2015年9月30日水曜日

今期最終釣行は日原で釣れる気がしねぇ (;・∀・)

最近山ばっかり登っていて、釣りを疎かにしてしまった報いなのか?
今期最終釣行は全然釣れる気がしなかった (;・∀・)
俺ってこんなにヘタッピだったっけ!?


今日は小出し夏休みの最終日(・∀・)
9月30日にシーズン最終釣行をするために取っておいたのさ (・∀・)

日原は禁漁区上の吊り橋からスタート!
勿論一番乗りですぜ(`・ω・´)












って、橋の上まで来たらルアーマンがザブザブと川を上っている!?
えっ!?何処から入ったんだよ!!
橋より下流は禁漁区、入るところは無いはずなんだが・・・
まぁ、同じ餌ではなくルアーなので何とかなるかと川に入ってみた。

しかし!

アタリがねぇ・・・
自分のセオリー的に絶対にアタリが有るであろうポイントで出ない ( ´Д`)
これは俺が下手になったのか?それとも魚が居ないのか・・・
大場所も沈黙、いくらなんでもこんなはずでは・・・

やっと、やっとアタッたのか?唯一のアタリは、この淵でやっとこさだ。












7寸な岩魚さんでした。












ヤマメが釣りたかったんだけど、そんな事言ってたら罰が当たりそう(;・∀・)
ボウズじゃなくなっただけ良しとしますか ( ´Д`)=3 フゥ

今日の日原川、って久し振りなんですが (;・∀・)
水の色は・・・何だかなぁ
水量は良さげ、少なくはないよ。
それどころか小々多めかな?ただ川底に砂が目立っていた。
あの続いた雨の影響なのか、谷がかなり荒れている様だ。












日が差してきた、谷が明るくなる。
こんなところで・・・












こんなものが (・∀・)












日もすっかり上がって、ただでさえ少なかったアタリが完全に無くなった
 ヽ(;´Д`)ノ












あれれ、湧水ポイントに来ちゃったよ。
凄い湧き出し量だ、山が相当水を溜め込んでいるみたいだね。












岩の下からザブザブと溢れ出てました。

巳の戸橋まで来てしまった、今期はこれでおしまいです。
ちょっと脇の支流も覗いてみたけれど、やっぱ荒れてますな。












今日は良い天気で最高な釣り日和だった(・∀・)
釣れなかったけど ヽ(;´Д`)ノ

何とも寂しい釣果だったけど、まぁしょうがない。
余り来てもいないのに、贅沢言うんじゃない (`・ω・´)

今期のヤマメ岩魚はこれにて


糸冬 了

お疲れさんでした _(._.)_

2015年9月23日水曜日

ナンチャッテ登山(;^ω^)奥秩父ユルフワ踏破への道 笠取山 奥多摩川最初の一滴にお礼参り

9/22 シルバーウイーク またまたナンチャッテしてきました。

奥多摩川に遊ばせてもらっている身としては、何時かは尋ねてみたかった場所。
笠取山は水干にお礼参りに行って来ました  (`・ω・´)

今日は一人、作場平駐車場を6時スタート!












前回の大菩薩嶺、8年使った登山靴がぶっ壊れた (;・∀・)
確か下の娘が5年生の時に一緒に行った高水三山縦走に合わせて買った靴だ。
ガルモントのアウトレット品だったか?ワイルドワンで買ったヤツだ。
アッパーはGORE-TEXなものの、ソールはグニャグニャに柔らかい。
その柔らかソールが剥がれて、つま先のラバーが分離しちゃいますた (;・∀・)
使てなかった期間が5年程有るとは言え、これは明らかに経年劣化であろう。
よってここ一発!気合を入れてニューウェポンの投入となったのさ。

kayland MERU












得意の秀山荘で購入、清水の舞台から fly haight な値段でしたが (((( ;゜Д゜)))
師匠と同じく、まずはカッコから入るのだ (;・∀・)
しかしソールが固い!これは本物?これが本物だ!
でも Σ(゚Д゚)スゲェ!!  フィット感って言うか (*´д`;)…
しかしまぁ、これが歩き過ぎの原因になろうとは・・・
この時は知る由も無かったのさ。(;・∀・)

しかし噂には聞いていたが、実に気分の良い森だ (・∀・)












この森は流石に昔の東京府?が買い占めたと云うだけはある。
そこらじゅうに水が湧き出して山全体がダムの様なのだ。












その沢沿いの道を詰めると尾根に乗った!
これがヤブ沢峠?登山道が随分と広くない!?












これって林道じゃないの??
って思ってたら本当に車が走ってきた(;・∀・)












この先の笠取小屋関連の人たちだろうか・・・
しっかしマジで車が走ってんのかよ (;・∀・)

暫く行くと、その笠取小屋だ。












排気筒(仕事がらこう言います)からの白い煙が良いじゃない(・∀・)
小屋は雰囲気だけ味わって先に急ぐ、木道が足に優しくない!!












ソールが固すぎなのか Σヽ(゚Д゚; )ノ
そして、その木道の先には・・・












あれかよ (;・∀・) 目が眩むんですけど・・・
その前に雁峠分岐、これまた随分と気持ちが良い峠な様で。。。
寄れば良かったなぁ (´Д`)












他にも何やら?












何か人が沢山居るんですが・・・( ; ゚Д゚)
居なくなるのを待って検分する  (`・ω・´)
小さな分水嶺??










 











なるほど・・・
以上「小さな分水嶺」検分終了(`・ω・´)
そしてこれも検分!












┐(´д`)┌ ハイハイ 検分終了。
そして遂に目の前に現れたのは・・・
これ登るんですか (;´Д`) 死ぬって(;・∀・)












(((;-д- )=3ハァハァ   クッ……苦しい












後少し (((;-д- )=3ハァハァ












グハァッ!?!












 登った先は展望が良い西山頂だ (・∀・)
しかし・・・





































微妙に雲が掛かって富士山どころか金峰瑞垣?も見えない( ´Д`)
よく見えるはずの大菩薩まで見えないじゃないですかぁ~ヽ(;´Д`)ノ
まぁそれでも直ぐ隣の燕山や古礼山、一番奥に見えるのは水晶山なのか!?
雄大な景色に良しとしたい所だけど・・・

残念!富士山が見えない (´・ω・`) ここ最近フラれっぱなしだなぁ

先を行こう、奥にある標高点の東山頂は軽くスルーして・・・












 本日一番の目的である水干に向かう。












あれか!?












噂には聞いていたが・・・
何やら荒れてるねぇ (´・ω・`)
雨やら台風の影響なんだろうな・・・












最初の一滴はもう少し下??
「多摩川の最初の流れが見られます」ですと?!












 そうかこれが・・・












 奥多摩川最初の湧き出しなのか・・・
水干神社ではなく、この流れに思わず手を合わせてしまいました。

(TдT) アリガトウ 多謝 感謝

さてこの時点で10時半、まだ時間的に余裕過ぎる!
そして新しいシューズは絶好調!!

もぉ、この書き出しでワタクシがニワカ登山者だってバレバレですな (;^ω^)
じゃぁ隣ににある唐松尾山でメシでも食おうかなんて、(;・∀・)
ホントバカでした( ´Д`)
唐松尾山は多摩川の集水域の最高峰!
2100m越な今までで一番高い山なのだ(;・∀・)

あれかよ ( ; ゚Д゚)












直ぐ隣じゃないし ( ; ゚Д゚)
しかも、あんな高いのかよ ( ; ゚Д゚) ( ; ゚Д゚)













もぉヘロヘロ
ソールの硬さがだんだん違和感に変わってきた様な・・・
もしかして痛い?痛いのか??
さっさと飯を食って、そそくさと下山開始だ。

しかしこの山、水とキノコが本当に豊富なんだな。
そこらじゅうに湧水やらキノコがワサワサと湧き出している。
















































なんとか川中島下山口に到着、この時点で16時半!













 ここから一之瀬林道を1.8kmで作場平へ。
この区間が一番キツカッタ (;´ρ`) グッタリ
足が・・・足の裏が痛い Σヽ(゚Д゚; )ノ
「山と高原地図」やら山旅ロガーを確認すれば・・・
なんと19kmも歩いていた !  (;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)












実働11時間とか (;・∀・)ハッ?
調子にのってニワカ丸出しになってしまいました (;^ω^)
正直、引き返すチャンスはいくらでもあったのだ。
しかし鹿角を拾ったり、2100mを超える標高に惑わされてしまった。

まぁ無事で何より、さて今度は何処に行こうか!?
↑懲りないバカ

差し当たり9月30日は小出し夏休み最終日を取っていますが何か?
釣り行こ (`・ω・´)

2015年9月12日土曜日

ナンチャッテ登山(;^ω^)奥秩父ユルフワ踏破への道 大菩薩嶺


奥多摩のラスボス、雲取山は何とか踏破できた (`・ω・´)
往復で20km越は自分にはキツイってのが良く解ったわ。
さて、これからはどうしたもんか?
そうだなぁ・・・
奥多摩・丹波から長野県境までくらいか?
いわゆる奥秩父の山々に挑戦してたいもんだなぁ。
それも、いかにユルく楽に行ければ良いんだけどなぁ(・∀・)
最終目標は奥秩父の盟主 金峰山 あたりで!
ほかにも瑞垣や甲武信にも行ってみたいもんだ( ^ω^)

あっ、もちろん釣りもやりますが (; ・`д・´)

で、今日は手始めに大菩薩嶺に登ってみた。
上日川峠のパーキングから標高差400m、10km弱のユルフワ踏破だ (;^ω^)
家を4時発、無料第一駐車場に6時20分着、6時45分にスタートだ。










なるほど・・・。










登りだして20分ほどで福ちゃん荘?に到着?
皇太子殿下も来られたのかな?他にも訳ありだったかな??なるほど・・・










本日のルートはは最初に唐松尾根を登って、後は下るルートをチョイス。










登るにつれて薄暗くなって行く・・・
ってかこれ雲が流れてる中を登ってるのか!?












一時間程で雷岩へ到着、雲真っただ中( ´Д`)












何も見えんので、取り敢えず大菩薩嶺山頂へ。
約10分の道程。












あれは・・・( ; ゚Д゚)












山頂着きますた (・∀・) 結構地味。












10分ほど写真をとって雷岩に戻ると雲が切れていた!
残念ながら富士山は見えないけど(;´Д`)
それでもキモチイイ~~~












雲が切れると塩山の街もチラっと見えた。












富士山こそ見えないが、明るいカヤトの尾根が続く気持ちの良い道なのだ。
気温19度、風も冷たくてこれがまた気持ち良い (・∀・)












さて、遅くなりましたが本日の相棒であります。












この男、大物鯉釣師も今や立派なクライマーだ。
しかしまぁ、いい歳したオッサン共がユルフワでありますなぁ・・・ (;´Д`)












途中一人で妙見の頭へ登ってみる。
鯉釣師はこのピークを巻いた、早くも膝爆弾が疼きだした模様 ( ; ゚Д゚)












おっ!あれが介山荘かぁ?












なるほど!番組でやってたあれだ (・∀・)












そして大菩薩峠だ!!












さてここで鯉釣師の膝がいよいよヤバくなってきた。
残念だけど、彼にはここから上日川峠に下ってもらおう。
自分は一山超えて石丸峠から下山とする。

ここからは山の雰囲気がガラッと変わり、人も少なくなる ( ;´・ω・`)












ピークは熊沢山?












キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
ピークを越えた先には熊笹の草原が広がっていた (・∀・)
これを見たかったんだ!!












分岐?あれが石丸峠か!しっかし気持良い道だぁ(・∀・)
その先のピークにも登りたかったけど今日は勘弁してやるぜ (`・ω・´)

いや、勘弁してください (;・∀・)












間違いないね、石丸峠。
真っ直ぐ行けば小金沢山?
牛ノ寝通りって松姫峠まで続いてるあれかぁ (;・∀・)ハッ?












降りてきた山を振り返る、やっぱり気持ち良い道なのだ (・∀・)












小金沢山、標高2014m、また会おうぜ(`・ω・´)












さて、いよいよ下山。
鯉釣師は無事駐車場に着けたのかなぁ・・・
森の雰囲気がガラッとかわった、原生林の中をひたすら下る。
コメツガやシラビソの原生林、これもまた気持ち良い ("・∀・)












途中に沢とか (・∀・) 釣りしたいなぁ・・・
岩魚だな、この溪は。
ザブザブとって、今日はウェーディングシューズではなかった (;・∀・)












そして・・・到着~~~~
一回下ってまた昇らすな (-∀ー#)












12時30分着、6時間弱で10km弱の道程。
程よく疲れました ( ´Д`)=3 フゥ











大菩薩、近くて高くて気持ち良い ( ・∀・)イイ!
楽しませて頂きました。

さて次は奥多摩でアウトドアを志すものとして、一度は行かなければところに行こうと思う。雲取と同じくらい憧れていた山だ。

釣りにも行かなければ(;・∀・)
9月30日は小出し夏休みの最終日なのさ。
デカいのとは言わないが良い魚が採れるかな・・・甘いかな (´Д`)ハァ…