2015年4月19日日曜日

ナンチャッテ登山 雲取への道!その壱「本仁田山」

少しだけ時間ができたので多摩川に出かけた、海沢大橋~日原川合流地点まで。
結果は惨憺たるもので、ニジが数尾にチビメのみ ( ´Д`)
しかしショックだったのは、釣果よりも己の体力だった。

体が重い!

足腰もヘタって川通しが思うように出来ないじゃぁありませんか ( ; ゚Д゚)

あの大手術をきっかけにタバコを止めた。
それは良い事なのだろうが、どうも食い過ぎているらしい。
そして仕事にかまけての運動不足。
術直後が痩せすぎとは言え8kg増えてる?
術前より3kgは増えてるじゃないか !?

このままではとても山奥に釣行なんて無理、どうにかしなければ・・・
な訳で体力増強も兼ねて「ナンチャッテ登山」シリーズの復活となった次第。
・・・言い訳長すぎ( ´Д`) ・・・
渓魚の盛期まではまだ少し時間もある。
何より奥多摩のラスボスである雲取山へ何時かは行ってみたい!!
中にはこう云うヘタレな山好きもいるのだ。

そんな訳でその第一回目は「本仁田山」。
奥多摩や鳩ノ巣からアプローチ出来ちゃうお手軽な山であります。














お手軽とは言いながらも破線ルートで逝っちゃいますぜ(;´Д`)
行程としては大沢~平石尾根~平石山~本仁田山~花折戸尾根~鳩ノ巣と距離にして7km前後、標高差900m。
早い人なら3時間で行けちゃう、私は休憩込で6時間かかりました(;´Д`)

鳩ノ巣の駐車場に車を停め始発で奥多摩、日原行き一番バスで大沢バス停下車、6時45分スタート。













ネットで事前調査した登山口はすぐに見つかり、植林された急登を黙々とこなして尾根にとりついた。
この平石尾根、下りに使うと迷いやすいとか・・・確かにそんな感じだ。
しかし流石にバリルート、人の気配無し (゚∀゚ )

痩せ尾根とか













川苔山か?今日は人が多いんだろうなぁ・・・
こちらは誰も居ない・・・












目印の祠にお参りする。












つつじの花が咲いていた。












平石山頂をスルーしてモノレールに来てしまった。












駆除した害獣を下すためのものらしい。
これを跨いで最後の急登。












あぁ!あれは実線ルートとの合流では!?












川苔山からの実線ルートに無事合流しました( ´Д`)=3 フゥ












ここから300mも歩けば・・・

10時45分、本仁田山山頂に到着 (・∀・)












かなり休憩しながらとは言え、実に4時間もかかってますが(;´Д`)












お湯を沸かしてコーヒーを淹れ、オニギリとカップ麺も食らう。
山頂に来る人たちは川苔山へ向かうんだろう。
皆、休憩もそこそこに直ぐに歩き出す。
オイラはと言えば、実に1時間もユックリしてしまった。

さて下山、これも破線ルートな花折戸尾根を下る。
山頂を少し下ると大休場尾根との分岐だ。
こっちの尾根からも以前登ったけど結構キツかったなぁ。












この花折戸尾根、まだこの時期なら大丈夫だが梅雨を過ぎれば道が消える!?

滑るのは身をもって知ってる ( ; ゚Д゚)


枯葉が堆積してたりザレた砂利とおかでツルツル滑るのだ(;´Д`)
下りは要注意だ。












一通り下ると少し緩やかな尾根道になって小ピークへ。
チクマ山、特に展望は無し。












ゴンザス尾根との分岐。
以前ゴンザス尾根から登った時は舐めすぎてここで断念、そのまま花折戸尾根を下った事があった (/ω\)












暫く下ると・・・












例の道が消える!?場所 ( ; ゚Д゚)
この時期ならまだ解る!!しかし草がボウボウ生え出したらもぉダメだ ( ;´・ω・`)












草が藁のように道を敷き詰めて滑るスベル ( ; ゚Д゚)
 そして次の迷いポイント。












尾根を右に逸れるのが正解、以前は真っ直ぐに進んで豪い目にあった ((;゚Д゚)
結構急な下り、サポーターをしているにもかかわらず膝がガクガク言ってくる。
白丸ダムが見えるところまで降りて来た、後少しだ。












もぉ後少しだ!
と、ここまで来てある事を思い出す。
車を停めて鳩ノ巣駅に向かう途中の花折戸尾根登山口、例のボロ橋。














何かロープが張ってある・・・いよいよブッ壊れちゃったかね?
でも、何とかなるでしょ?なんてお気楽に考えていたんだが・・・
橋の袂まで降りて来てビックリ!通行止め!?
物理的に無理そう、崩壊してますけど・・・
ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?
どうすんのさ(;・∀・)

でも大丈夫 (・∀・)












川に降りて少し下ると・・・












何やらハシゴがかかってる!?
これを登れば奥多摩街道に出れた!
ちなみにこの建物は消防関連の施設のようだ。

一般の登山者なら休憩込でも4時間かからないでしょうか?
私は6時間かかりますた(;・∀・)
術前の体力にはまだまだ程遠いですな・・・
まぁこれからジワジワと高度をあげて、何時かは雲取へ行ってみようと思う。

あっ!勿論釣りもやるけどね (‘・ω・´)

2015年4月1日水曜日

私的解禁!2015


行けないとか言っときながら行ってしまった (;・∀・)
本日、4月1日、やっと私的解禁日を迎えることができたのだ!!

って、今日は振休、そして今日を逃せば何時になるか解らない。
単休だけど少しだけ行ってみようと思った次第。
まぁ毎年の事だけど、どうせ釣れないだろうし・・・(ヤマメね)
って、そうでもなかった (・∀・)

9時に家を出て釣り始めは既に10時半を廻ってる。
どうせ釣れないと思ってるから、かなり遅いスタートだ。
やる気のなさがアリアリ( ´Д`)

しかし、川に立てば違うのさ (‘・ω・´)
先ずはここ!












前回の視察で、どうにも気になった場所
で、出た( ; ゚Д゚)












成魚物だけど9寸はあるヤマメでした(・∀・)
って、解禁でヤマメ釣ったのは何年ぶりだ!?
ここ最近、ニジばっかりだったような・・・
※タモは新年早々アウトレット物をチャッカリ新調、安かったよん

ここ喜久松ではこれが最初で最後のアタリだった。
じゃ場所移動、どこにしようか考えたが、どこも同じだろうし。
そうだ!川井なんてどうよ?そういえば去年は一回も入らなかったし。
じゃ川井に決定!












なんか久し振りに来てみたけど、堰堤下とか浅くなってるんじゃない?
誰も居ないから少しやってみたけど、やっぱり無反応だし。
で、今日は上に行ってみる。
チョッとした淵で小さなアタリ、これが乗った!












なんとタモの尺枠をはみ出す大きなニジマス君でした。
これは楽しかった(・∀・)
よっしゃ!更に上へ












水香園は静まり返って人の気配無し。
盛期なら絶対出る!ような瀬のブッツケ。
まだ早いかな?なんて思ったけど出た!












7寸と小ぶりながら鰭の張った綺麗なヤマメだった (・∀・)

既に15時半、万世橋まできてしまった。
そういえばミヤザキサンとこはどこだったっけ?
などと思いながら適当に登って行くと何とか国道に出れた。
あとはテクテクと歩いて車に戻るだけだ。

2015年も何とか解禁出来た、有難いことだ (・∀・)
コケで滑る遡行は腹の傷に多少響いて、まだ少し早かったかな?
なんて思ったけど、魚に逢えて良かった。
タモも代品に頂いたウェダーも入魂できました(・∀・)

今年はこの調子で少しノンビリ行こうと思います。