2015年5月4日月曜日

ナンチャッテ登山 雲取への道!その弐 5/3「大ナゲシ・赤岩尾根縦走」

もはやナンチャッテではありませんでした。


真面目に山をやっている方々、どうもすみませんでした ( TДT)

去年12月に放映した 絶景百名山 第50回 「両神山 秋」
繰り返し繰り返し見ているうちに、どうしても行ってみたくなった。
両神山へは20年前に行っている、あの山の脇にこんな凄い所があったとは!!
いろいろと検索しているうちに、どうやら赤岩尾根⇒八丁峠の向きであればザイルは有って安心、無くてもOKとの事。
標高差は500m前後だし距離にして10km弱?
よっしゃ!行ってみっか( ^ω^)

     山を舐めて御免なさい (m´・ω・`)m

もぉ身も心もヘトヘトでした  (;´ρ`) グッタリ

一人じゃとても行けそうにない ( ; ゚Д゚)
で、今日の道連れは久し振りに登場のこの人!
大物鯉釣り師!












学生時代は陸上部に居たのが嘘のようなくたびれたオジサンであります。
くたびれたオジサン二人で山舐めすぎです( ; ゚Д゚)

落合橋のPに駐車し5時半にスタート、登山口まで3km弱下って登山口へ。












登山口は廃屋マニアがニッコリしてしまいそうなところ。












あれかよ(;´Д`)












あれに登るんですか!?












廃屋の奥に登山口、遭難が多いんで軽々しく行くな!ってことか?












 最初は植林帯、高度をあげて広葉樹の明るい森へ。












 なかなか良い雰囲気だ (・∀・)












休憩だけは小まめどころか、しょっちゅう取るようにしました。
ってか、休んでばかり。

















 森の隙間に巨大な岩峰が見えてきましたが ( ; ゚Д゚)












スタートから小一時間で赤岩峠へ、まぁヘタレにしては良いペースだ。












普通の登山者が10分休むなら俺らは20分休む、時間がかかるわけだ (;・∀・)
さて、大ナゲシへ!













1時間で到着!













なんて軽く言ってますが正直ビビった (゚Д゚;∬
この日の登山で2回ほどビビって動けなくなりました( ; ゚Д゚)
そのうち一回はこの大ナゲシへの鎖場、尻の穴に汗が吹き出しました。マジ

しかし山頂は絶景!360度見渡せる!!あれは八ヶ岳ですか!?













赤岩岳?これから登るの??どうすんのアレ ( ; ゚Д゚)













瑞牆、金峰、甲武信その他  Σ(゚Д゚)スゲェ!!













大岳山!となりは・・・雲取やないけ!!













何だかんだと言っていた大物鯉釣り師も感動したようだ (・∀・)

 オジサンとオバサンの6人位のパーティがワイワイと登って来て山頂を占領されました。
このパーティとはこれから悉く一緒になりますが ( ; ゚Д゚)












さて、赤岩峠に戻ってまた一休み、そしていよいよ赤岩岳へ。
一回尾根を北へ巻いてルンゼを直登する。

















登り切った先の小ピーク、これが番組でやっていた見晴らしポイントだった。
大ナゲシΣ(゚Д゚)スゲェ!!












そこから岩やら樹林帯を急登して山頂へ。












例のオジサンオバサンパーティは既に十分休憩したらしい。
これから行くところだった。

アカヤシオが素晴らしい (・∀・) 大ナゲシが下に見えます( ; ゚Д゚)












登り口が見える!物凄い高度感 (((( ;゚д゚)))












激痩せな尾根を行く、両神山が近くになった。












安心してたらまたロープがあるし(;・∀・)
足だけじゃなく全身使って乗り越えて行く。












そしていよいよ本日の核心部・・・
1,583m 峰
Σ(゚Д゚)スゲェ!!
あのオジサンオバサンパーティがアタックしている!
ガイドに徹する大ナゲシ4回目なリーダーのオジサンの大声が響く。
ルートファインディングしつつ、下からよく観察する。












身動きが取れなくなったオバサンにザイルを出したようだ。
しかし俺たちにそれは無い・・・
 
かなり時間がかかったけど、それでもあのオバサンたちが登り切った!
よし!次は自分たちの番だ(;´Д`)( ; ゚Д゚)(;・∀・)

途中で本日2回目の身動き取れない瞬間が・・・
自分は高所恐怖症ではないはずなのにビビッて体が固まるのだ :(;゙゚'ω゚'):
それでも何とか30分ほどでクリアできました( ´Д`)=3 フゥ

安全地帯で小休止するも、結構時間が押しているので直ぐに出発。
小キレットを飛こし












あれは昔登った二子山だ、あれも岩峰だったっけ(;・∀・)












いくつものアップダウンを乗り越えて・・・












おぉ!人工物?社だ












ついに一般道へ (TдT)












危険だわ、確かに((;゚Д゚)
それでも八丁峠到着!もぉ安心だ(・∀・)












既に16時、飯食ってないし・・・
ハラヘッタ・・・食う( ゚ρ゚ )アゥー












コーヒーがメチャ美味かった  ⊂(゚∀゚*)ウマー












相棒は足が暴発した模様。
それでも何とか駐車場にたどり着きました( ´Д`)=3 フゥ
お疲れさんでした!

















実に12時間近く山をうろついておりました。
流石に休憩取りすぎ?











雲取が少し近くなったような気がした。
かなりビビったけど、それでも実に素晴らしい山行だった  ( ^ω^)
今度は秋に行ってみたいなぁ・・・

8 件のコメント:

  1. よくぞ無事に生還なされました! お疲れ様でございました!!
    以前、八丁峠から両神山に登った際には険悪な赤岩尾根がよく見えました。あの稜線を歩くことを想像しただけで、なにやら股間を冷たいものが流れていったような気がしましたw
    八丁尾根は岩だらけですが鎖場完備でそれほど怖くはないですが、あの1538m峰はヤバいですね~ ワタクシはご遠慮させていただきますよw
    こちらも久々の山歩きで三日経つのにまだかなりの筋肉痛です。衰えを実感してますw
    今度どこかご一緒しましょう!

    返信削除
    返信
    1. 川越人さん、こんばんわ
      何とか相棒共々無事帰還できました。
      多少の岩登りの経験と高所恐怖症ではないとの事から、軽く見たのが大間違い (;・∀・)
      身も心もクタクタでしたが、不思議な充実感ですよ(・∀・)
      川越人さんには雲取らせて頂きたいんですが・・・
      後少しかな?今度は長いコースを歩ききって様子を見てみますよ(・∀・)

      削除
    2. もちろん雲取はそのつもりでおりますんで。
      それよりTetsuさん、もう体力は完全復活のようですな。何よりですよ。
      それよりもワタクシのほうがヤバいかも。脚力はかなり落ちてますし、生活習慣病倶楽部に入会したこともあって糖質を少し制限しているからか、なんかすぐにバテ気味になりましてw
      こちらも雲取に備えてトレーニングしておきますわ。

      削除
    3. 完全復活にはまだかかりそうですよ
      汗をかきだすと傷跡が痛痒くなりますが (;・∀・)
      大物鯉釣り師共々、皆多かれ少なかれ何かを抱えてますな
      まぁ、無理せずやって行きましょう(・∀・)

      削除
  2. 駐車場から3キロ下って登山口....3キロも!!それだけ歩いたらもう充分って思ってしまう私は一生山歩き出来なそうです( ´_ゝ`)しかもあんな岩山を。かなり危険な所を登ってるんですね( ´△`)



    返信削除
    返信
    1. キシノさん、おはようさん(・∀・)
      去年TOTOさんと行った日原支流の滝を巻いた時に匹敵する尻に汗かきでした( ; ゚Д゚)
      今年はキシノさんも行ってみます??

      削除
  3. こんばんは!高所恐怖症なんです(汗
    日原支流の滝とか、きっとムリです<(__)>

    返信削除
    返信
    1. '`,、('∀`) '`,、
      日原より川茂が先ですね(・∀・)

      削除