!?昨日出たのか??
実は帰りにこの上の林道がヤバい事になってるとは、まだ知る由も無かった。












これどうするよ?
足首まで埋まっちゃうんですが(;・∀・)
しかし見よ!このヒックマンの雄姿を (・∀・)チゴイネ!












あの雪で秩父もやっぱり山はガレていました。
ヒックマンのランクルでも、この有様。












ガレた岩場や倒木を乗り越えているうちに挟み込んでしまった。
中々取れないし(;・∀・)












何とかネジ切りましたヽ(;´Д`)ノ
危うくこのまま帰るとこだった(;・∀・)
気付いて良かった( ´Д`)=3 フゥ
 
で、今日一番の大物!












大場所ではなくて、チョッとエグレのある流れで食いついてきた!
尺には足りないが9寸は余裕で超えた赤岩魚( ・∀・)
ヒックマン曰く
「秩父岩魚??今はほとんど混ざっちゃってるんじゃないっすかねぇ~」
「それでもこれは秩父固有種に近いんじゃないっすか?良い岩魚ですよ」

(TдT) アリガトウ

しっかし、まぁ~初めて連れて来てもらって3シーズン越し
やっと満足な赤い岩魚が釣れました。

今日はキツかったけど、楽しい釣りができました。
ヒックマン、多謝!今度はを丹波へ御招待しますよん ( ・∀・)

2014年8月8日金曜日

小出し夏休み PART1 久し振りな丹波

釣果・・・

相変わらずの忙しい日々だけど、漸く仕事もようやく落ち着いて来た (・∀・)
と思ったら、既に禁漁まで2カ月を切っちゃった (;・∀・)
行けるときは行かねば!
毎年恒例な9月一杯までの小出し夏休み、今日が第1回目であります。

前回の釣行から既に半月以上経過してますが。
この間に、またまた色々ありまして・・・
中でも一番の事件?

師匠が脳梗塞で入院してしまった!!

マヂデスカ!?
まぁ結果的には大した事は無かったんだけど・・・
左足に違和感を感じて自分で車を運転して病院へ。
症状からすぐ検査、MRIとか撮ったら小さいのが見つかって、即入院。
点滴したら1週間で退院してきちゃった。
このジイサンの凄いところは、僅かな違和感を敏感に感じ取って早く病院に行った事だ。
流石に日帰りで富士山に登ってしまうタフガイ !?
体調管理は流石といったところですな。

梗塞は多かれ少なかれ必ず自覚症状が出るらしい。
早めに発見できれば師匠のように点滴と薬の服用で収まってしまう。
ひっくり返って初めて解るのが普通の人。
うちのオヤジもこのパターンで、大抵は少なからず後遺症が残ってしまう。
御年輩の方々、体に違和感を感じたら、すぐに病院に行きましょう (・∀・)

さて、そんな師匠のリハビリも兼ねて行ってみたのは丹波余慶橋。
本当は落差のある日原支流のあの沢に行きたかったんだけどね。
流石にそれはヤバいだろうって事で、楽な沢に行ってみた。

夜明けが遅くなった!?












4時半でも、まだ暗い(;・∀・)
5時位にやっと明るくなってきた。
季節は確実に変わりつつあるんですなぁ・・・

さて師匠でありますが・・・
何だよ、その荷物は!?












NIKON DF!
三脚も!?
まぁ~ったく・・・
幾ら軽かったとはいえ、脳梗塞から復活した人が背負う荷物じゃないぜ
(;・∀・)
やたら高いニコンのカメラ、ボディだけで20万(;・∀・)
このジジイは趣味には金に糸目をつけないんだから。
コケても知らないぜ、無理は無しよ( ゚Д゚)

さて余慶橋を降りると、水は少ないものの凄く良い雰囲気。












竿を出すとすぐに来た!












8寸なアマゴ!これは幸先よろしいですな( ・∀・)
上の支流にたどり着くまでに更に1尾。












これまた8寸超えなアマゴ!朱点が鮮やかで良いじゃない ( ・∀・)
こいつは幅広で結構ガマ剛竿が曲がりました。
さて、支流の合流点にたどり着く、水が少なくて助かった。












あれれ!?ナメトロ遡れるんじゃないの??
ちょっと試しに行ってみる、おぉ!行けるじゃん!!












師匠がDFを三脚にセットした。
これは竿曲げないと!って
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!












9寸岩魚、さっきのアマゴよりデカいけど細い( ´Д`)
岩魚は、やっぱり底に差すねぇ。
師匠が写真を撮ってくれた。
良いカメラだし良く撮れてんだろ?
もう少しやりたいが幸い今日は釣り人が皆無。
沢から戻ってきたら行ってみますか。

さて支流を遡上開始、すぐ来た!












7寸岩魚( ・∀・)
しかし!沢ではこれが一番まともな魚だった。
チビ岩魚しか釣れないのは何故だ!?
こんな場所でも反応無しとは・・・












水が少ない、あの大雪で溪は荒れ放題。
早々に見切りをつけて本流に戻る。
しかし何と途中で落石 (((( ;゚д゚)))アワワワワ












樹が根ごと岩と一緒に落ちて来た。
 (((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク
上を見上げると・・・












おいおい、あそこから落ちてきたんかい(;・∀・)
自分の後ろの師匠が通り過ぎて30mでの出来事でした( ´Д`)=3 フゥ

さて本流遡上開始、雨もパラついて来たんで、行けるところまで行ってみよう。












ナメトロをクリアできたのは何年ぶりか?
このナメトロから次の大淵までの区間は、平水時には絶対に入れないポイント。
上からも下からも泳ぎが必要になってしまう。
唯一、ナメトロ展望台脇から虎ロープが下がっていたけど・・・
これはヤバいでしょう、切れたら洒落にならないぜ。

その、めったに釣り人が入れない大淵にやってきたお二人さん。
二人ともゲーター、腰まで水に浸かってキン@マ縮み上がっておりますハイ

大錘、目印下2.5mで流してみると・・・

イョ━━━━━━(=゚ω゚=)━━━━━━!!












今日1番!9寸ヤマメ  (`・д・´)
しかしこのガマ剛竿は凄いもんだ、こいつをごぼう抜き~

12時半脱溪、今日は楽しめました (・∀・)
やまびこ食堂で、久し振りな盛り蕎麦大盛り食って御帰還です。

下界は大雨が降っております。
この大雨でナメトロ上は、また入れなくなってしまったのか・・・
(・∀・)ニヤニヤ

さて次回は・・・
行けるときには行きますぜ (`・ω・´)

※さて、今回初めて本格的な釣行にビブラムソールシューズを使ってみたわけですが・・・

I like it !!

これ、沢では素晴らしいです!
本流だとツルツルしちゃいますが・・・

軽いし歩きやすいし、ヌメッた石意外なら驚きのグリップ力(;・∀・)
シチュエーションも把握できたましたぜ。
フェルトソールとの使い分けで、ほぼ無敵な釣行が可能になりそうです。


8月13日
師匠が撮った写真をデータで持ってきてくれました。
すげぇとこで釣ってたんだなぁ・・・
Σ(゚Д゚)スゲェ!!